ナマクラ!Reviews

05/1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30./07

徳間文庫:楽園まで/張間ミカ

楽園まで
(あらすじ)
雪が降り続ける世界。普通の人と目の色が異なるオッド・アイの少女ハルカと弟のユキジは、異能を持つために悪魔と呼ばれ、教会に追われていた。ハルカは心を失った双子の弟ユキジの手を引いて「楽園」を探す。旅の最中に出会った青年ウォーテンは二人が悪魔であることを知っても態度を変えなかった……一方、悪魔を狩る役目を担う「狩人」の青年ルギは、教会に疑問を抱き始めていた。ハルカとユキジは、「楽園」の在り処を知るが、「狩人」たちに追い詰められて……。

answer.――― 63 点

第5回トクマ・ノベルズEdge新人賞受賞作―――と耳にして、ピン!と耳を立てた貴方、人間のフリをしたウサギか、あるいは、余程のライトノベル好きと見た!などと早々に自己擁護のための布石を打つ私、Medeski。今回はaskさんより持ち込まれた企画から本作をレヴューすることに。とりあえず、浅く狭くの浅学な私はトクマ・ノベルズEdgeの存在に「えっ、そんな文庫あんの!?」と驚きました……なんて余談はここまでに、さっそくレヴューをば。あらすじの通り、双子の姉弟による<楽園>を目指す逃避行モノ。本作のセールスポイントに挙げられる仄かに薫る死や絶望的な雰囲気は、降り止まない雪という設定をアクセントに全編で機能。壊れた弟を連れ、<楽園>という言葉に縋り続ける少女の様が何とも哀しい。ただ、上記のように絶望の雰囲気が作中を通して機能しているのは良いが、ストーリーに起伏が乏しいのが最大の問題点。狩人側への視点切り替えなどがあっても、彼らに魅力が皆無のため、右から左への<横滑り>とも云える頁のめくり方をしてしまう。この手の問題の解決策としては、主人公に異端の「力」ではなく、音楽や絵画への「技能」、「才能」を持たせるべきだと思う。そうすることで、セールスポイントである<雰囲気>を損なうことなく、ストーリーに変化を与えられる筈だ。また、教会による支配、旅をする、異端者……という要素から、本作は電撃文庫の『キーリ』を想起させる。私は『キーリ』に対してやや厳しい見方をしてしまったが、それは読んだときの年齢に関係しているとも思う。まだ10代、ティーンズスピリットを持つ方には『キーリ』、そして、本作のか弱くも力強い逃避行は心に残るものになるかもしれない。とりあえず、世界観の演出に関しては二重丸の出来な作品。誰もいない、静かなところで読むことをお薦めします。

徳間文庫:楽園まで/張間ミカ (2009)

category: は行の作家

tag: トクマ・ノベルズEdge新人賞 OPEN 60点 張間ミカ

[edit]

page top