ナマクラ!Reviews

03/1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30./05

第8回スーパーダッシュ小説新人賞 佳作:アンシーズ - 刀侠戦姫血風録/宮沢周

アンシ―ズ (201x290)
1.抜刀
2.七七七
3.岐路
4.アンシー
5.終局

answer.――― 61 点
とりあえず、本作の核となる設定に関する台詞を抜粋してみようと思う―――「カタナとは、己の男としての力の象徴」「すなわち、抜刀とは、己の男をカタナに変えて具現化させることである」「したがって、男が抜かれた状態の体は……」「女になっちまうんだよ!」―――と。さて、私がこの設定を理解したときの顔と言えば、(´◉◞౪◟◉)である。いわゆる「男の娘」を楽しみ、愛でる(?)活劇ライトノベルと解釈させて頂いたが、果たしてソレで正しいのかは定かではない。本作の刊行からシリーズとして全3巻の着地点が示すのは、やはり、需給の問題だろう。現在ならば『バカとテストと召喚獣』の木下秀吉、『僕は友達が少ない』の楠幸村のように、脇役にその地位をサブマリン投法のように確立している例もあるが、後者では結局、実は本物の女の子でした!という設定解体が起こったように、「男の娘」は扱いが難しい。まして、ライトノベラーが憑依する主人公となると……という話。「男の娘」を主人公に採用し、《結果》を出した金字塔作品は未だ「無い」と云える。その意味で、隙間を突こうとした著者の野心には拍手を送りたいところだが、同時に、他人の作品だったとき、自分で金を出してまで買おうと思えるのか?という根本的な問いも投げたくなる。

第8回スーパーダッシュ小説新人賞 佳作:アンシーズ - 刀侠戦姫血風録/宮沢周

category: ま行の作家

tag: スーパーダッシュ小説新人賞優秀賞(佳作) OPEN 60点 宮沢周

[edit]

page top