ナマクラ!Reviews

03/1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30./05

第9回スニーカー大賞 奨励賞:憐 Ren 刻のナイフと空色のミライ/水口敬文

憐 Ren
1.知らない彼女
2.矛盾
3.彼女の事情
4.雨のち晴れ
5.未来にある過去
6.再会、そして……
7.玲と憐
etc...

answer.――― 66 点

肺炎で入院していた主人公が学校に戻ってきたとき、クラスには見知らぬ女子がいた―――ボーイ・ミーツ・ガールに並々ならぬこだわりを持って作られた作品、と書くと語弊があるかもしれないが、あとがきに「F✗✗k You!!」とばかりに数多のボーイ・ミーツ・ガール作品へ挑戦状を叩きつけているのは紛れもない事実だ。そう、本作を読む準備としてはあとがきから読むことを推奨したい。<あとがきから読む>という人は私の周りにも少なからずいるが、きっと著者もそうなのだろう。内容に触れない程度に、気づきにくい本作のセールスポイント<ボーイ・ミーツ・ガール>を推している。実際、その視点で読むとより楽しめる。物語自体の評価としてはラストシーンでの「説明」が画竜点睛を欠いてくれたが、それまでスムーズに楽しめた貯金のお陰で読後の印象は良いままだ。お薦めこそ強くしないが、著者のあとがきマイクアピールはかなり「買える」。本来なら蛇足になってしまうあとがきも、使い方次第では作品の一部になり得るという結果を、各作家陣は参考にして欲しい。以上。

第9回スニーカー大賞 奨励賞:憐 Ren 刻のナイフと空色のミライ/水口敬文

category: ま行の作家

tag: スニーカー大賞奨励賞 OPEN 60点 水口敬文

[edit]

page top