ナマクラ!Reviews

04/1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31./06

第15回電撃小説大賞 金賞:パララバ -Parallel lovers-/静月遠火

パララバ
1.プロローグ
2.その日 その時
3.その場所で
4.君に
5.であえなかった
6.ぼくらは
7.いつまでも
8.エピローグ

answer.――― 62 点

高畑‘第1回’京一郎への憧れをつづったあとがきからも分かるように、本作は名作『タイム・リープ あしたはきのう』とジャンルを共するSFミステリー。副題にある通り、パラレルワールドをモチーフにしている。あらすじとしては、事故死した恋人の通夜の晩、一本の電話が掛かってくる―――その相手は死んだはずの恋人、それだけで戸惑っているところに告げられたのは、「綾、死んだのはお前なんだ」というストーリー。この出だしに、おおっと!となる期待の鼓動は、頁が進む度に収まっていく。何が悪いのかと云えば諸々あるのだが、一番は何が謎なのか読者に分からないこと。もしくは、主人公たちが迫っていく謎に興味が湧かないことだ。プロローグの時点から、読者に何を期待させたいのかが著者自身、定まっていなかった感がある。安易に誉めたくないが、その点で憧れの高畑‘H2O’京一郎先生は巧みだ。あの手この手で好奇心をくすぐってくれる。「綾、死んだのはお前なんだ」、この台詞から読者が期待してしまったものは何か?章タイトルを繋げて、ひとつの文章にしている場合じゃないでしょうよ(ちなみに、プロローグとエピローグにはそれぞれ<あるいはおわり あるいははじまり>、<そしておわり あるいははじまり>という言葉が添えられている)。文章は整っていて読みやすい。期待し過ぎなければ、そこそこに楽しめる内容ではある。

第15回電撃小説大賞 金賞:パララバ -Parallel lovers-/静月遠火

category: さ行の作家

tag: 電撃小説大賞金賞 OPEN 60点 静月遠火

[edit]

page top