ナマクラ!Reviews

05/1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30./07

第9回日本ファンタジーノベル大賞 大賞:ベイスボイル・ブック/井村恭一

ベイスボイルブック
1.初めから終わりまで
2.終わりから火山へ

「少なくとも連敗が一度もなかったということは、改めてここに記す価値がある」

answer.――― 50 点

あとがき、解説……頁の後ろに付いてくるソレは概して余談に近く、時に作品への汚点、蛇足となることもしばしば起こる。作品と作家は本来、別個のものと扱われてしかるべきで、そこを混同してしまうと作品本来の姿が見えなってしまう。喩えるなら、素晴らしい絵本の書き手が児童性虐待者だったとしたら、読み手は本に描かれているものを素直に受け止められるだろうか?何気ない場面も、作家の歪んだ心象風景に映ってしまうこともあるのではないだろうか?作家は<見えない>に越したことはない。少なくともファンタジーにおいては。「賞としての曲がり角」と揶揄された第七回以降、初めての大賞作となった本作「ベイスボイル・ブック」。数頁とめくって察せられる物語無き物語の予感はやはり間違いではなく、野球とよく似た<ベイスボイル>を行う2チームの戦いをハードボイルドな観察眼で読み手は観戦することとなる。上述の通り、作家は<見えない>に越したことはないが、物語無き物語の場合、<解説>は付いてしかるべきだろう。何を評価されての大賞受賞なのか? 文章/文体がどうのこうのと言うならば、選考委員は責任を持って同業の者として、著者の何が<特異>なのかを伝えるべきだし、創作においての着眼点が素晴らしいのならば、その部分を過去の名作なりと比して、あるいは引用して読み手に訴えるべきだ。個人的に、本作は選考委員の琴線に触れただけの作品に思える。同じ大賞作の『イラハイ』のような分かり易い文章としてエンターテイメントもなく、インテリによる<解説>も無い状態では、ハリウッド(で撮ったアマチュア)映画にしか思えない。

第9回日本ファンタジーノベル大賞 大賞:ベイスボイル・ブック/井村恭一

category: あ行の作家

tag: 日本ファンタジーノベル大賞大賞 OPEN 50点 井村恭一

[edit]

page top