ナマクラ!Reviews

05/1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30./07

第20回メフィスト賞 受賞作:月長石の魔犬/秋月涼介

月長石の魔犬
(あらすじ)
右眼に藍玉のような淡い水色、左眼に紫水晶のような濃い紫色の瞳をもつ石細工屋店主・風桜青紫と、彼を慕う女子大生・鴇冬静流。先生に殺されたいと願う17歳の霧嶋悠璃。境界線を彷徨う人々と、頭部を切断され犬の首を縫い付けられた屍体。異常と正常。欲望と退屈。絶望と救い。

answer.――― 59 点
奈須きのこ、というと未だ世に影響力が残っているのかは定かではないが、「蒼天已死 黄天當立 歳在甲子 天下大吉」なる黄巾の乱の首謀者・張角よろしくビジュアルノベル『月姫』、そして、その原典『空の境界』によって頭の弱いピーターパンたちにナイフを持たせる理由を与えてしまったのは、―――もはや「神」!とばかりに祀り上げられていた00年代前半当時を振り返ってみてもやはり罪深い。ちなみに、そんなピーターパンたちはきっとバタフライナイフが流行ったときも手を出したかったに違いないが、木村拓哉と彼に影響されてソレを所持するいざ面と向かえば頭は下げるくせに心のなかでは社会のクズどもと見下しているヤンキー/チーマーたちへの拒否感から、あのナイフはデザインが……(笑)とか判で押したように言っていたので、俺はそんな光景を目にする度に(……人間、そんな種類はねえんだな)とエニアグラム性格論の証明、その一端を見ていた。さて、ナイフを買いに奔らせただけではないのが、奈須きのこが駆け上がっていった階段の高さである。奈須に続けとばかりに、フォロワーにかこつけた中二病罹患者たちが己のうちで鎖を巻いて封印していた狂気(大笑)を解き放ち、登場人物たちを多重人格に、あるいは精神疾患に、虐待、惨殺、強姦、堕胎などの暗い経歴をバーゲンセールのように付けていった。そうして、俺ハ狂ッテイル!とポエミーな文章で訴え、股の付け根をニョキニョキこじらせて……前振りが長くなったが、本作は「その手」の作品、と。いや、本当に「その手」の作品かどうかは実際に手に取ってみて自分で決めて頂きたいが、とりあえず多くの人にとって本作は食傷に当たって早々にげんなりとするだろう。ただ、何でげんなりするのか?は「……食傷!」と一言で切って捨てないで考えてみても良いと思うけどね。

第20回メフィスト賞 受賞作:月長石の魔犬/秋月涼介

category: メフィスト賞

tag: OPEN 50点 秋月涼介

[edit]

page top