ナマクラ!Reviews

04/1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31./06

第17回ファンタジア大賞 佳作:マテリアルゴースト/葵せきな

マテリアルゴースト (207x290)
1.不本意な生還と能力覚醒
2.記憶喪失の浮遊霊
3.類は友呼ぶスクールライフ
4.甘くない同棲生活
5.両手に花。背中に幽霊。
6.VS 都市伝説
7.死ねない理由

answer.――― 64 点
このライトノベルがすごい!にもランクインしたヒット作『生徒会の一存』シリーズの著者・葵せきなのデビュー作が本作『マテリアルゴースト』。その概要は、自殺志願者の高校生・式見蛍が交通事故によって異能を得たことにより、記憶喪失の幽霊の少女ユウと出会い、……というもの。上記の代表作とはある種真逆のネガティヴな題材で、「」の連打よりも能弁で厭世気味な一人称の地の文が印象に残る。また、主人公の『幽霊を実体化させる』という異能設定は、シリアス&コミカルパートを必然と生む好設定。読み進めて拡がる作品の奥行きに、4コマライトノベル『生徒会の一存』から遡ってきたファンにはギャップに満ちた仕上がりになっていると云えるだろう。もっとも、そんなファンが楽しめる作品かどうかというと、そこは需要と供給の問題。主人公(♂)を取り囲むヒロインたち、いわゆる「ハーレム」な構図はこのデビュー作から盤石なれど、如何せん、シリアスなパート(……実は、バトルも有りマス!)が作品を占める。遡ってきたファンには、葵せきなに何を望むかで評価が分かれるだろう。作品単体としては、登場人物出揃った日常と設定に面白味を覚えるものの、総じて「粗い」印象。そんな意味で、『生徒会の一存』の作風は著者の長所(とりとめもない台詞のやり取り)をピックアップした作風に思えて、著者&編集の好判断に拍手を送りたくなりました。

第17回ファンタジア大賞 佳作:マテリアルゴースト/葵せきな

category: あ行の作家

tag: ファンタジア大賞佳作 OPEN 60点 葵せきな

[edit]

page top

このライトノベルがすごい!(2010年版) 5位:生徒会の一存 碧陽学園生徒会議事録1/葵せきな

生徒会の一存
1.駄弁る生徒会
2.怪談する生徒会
3.放送する生徒会
4.更生する生徒会
5.恋する生徒会
6.遊ぶ生徒会
6.振り返る生徒会
etc...

answer.――― 65 点

美少女の生徒会長の「」―――台詞提示から始まる連作短篇。著者自身「4コマ小説」として評しているように、PON!PON!PON!と地続く台詞の軽妙さが魅力の本作は、一読して分かるコストパフォーマンスの大変優秀な作品。一言で言うなら、著者、<適当>に書いている。他文庫の作品/アニメなどに触れてくるなど、ゴシップ的なアプローチで読者の関心を引く生徒会一同の会話に中身は無く、まさに<時間の無駄>が体現されているが、それこそが‘バブルの生き残り’の異名を誇るタレント・中山秀征的魅力の源泉―――読者が望む、作品への身近さに繋がる。本作は読者もまた物言わぬ肩書きの無い生徒会役員となり、その<時間の無駄>に参加している格好。そんな時間の無駄に積極的に付き合ってしまう作品としての工夫は、登場人物が全員「美少女」or「美女」ということ。ナンダカンダで、男一人のハーレム状態は華やかだ。如何せん、ストーリーがないために<小説>としての体裁は整っていないが、4コマだと思えば(……免罪符みたいな言葉だな)、ライトノベラーなら問題ないでしょう。

このライトノベルがすごい!(2010年版) 5位:生徒会の一存 碧陽学園生徒会議事録1/葵せきな

category: あ行の作家

tag: このライトノベルがすごい! 60点 OPEN 葵せきな

[edit]

page top