ナマクラ!Reviews

04/1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31./06

MF文庫:緋弾のアリア/赤松中学

緋弾のアリア
1.弾籠め
2.La bambina da I`ARIA
3.神崎・H・アリア
4.強襲科
5.前髪の下
6.オルメス
7.La bambina da I`ARIA...
8.エピローグ

answer.――― 55 点

現在、MF文庫アニメ枠を使用して絶賛放映中の本作『緋弾のアリア』。このレヴューで言い訳Maybeするのもなんだが、MF文庫に馴染みがなく、男一人に周り全部が女の子だから「……フツーかな?つまんねえけど」と主人公の置かれたハーレムな状況だけで60点と配点し、楽しんでしまった『IS<インフィニット・ストラトス>』―――本作と読む順番が逆だったら、配点も逆(55点⇔60点)だった。これが噂に名高いMF‘もきゅもきゅ'文庫―――なるほど、本当に皆、中身は同じなんだな!概要としては、主人公がモテてて、複数の女の子がいて、皆、学生だけどアサシンだったり、スパイだったりして、実は創作上の有名人たちの子孫で、結局、俺は火影になるってばよ!←関係ない。何を楽しめば良いのかといえば、やっぱり主人公がモテてることと、強い女の子が裸で「見るなー!」とか恥じらってることかな。うーん、そろそろ新しいパターンねえかな?主人公がチ♂コ出して「見るなー!」とか叫んでいる姿を録画しているヒロインの親友とか。いや、21世紀ならもう溢れてるかそんなパターン。楽しめました(このレヴューを書くのが)、もきゅもきゅfeat.平松可奈子(SKE48)。

MF文庫:緋弾のアリア/赤松中学  (2008)

category: あ行の作家

tag: OPEN 50点 赤松中学

[edit]

page top

第3回MF文庫Jライトノベル新人賞 優秀賞:アストロノト!/赤松中学

アストロノト!
(あらすじ)
魔法と科学が調和した不思議な世界。働き者で運動神経の良さだけが取り柄の少年ノトは、幼なじみにして魔法陣師の肩書きを持つ女の子、レンビアに好きいう気持ちをずっと言い出せない日々を送っていた。そんなある日、ノトはなぜか突然「月に行く」ことを決意する。

answer.――― 62 点

08年の「M-1グランプリ」にて放たれた、笑い飯・西田のあの名言を思い出して欲しい……おや、思い出せない?それならば、今やMF文庫Jのパチンコ台『緋弾のアリア』を読んだ上で、その著者である赤松中学のMF文庫Jでのデビュー作、この『アストロノト!』を読んで頂きたい。そうして、頁をぺらりぺらりとめくって内容を把握したら後は一言、さあ、息を吸い込んで―――「思ってたんと違ぁぁーうぅ!」。笑い飯・西田のあの名言、思い出して頂けましたでしょうか?『IS<インフィニット・ストラトス>』、『緋弾のアリア』とアニメ化作品を立て続けに読んだこともあって、(―――マジ、もきゅもきゅ!マジ、もきゅもきゅ文庫!)と元よりの偏見と相俟って辟易し、さかのぼって本作を読むのも億劫になっていたが、いやはや驚いた。表題から察せられる通り、魔法が蔓延るファンタジーな世界でごくごく平凡な少年ノトが突如、宇宙飛行士を目指す、という概要。すぐにパンツにブラジャー、あるいは、オッパイがぷるるん!するんだろうと思いきや、パンツはお披露目されるものの、「軽く」、それでいて、想定外に「丁寧に」主人公の日常を描いていき、―――「月に行かなくちゃ!」と主人公が吠える1章の〆め方は大胆不敵で、著者が単なるもきゅもきゅ作家ではないと見直す事態に。しかし、そこからの「場面」処理はマッハGoGoGoな拙速で、一巻でまとめ切れる話ではない、という巷の評通りなのだが、……何にせよ、あまりに脈絡のない「月に行かなくちゃ!」という主人公ノトの《意志》は謎に満ちていて面白い。何かを得ようと思えば、何かは得られる作品。

第3回MF文庫Jライトノベル新人賞 優秀賞:アストロノト!/赤松中学

category: あ行の作家

tag: MF文庫Jライトノベル新人賞優秀賞 OPEN 60点 赤松中学

[edit]

page top