ナマクラ!Reviews

05/1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30./07

第5回MF文庫Jライトノベル新人賞 佳作:ラグナ・クラウン/三門鉄狼

ラグナ・クラウン
1.薔薇世紀0093
2.『セントラル』発進
3.そして戦いのとき
4.騎士の告白
5.薔薇の牙城

answer.――― 58 点

“薔薇の悪魔”と呼ばれる生物に、人類が大地を追われて一世紀弱。浮遊都市に逃れた人々は、“薔薇の悪魔”より学んだ超常の力“薔薇術”を操りながら、いまだ長き戦いを続けていた―――なんて設定の本作だが、今風に置き換えるなら、突如出現した“天敵”巨人に、人類が大地を追われて早一世紀。三重に築かれた「ウォール・マリア」「ウォール・ローゼ」「ウォール・シーナ」という巨大な城壁の内側に逃れた人々は、巨人に対抗すべく開発された“立体機動装置”を操りながら、いまだ長き戦いを続けていた。……となるように本作、漫画『進撃の巨人』と設定がなかなか見事にかぶる。そして、この“薔薇の悪魔”が宇宙人ということが解れば、つまり、巨人の正体は……!と適当なことを並べても良いが、時間の無駄なので―――本作を読むなら、素直に『進撃の巨人』を読もう!と。ただ、『進撃の巨人』は面白く感じて、何故に似た設定を持つ本作はそうでもないのか?なんてことは考察してみても良いかも知れない。城が動いたり、の要所でのダイナミックな演出は〇。

第5回MF文庫Jライトノベル新人賞 佳作:ラグナ・クラウン/三門鉄狼

category: ま行の作家

tag: MF文庫Jライトノベル新人賞佳作 OPEN 50点 三門鉄狼

[edit]

page top