ナマクラ!Reviews

05/1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30./07

第8回MF文庫Jライトノベル新人賞 最優秀賞:白銀の救世機/天埜冬景

白銀の救世機 (213x290)
(あらすじ)
突如として現れた謎の生命体・XENOに支配された世界。人類は感情を失った生物ゼノイドへと進化を遂げ、生き残っていた。落ちこぼれの少年、アルツはゼノイドとして生き残るための選別試験の途中、コールドスリープしていた旧人類のナユキと救世兵器『ゼストマーグ』と出会い、自分と世界を変える戦いに巻き込まれていく……。

answer.――― 60 点

表紙のボンデージ・ファッションで思わず及び腰になってしまう本作は、ゼノ・トランサーなるロボットを駆る絆で戦うHeavy Metal……間違えた、Heavy Battle Action!とりあえず、結論から言ってしまえば、「ロボットもの」としては過去の数多の作品と同じように設定説明が足を引っ張り、または描写が足りず、……の著者の筆力不足が露呈する作品で、エンターテイメント的にはやや及第点を下回る。にもかかわらず、本作へ《最優秀賞》を授けられているのは中盤に挿されるエロヴェントの秀逸さからだろう。本作の登場人物の多くは「感情が消えた」人類であり、故に羞恥心が無い。そして、コールドスリープから目覚めたメインヒロインのみ「感情」、羞恥心がある。―――如何に合法的にエロを披露出来るか。それが目下、ライトノベル作家(志望含む)たちのミッションであり、表立った腕の見せ所だ。そして、そんな課された《お約束》の場面で著者はメインヒロインに恥を掻かせる選択肢を与え、自らそれを選ばせるのが素晴らしい。また、次ぐ場面では、主人公に“合法”的にブラジャーを装着させる“離れ業”を披露。無骨な主人公の姿には「ブ、ブ・ラジャー!」と名優アーノルド・シュワルツェネッガーの姿が重なることだろう。イラストあるところにエロがある、―――MF文庫Jの真髄的一作。

第8回MF文庫Jライトノベル新人賞 最優秀賞:白銀の救世機/天埜冬景

category: あ行の作家

tag: MF文庫Jライトノベル新人賞最優秀賞 OPEN 60点 天埜冬景

[edit]

page top