ナマクラ!Reviews

04/1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31./06

第18回ファンタジア大賞 佳作:黄昏色の詠使い イヴは夜明けに微笑んで/細音啓

黄昏色
1.虹と夜の交叉 ――始まりの、そのさらに前―― 
2.赤と夜の練習歌
3.集まる者の交声曲
4.風が呼ぶ、枯れ草色の思い出を
5.始まりと約束のオペラ
6.誓者が歌う、世界よ黄昏に染まれ
7.君の望みの喜びを ――イヴは夜明けに微笑んで――
8.夜明け色の詠使い

answer.――― 72 点

特定(の色)の触媒と詩を用い、任意の物体や生物を呼び出す<名詠式>と呼ばれる召喚魔法が存在する世界を舞台にしたハイ・ファンタジーな本作。時代の潮流もあり、ファンタジー小説が芽吹くことが難しい現状において、<名詠式>なる魔法体系を全面に押し出すスタイルは読者にちょっとしたタイムスリップ、時代錯誤な感覚に陥らせてくれる。それでも、本作がレトロと揶揄されないのは作者のセンスの賜物。特定(の色)の触媒と詩を用い、……という<名詠式>それ自体はオーソドックスな魔法体系ながら、それ故の普遍性がある。これは新しい!と鼻息荒くなる要素こそないが、ファンタジーとして色褪せない、普遍性の高い設定をチョイス出来ているのが素晴らしい。本作を読んでいて想起されるのは『ハリー・ポッター』シリーズ。魔法学校に通う卵たち、という点もさることながら、「展開」に類似点を見る。それはストーリー的な意味ではなく、日常パートで魅せてからの難敵大暴走といった序破急の構成。本作が型として現代ファンタジーの「王道」を歩んでいることが分かる。簡易な文章は電撃文庫の『七姫物語』を思わせる。読みやすさを追求した部分があるのだろうが、ところどころイメージが湧かない状態になることもあり、その辺はもう少し挿し絵でカバーして欲しかったかな、と。本作の最大の見せ場は、時を超えた約束が続いているシーン。主人公がその約束(ストーリー)のために存在する「脇役」なのが実験的で面白い。作者はコントロール・フリークだね。本作はまた、このライトノベルがすごい!(2010年度)にも第6位にランクイン。ここ数年見掛けられなかった、往年の富士見ファンタジア文庫「らしい」良心的ファンタジー作品。

第18回ファンタジア大賞 佳作:黄昏色の詠使い イヴは夜明けに微笑んで/細音啓

category: さ行の作家

tag: ファンタジア大賞佳作 70点 OPEN 細音啓 このライトノベルがすごい!

[edit]

page top