ナマクラ!Reviews

05/1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30./07

第3回本屋大賞 7位:告白/町田康

告白
翻訳家・岸本佐知子「不器用で空気が読めない熊太郎は世間の暗黙のルールに乗れず、最後に大犯罪者になってしまう。個人的に身につまされた」

詩人・小池昌代「大悪人の澄み渡った魂を言語論をからめてつづった傑作」

翻訳家・鴻巣友季子「日本語なのに異言語。言葉が元々『異物』であることを激烈な恥辱の感覚を通して描く傑作!」

仏文学者・中条省平「近代的自我の成立を言語の問題としてとらえた日本文学史上画期的な小説」

エッセイスト・平松洋子氏「あらためて日本語の価値自体をも突きつけてくる圧倒的な作品」

answer.――― 72 点

本作の著者・町田康率いるパンク・ロックバンドINU―――その1stアルバム『メシ喰うな!』は、Rolling Stone【日本版】の特集企画"100 Greatest Japanese Rock Albums of All Time"にも選ばれる名盤であり、町田康という狂犬(@布袋寅泰にボコられた負け犬)を端的に紹介するのにピッタリの一枚だ。なんて、素直に誉めるのが気恥ずかしいのでその辺のINU扱いしてしまったが、町田康はお世辞抜きで<天才>である。業界の慣例通りノミネートされ続けついに第123回芥川龍之介賞を受賞しているが、こと町田康に関しては賞設立当初の「純文学の新人に与えられる」という理念通り、処女作から受賞させても良かったと思う。上方落語で培った(らしい)独特の文体は唯一無二と言っていいと思うし、事実として彼の後を追い、追いついたフォロワーらしいフォロワーも未だ現れていない。このような状況からも判断出来る通り、町田康は間違いなく<天才>なのだ―――文章は。そう、彼の話作りの才能は、ポチやタロー、その辺の電柱に小便を垂れる犬コロと変わらない。凡中の凡、ボボンチュウ(凡庸)である。さて、そんな町田‘ボボンチュウ’康が河内音頭のスタンダード「河内十人斬り」を題材にしたのが本作。話作りの下手さは、―――実話でカバー!とばかりの意欲作だ。何故、10人も殺すことになったのか?それを己の天才的にリズミカルな文体を生かして描く―――ために、殺人犯となる主人公をド田舎に生まれた無教養の思弁的な人間としたのが本作最大のファンインプレー。これでだらだらとリズミカルに思考出来る。あとは、読み手は天才の所業を楽しむだけである……、以上。無理矢理付け加えるなら、本作は実話だけあってそこそこ物語性もある。だから、「詰まる/詰まらない」で判別するなら「詰まる」方だと思うが、天才だからって万能じゃねえし、コイツの天才っぷりは何作品にも渡って読むものでは無いよ、とはこの作家の作品を読んでいつも思うことだ。文才とは何か?に対してなら、しっかりと応えてくれる作家。でも、それ以上の作家ではない。

第3回本屋大賞 7位:告白/町田康

category: ま行の作家

tag: OPEN 70点 町田康 本屋大賞

[edit]

page top