ナマクラ!Reviews

05/1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30./07

第10回スーパーダッシュ小説新人賞 大賞:覇道鋼鉄テッカイオー/八針来夏

覇道鋼鉄テッカイオー
1.伝説の童貞
2.死の静寂
3.仇
4.墓前の同舟
5.仇敵との大空

answer.――― 63 点

えらいやっちゃ、えらいやっちゃ、ヨイヨイヨイヨイ!と読んでいると阿波踊りでも踊りたくなるような描写過多にため息誘われる読む阿呆な本作は、やはりもやはり、「思いっきり推敲してください」「設定の嵐!」「しかしクドイ!」「改稿が必要だろう」「コミックにして読みたいと思った」など、選考委員より押し並べて「読みにくい」とのお墨付きを頂いた第10回スーパーダッシュ小説新人賞《大賞》受賞作。そのストーリーラインは、童貞のみが使える武術「童子神功」のうぶな継承者カザンとDynamiteなhoney!な美少女ルゥランが海賊より一人の姫君アルフェミナを助けたことで、それが彼ら因縁の敵対者「暗黒武侠」との衝突に繋がる、……というもの。上述の通り、読みにくい!文字数、半分にしろ!に尽きるのだが、それでも何故に《大賞》と文庫の顔に抜擢されたのかと云えば、意外なまでに作品としての骨組みは出来上がっているため。作中、童貞!童貞!と連呼され、巨大戦艦、ロボットがBAROOM!と出てくる確実にイロモノながらにシリアスがまかり通るのは、戦闘とともに適宜、カザン&ルゥランの過去背景を描いていく点にある。読み手は声にこそ出さないが、求めているのはキャラクターの《過去》であり、それを踏まえた上での現在(の物語)で、この点を著者は抜け目なく満たしているのが素晴らしい。隠し味的なアレンジは、本作がカザンではなく、事実上、ルゥラン―――ヒロインの物語である造りだろう。ここに、読みにくいのに妙に「読める」理由がある。……なんてそれらしく書いたが、結局、本作のメインディッシュは10頁に及ぶ唾液滴るディープキス、巨乳ヒロインに襲われる童貞の図(挿し絵有り)に間違いない。豊富な語彙を駆使して、押し引き巧みにR-15指定の描写を完遂。立ち読みをするなら、この部分でまず著者の力量を推し量ってみよう。個人的に、著者にはエロが映える設定で出直して欲しいところ。巨乳が扱えるライトノベル作家は貴重よ?

第10回スーパーダッシュ小説新人賞 大賞:覇道鋼鉄テッカイオー/八針来夏

category: は行の作家

tag: スーパーダッシュ小説新人賞大賞 OPEN 60点 八針来夏

[edit]

page top