ナマクラ!Reviews

04/1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31./06

第11回電撃小説大賞 選考委員奨励賞:シリアスレイジ/白川敏行

シリアスレイジ
1.プロローグ
2.舞台に上る者
3.変更される配役
4.脚本家の誤算
5.演出家の交代
6.黄昏に下りる幕
7.エピローグ

answer.――― 63 点

疫学史上最悪のウィルスが蔓延し、自然環境が一変した世界―――ワクチンの開発によって安定こそもたらせたものの、地球上の生物たちはおぞましい変態を遂げていた。なるほど、ハザード物ね、と考えていると、ストーリーはテロリスト討伐というマイナス査定なサプライズ。モンスター、完全に友情出演かいっ!?と選考委員たちからも指摘されている通り、作者がセールスポイントを間違えてしまった感が強い本作。頻発するかなりご都合主義な秘密道具の登場を含めても、展開に難が目立つ。ただ、要所で作者の地力も目立ち、主人公を巡る女性関係、緊迫感の演出などは評価しやすい。ラストの「モテ男は辛いぜ……!」なドンガラガッシャンはなかなか堂に入っていて好感。と挙げられるように、この作家は演出力が高いので<原作付き>にすることを編集者にはお薦めしたい。自作自演となると、この子はダメでしょう。自分を上手く使いこなせないタイプだね。

第11回電撃小説大賞 選考委員奨励賞:シリアスレイジ/白川敏行

category: さ行の作家

tag: 電撃小説大賞選考委員奨励賞 OPEN 60点 白川敏行

[edit]

page top