ナマクラ!Reviews

05/1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30./07

第4回電撃小説大賞 金賞:猫目狩り/橋本紡

猫目狩り
(上巻)
1.生と死 
2.CK
3.中国女狩り
4.過ぎ去りし夢
(下巻)
1.ハンプティ・ダンプティ 
2.愚者たちのダンス
etc...

answer.――― 56 点

『半分の月がのぼる空』にてブレイクを果たした橋本紡、本作はそのデビュー作。巷ではウィリアム・ギブソンの出世作『ニューロマンサー』のパクリと揶揄されているが、事の真相は同作未読の私には判断しかねる。さて、本作にはある種のナルシズムが漂う。I am Tsumugu Hashimoto,nice to meet you!と言おうか。バリバリの日本人の発音で自信満々に握手を求めてくる帰国子女と言おうか。そんな振り返ってみると、人生の汚点に数えたくなる青さが所々で見え隠れする。外国から外国へ舞台を移動させたり、ロリ風味のババアをジャンキーにさせたり、あまり見かけない羽目の外した方は面白く映るが、……どうだろう?現在、一般文芸の作家として活躍している橋本紡。その自身の作家人生がライトノベルから始まったことを黒歴史として封印しているように、やはり本作はいざ振り返ってみたとき、ヤッちゃった感があるのでは?合掌、な一作。上下巻、合わせてのレヴューです。

第4回電撃小説大賞 金賞:猫目狩り/橋本紡

category: は行の作家

tag: 電撃小説大賞金賞 OPEN 50点 橋本紡

[edit]

page top