ナマクラ!Reviews

05/1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30./07

第12回スニーカー大賞 優秀賞:黒猫の愛読書 I 隠された闇の系譜/藤本圭

黒猫
1.序章
2.邂逅
3.ヒースクリフ
4.闇に蠢くもの
5.暴かれた書架
6.心と心
7.饗宴
8.終章

answer.――― 61 点

きっと読んだ人それぞれが本作に対して、何かしらのアドバイスを与えたくなると思う「要」推敲指定の作品。“本の声”を聞く能力を持つメガネっ娘・紙村綴の前に、“本の探偵”を自称する青年・猫目コウが現れるボーイ・ミーツ・ガール作品……そんな王道ながらも、しかし、根暗から眼鏡を取り外すまでの物語!と約してみれば、青春の薫り漂い胸躍るのだが、結果として首を傾げてしまう出来となっているのは必要以上に<動く>からか。漫画『ジョジョの奇妙な冒険』の第四部、ハイウェイ・スターとの攻防を思わせるリアルに命賭けの逃走劇など、物静かな序盤から考えると闇の組織が関わってくる展開は「動」的過ぎてついていけなくなる。良質なジュブナイル小説を予感させる堅実な文章は良かったんだけどね。少女漫画で見掛ける妄想癖も一度ならともかく、二度、三度されると、ヒロインの魅力を下げてしまう。「本の探偵」、このフレーズの魅力に見合う箱庭的なストーリーが本作には必要だったんじゃないかな、……と。

第12回スニーカー大賞 優秀賞:黒猫の愛読書 I 隠された闇の系譜/藤本圭

category: は行の作家

tag: スニーカー大賞優秀賞 OPEN 60点 藤本圭

[edit]

page top