ナマクラ!Reviews

05/1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30./07

第4回MF文庫Jライトノベル新人賞 優秀賞:ベネズエラ・ビター・マイ・スウィート/森田季節

ベネズエラビター
1.狙いはいつもそう、私ばかり
2.千回死んでめぐりあうチャンスもあるの
3.お前が十を奪うなら私は百の命をもって
4.何度でも殺したらいい 何度でも甦るから

answer.――― 63 点

殺されるためだけに存在する「イケニエビト」の少女、人の記憶を食らう「タマシイビト」からの逃避行!という概要の本作は、GA文庫、星海社FICTIONS、ファミ通文庫……と各レーベルを股に掛け、寿司チェーン店「すしざんまい」のポーズで“京都大学”卒業をアピールしてそうな“豊穣”森田季節のデビュー作。とりあえず、「神様、人はケーキの飢えをじゃがいもで満たせるでしょうか」というフレーズから察せられるように、ユニセックスな文章が目に留まるが、これを《文才》と推すにはややと云わず不安定で、そんな文章で心内を綴るキャラクターへの拒否感から読み手の読書を妨げている悪循環は明確な改善点だろう。作中、時間軸が「飛ぶ」のも、ソレと理解していても不安定な文体では集中力を強いられて不快感を伴う。それでも、各章で「転」を心掛けているのは殊勝で、この手のストーリーで《お約束》的「喪失」で幕を開ける4章は作品として整えてきた印象。ただ、将来性は買えるが、それ以上でもないデビュー作らしいデビュー作。後続作品でファンになったなら、……買い、かな?「作品を買う」というよりも、「作家を買う」類の作品だ。時に表紙でヒロインがギターを構えているように本作、作中で「歌詞」が披露される。これは本作にかぎったことではないのだが、小説で俺(私)の歌詞を載せよう!なんて素晴らしいアイディアが閃いてしまった際、 「鏡」として花村萬月のデビュー作『ゴッド・ブレイス物語』を薦めたい。「花村満月、鼻毛が出てるわw」と思ったら、君も鼻毛が出ているので注意が必要だ。

第4回MF文庫Jライトノベル新人賞 優秀賞:ベネズエラ・ビター・マイ・スウィート/森田季節

category: ま行の作家

tag: MF文庫Jライトノベル新人賞優秀賞 OPEN 60点 森田季節

[edit]

page top