ナマクラ!Reviews

03/1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30./05

第9回小説すばる新人賞 受賞作:陋巷の狗/森村南

陋巷の狗 (203x290)
(あらすじ)
幕末の京洛を、血に染め上げたアウトローたち。阿刀田高、五木寛之、井上ひさし、田辺聖子の選考委員が一致して評価した、弱冠20歳の、この熱気、このパワー!「人斬り以蔵」の異名で恐れられた土佐浪人・岡田以蔵!坂本竜馬の用人棒・朱楽万次!アウトローたちの凄絶な戦いを、ジャンプ世代の感覚で描ききった強烈弾!!

answer.――― 35 点
第9回小説すばる新人賞の受賞作。岡田以蔵、そして、坂本龍馬のボディーガードとしてオリジナルキャラクターの朱楽萬次をメインキャストに、脇に新選組の面々を採用した幕末モノ。本作の受賞時期を考えれば漫画『るろうに剣心』がちょうど脂が乗ってきた頃と合致するので、そこへ大衆小説らしからぬ装丁、そして、「ジャンプ世代の感覚で描き切った強烈弾」なる文句を合わせれば、普段小説を読まないだろう若年層の取り込みを画策したのが明け透けに分かる。それは大変意欲的で結構なのだが、肝心の中身が何を書いているのか―――何を描きたいのか分からないので、脱力。主人公は誰なんだよ?誰の物語? 以蔵だけで良かったんじゃないの、これ?と鼻白んでしまうこと必至の、著者の力量不足が単純に目立つ作品。

第9回小説すばる新人賞 受賞作:陋巷の狗/森村南

category: ま行の作家

tag: OPEN 30点 森村南 小説すばる新人賞

[edit]

page top