ナマクラ!Reviews

04/1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31./06

第21回ファンタジア大賞 大賞:神さまのいない日曜日/入江君人

神様のいない日曜日
神様は月曜に世界を作った。
神様は火曜に整頓と混沌を極めた。
神様は水曜に細々とした数値をいじくった。
神様は木曜に時間が流れるのを許した。
神様は金曜に世の隅々まで見た。
神様は土曜に休んだ。
そして神様は日曜に――

answer.――― 64 点

Boom[búːm]―――辞書に[急騰した]、[にわか景気]とあるように、ブームとは実体のないモノorコトに追随すること意味している。ライトノベル界隈で一時期ささやかれた<ゾンビ>ブーム、その噂を皆さんはご存じだろうか? 2008年から2011年に掛けて、各レーベル自前の公募賞に紛れ込むゾンビを扱う受賞作たち。『シロクロネクロ』『シュガーダーク』『これはゾンビですか?』、そして、本稿で紹介させて頂く第20回ファンタジア大賞大賞作『神様のいない日曜日』……出版年度は前後こそすれ、電撃、スニーカー、富士見の三大レーベルだけで「わぁ、ゾンビさんがこぉーんなに、たっくさん♪」である。しかし、このブーム、あまりに実態が無さ過ぎてライトノベルを愛して病んでいるピーターパンたちも乗るに乗れなかった。そもそもの話である。ゾンビで反応する人を私はシネフィルくらいしか知らない。……ブームを作りたいならもう少し考えようぜ? と。本作は神様がいなくなり、人が生まれず、死者は死ななくなった世界の物語。主人公は死者を眠らせられる“墓守”として、幼い頃より死者である村人たちに愛されながら、彼らのための墓を掘っていた。自分へ何かを秘されていることを分かりつつ、追求しない、気づかない子どものふりをし続ける主人公。途中まで電撃文庫の『ミミズクと夜の王』を思わせる主人公の白痴っぷりに期待感もあったが、盛り上がりどころを戦闘に置いてしまったのが残念。展開が凸凹しているため、……これ、プロットあんのか?と首を傾げたが、あとがきに「無茶苦茶なハッピーエンドが書きたかった」とあるので、それは実行出来ている作品。ゾンビブームを頭から切り離して選考させたら、編集部は果たして授賞させていたかしらん?

第21回ファンタジア大賞 大賞:神さまのいない日曜日/入江君人

category: あ行の作家

tag: ファンタジア大賞大賞 OPEN 60点 入江君人

[edit]

page top