ナマクラ!Reviews

04/1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31./06

第4回酒飲み書店員大賞 受賞作:ファイティング寿限無/立川談四楼

ファイティング寿限無 (201x290)
(あらすじ)
落語家が突然にボクシングを始めた。きっかけはケンカ。オレにはファイターの素質があったのか!?師匠の言葉「売れるためには、まず有名になること」を信じて、一人前の芸人になるためにチャンピオンを目指す日々。落語の楽しさと、スポーツの爽快さにあふれた青春小説の傑作。

answer.――― 80 点
売れない落語家が落語で生きていくために「ボクシング」を始めるというストーリーライン。ボクシングを題材にした小説というと、パッと思いついたところで、吉村昭の『鉄橋』と百田尚樹の『ボックス!』が浮かんだが、前者は轢死したボクサーの謎に多視点から迫る文学(的)作品なので、比較するなら《真っ当に》ボクシングを描いた後者だろう。そう、要所でボクシングの試合自体は相応に描いていているものの、本作がボクシングらしいボクシング小説かというと、やはり違うだろう。本作のエンターテイメントの核は主人公の師匠の言「落語家として売れるためにはまず有名になれ」。これを愚直に実践して、あくまで落語家として成り上がっていく主人公の様を楽しむ作品だ。ボクシングを最優先にしない態度、戦った相手へのリスペクトと一種の生き様を見せつけられるわけだが、そんな展開のなかでの「ぃよっ、職人芸!」と唸らせられたアレンジは、成り上がり話では定番の、調子に乗って―――な場面の不採用。これは、天賦発揮して昇り詰めていくボクサーの自分は仮初めであり、落語家として大成したい自分を自覚している主人公故に、当然と言えば当然の演出選択なのだが、案外と見落としてしまうもの。コンセプトの徹底は、それだけで価値がある。一本筋の通った、変則的なボクシング小説。師匠との別れも感動的でした。典型的な隠れた(?)良作でしょう。

第4回酒飲み書店員大賞 受賞作:ファイティング寿限無/立川談四楼

category: た行の作家

tag: OPEN 80点 立川談四楼 酒飲み書店員大賞

[edit]

page top

第3回酒飲み書店員大賞 受賞作:東南アジア四次元日記/宮田珠己

東南アジア四次元日記 (198x290)
(あらすじ)
会社を辞め、東南アジアへ旅に出た。遊園地にしか見えない教団施設、仏像の迷路、バナナを頭にのせた虎の像など、奇奇怪怪なものが続々登場。しかもその道程は、オンボロバスに乗せられたり、オカマの祭りで股間に危機が訪れたりと、ハイパーデンジャラス!

answer.――― 60 点
旅行エッセイストの著者による「そうだ、東南アジアに行こう!」という脱サラ後の過程を描いた旅行エッセイ。やや滑り気味の書き口がなかなか厳しかったものの、何と言うか、流石はExotic Asia!といった各国の文化の豆知識の紹介には実際、目が点になった。ベトナムにも盆栽の文化はあるようだが、《ベトナムの盆栽はさらに、その岩に五重の塔ふうパゴダや仙人仙女の人形などを配し、全体を箱庭のようにしてしまう》なんてのはその典型。トラブルに巻き込まれ気味な著者の性分と未知の分野を知れるという意味で、読み捨てる分には「可」なエッセイ。

第3回酒飲み書店員大賞 受賞作:東南アジア四次元日記/宮田珠己

category: ま行の作家

tag: OPEN 50点 宮田珠己 酒飲み書店員大賞

[edit]

page top

第1回酒飲み書店員大賞 受賞作:ワセダ三畳青春記/高野秀行

ワセダ三畳青春記
(あらすじ)
家賃12000円。早稲田の超ボロアパート野々村荘はケッタイな住人だらけ。三畳一間の私の部屋は探検部のタマリ場となり……。限りなく「おバカ」な青春を描いた書き下ろし傑作。

answer.――― 70 点
本作は、栄えある第1回酒飲み書店員大賞受賞作。著者は「誰も行かないところへ行き、誰もやらないことをやり、それを面白おかしく書く」をモットーとしている高野秀行―――さて、どこかで聞いたことあるような?と思った貴方、そうです、著者は松本人志がMCを務める紀行バラエティ番組『クレイジージャニー』に複数回出演している、あの“クレイジー”な旅人です。そんなわけで、本作の概要は、ワセダのぼろアパート野々村荘を舞台に、すでに“クレイジー”な兆候を見せている著者と大家、そして、ズレた住人たちの半自伝的青春狂想譚。エッセイらしくアタリハズレは多いものの、実体験だと思うと“ここではない、どこかへ”感溢れるファンタジーに読め、趣きも出る。「守銭奴も名探偵」「第一次野々村大戦」「だから結婚式はいやなんだ!」あたりが個人的に《当たり》なエピソード。特に「だから結婚式はいやなんだ!」は著者のパーソナルも光るイチオシの一編に挙げたい。正味な話、『クレイジージャニー』(の映像&トーク)ほどには楽しめなかったが、(……こんな人いるんだ)的楽しみ方は十分出来ました。

第1回酒飲み書店員大賞 受賞作:ワセダ三畳青春記/高野秀行

category: た行の作家

tag: OPEN 70点 高野秀行 酒飲み書店員大賞

[edit]

page top

わ行&数字の作家一覧

 わ行&数字    

和ヶ原聡司
渡瀬草一郎
渡辺球
渡辺優
渡辺由佳里
和田賢一
和田竜
渡航

category: わ行&数字の作家

tag: OPEN 作家一覧

[edit]

page top

や行の作家一覧

 や行    

安井健太郎
安田依央
柳広司
八薙玉造
柳実冬貴
柳田狐狗狸
矢野隆
矢作俊彦
山形石雄
山口泉
山口幸三郎
山門敬弘
山田宗樹
山田太一
山之口洋
山原ユキ
山本修一
山本幸久
弥生翔太
梁石日
結城充考
遊歩新夢
行田尚希
行成薫
雪野静
柚木麻子
弓弦イズル
横山忠
横山秀夫
吉田修一
吉田直
吉富有
吉村夜
よしもとばなな
米澤穂信
米村圭伍

category: や行の作家

tag: 作家一覧 OPEN

[edit]

page top

は行の作家一覧

 は行    

橋本和也
橋本紡
橋本長道
ハセガワケイスケ
長谷川潤二
支倉凍砂
長谷敏司
長谷川昌史
畠中恵
畑野智美
八針来夏
葉月堅
葉月双
初美陽一
鳩島すた
花村萬月
羽根川牧人
帚木蓬生
浜崎達也
葉巡明治
原岳人
原田マハ
張間ミカ
坂照鉄平
東川篤哉
東野圭吾
東山彰良
氷川透
菱田愛日
ひびき遊
日野俊太郎
日昌晶
百田尚樹
平坂読
平山瑞穂
広沢サカキ
弘也英明
深緑野分
福井晴敏
福田政雄
藤谷治
藤田雅矢
籘真千歳
藤まる
伏見つかさ
藤水名子
藤本圭
冨士本由紀
船戸与一
古川日出男
古処誠二
古橋秀之
星野亮
窪美澄
穂邑正裕
堀川アサコ
誉田哲也
本田誠

category: は行の作家

tag: OPEN 作家一覧

[edit]

page top

さ行の作家一覧

 さ行    

雑賀礼史
西條奈加
斉藤直子
佐浦文香
冴木忍
三枝零一
冴崎伸
早乙女朋子
坂入慎一
榊一郎
酒見賢一
坂本和也
桜井光
桜井美奈
桜坂洋
桜庭一樹
佐々木譲
細音啓
佐々之青々
佐藤亜紀
佐藤ケイ
佐藤賢一
佐藤茂
佐藤多佳子
佐藤哲也
里見蘭
狭山京輔
更伊俊介
沢村凛
椎田十三
椎葉周
時雨沢恵一
重松清
梓崎優
静月遠火
雫井脩介
紫野貴李
しなな泰之
篠田節子
志瑞祐
柴村仁
嶋本達嗣
島本理生
志村一矢
下村智恵理
十文字青
殊能将之
白石一文
白石かおる
白井信隆
白川敏行
白鳥士郎
白星敦士
真藤順丈
新堂冬樹
新保静波
真保裕一
周防柳
杉井光
鈴木光司
鈴木鈴
鈴木大輔
涼元悠一
須藤靖貴
住野よる
清野静
清涼院流水
関口和敏
関口尚
関俊介
瀬那和章
蝉川タカマル
蘇部健一

category: さ行の作家

tag: OPEN 作家一覧

[edit]

page top

あ行の作家一覧

 あ行    

逢空万太
葵せきな
青葉優一
青田八葉
蒼山サグ
暁なつめ
赤月黎
茜屋まつり
赤松中学
亜紀坂圭春
秋田禎信
秋月煌
秋月涼介
秋穂有輝
秋山鉄
秋山瑞人
日日日
浅井ラボ
朝井リョウ
アサウラ
朝倉勲
浅暮三文
朝田雅康
あさのあつこ
あざの耕平
足尾毛布
飛鳥井千砂
東佐紀
東亮太
阿智太郎
雨木シュウスケ
天酒之瓢
天埜冬景
天野純希
尼野ゆたか
雨宮諒
綾崎隼
新井円侍
有川浩
有沢まみず
淡路帆希
庵田定夏
飯嶋和一
五十嵐雄策
池上永一
池永陽
伊坂幸太郎
石崎幸二
石田衣良
和泉ひろみ
石野晶
石原宙
市川拓司
一乃勢まや
壱月龍一
一色銀河
いとうせいこう
絲山秋子
稲見一良
乾くるみ
犬村小六
井上堅二
井上悠宇
井村恭一
入江君人
入間人間
岩井志麻子
岩井恭平
岩城けい
岩佐まもる
いわなぎ一葉
岩本隆雄
うえお久光
上野歩
宇佐美游
内堀優一
宇月原晴明
兎月山羊
兎月竜之介
宇野朴人
冲方丁
浦賀和宏
虚淵玄
江國香織
榎木津無代
遠藤浅蜊
大澤誠
大島真寿美
大森藤ノ
岡崎弘明
岡崎裕信
おかゆまさき
小川博史
小河正岳
小川洋子
沖田雅
荻原規子
荻原浩
奥泉光
奥田英朗
小田雅久仁
乙一
乙川優三郎
乙野四方字
小野不由美
小山歩
恩田陸

category: あ行の作家

tag: OPEN 作家一覧

[edit]

page top

第13回ファンタジア大賞 努力賞:Varofess I -ヴァロフェス-/和田賢一

ヴァロフェス (207x290)
(あらすじ)
彼は、誰のことも愛さない。彼を、誰も愛しはしない。真黒き忌み鳥、鴉の顔を持って、彼は生まれた。黒衣のヴァロフェス。一国の王子でありながら、その呪われた姿のためにヴァロフェスは母と祖国と、彼が心を許したただひとりの少女を失った。悲劇のすべては、絶望の始まりは、魔術師マクバの陰謀。そして、ヴァロフェスには、―――復讐が残された。

answer.――― 62 点
“復讐”という単純明快な目的を持つ主人公ヴァロフェスの物語。まず目に入るアレンジはその造形で、鴉の顔を持つ、という醜いアヒルの子ならぬ醜いアンチヒーローな出で立ち。当然、孤独であり、その横にいるのはお喋りな木偶人形オルタンのみ。しかし、“復讐”のキッカケとなった愛する女性と似た少女と出会い、……と、ここまで書けば、後はお分りでしょう。「先」が読めることの是非(& more!)はこの「Varofess」シリーズが二巻で打ち切りになった事実で察せられるとして、しかし、作中で拾ってあげたいところはヴァロフェスの仇敵マクバの存在感。漫画『ベルセルク』のゴッドハンドを想起させる遠謀深慮の怪物的人物で、己、そして、終盤に明かされる、崇め奉る「王子」ヴァロフェスでさえ矮小な存在であると嘯く場面は圧倒されること必至。作中世界の構築は上等の部類に入るだろう。エピローグも決して晴らさず、仄暗いままのto be continuedな形に仕上げていて好感を抱いた。……売れる!とは間違っても思えないが、まさしく努力賞を与えたくなる一作。繰り返すけど、マクバ、良い(゚∀゚)bグッジョブ!

第13回ファンタジア大賞 努力賞:Varofess I -ヴァロフェス-/和田賢一

category: わ行&数字の作家

tag: OPEN 60点 和田賢一 ファンタジア大賞努力賞

[edit]

page top

第16回ファンタジア大賞 準入選:トウヤのホムラ/小泉八束

トウヤノホムラ (206x290)
序章
第一章 炎をはじまり
第二章 FIRST MISSION
第三章 反目
第四章 水面は揺れる
第五章 トウヤのモムラ
終章

answer.――― 65 点
船津東哉は“神”である。―――というあらすじのリード文から察せられる内容の通りの伝奇アクション。物語は、社に10年監禁されていた主人公・船津東哉が従妹より解放され、報復の誓いを内に刻みながら、目の前の危機へ備えるストーリーライン。一読して、語彙豊富、ライトノベルの“華”である戦闘描写も達者な筆力が魅力的。ファンタジア大賞は時流への対応がイマサンながら、この時期の受賞作は総じて筆力が高い印象がある。本作もその印象を証明してくれるように、(著者が)描きたいことを描ける筆が確認出来た。しかし1ブロックそのままの《説明》も散見され、著者(&作品)にとって必要でも……という贅肉は明確なマイナス項目。読ませられる自信があったのだろうが、目新しさのない《説明》は次の頁をめくる意欲を削ぐ。著者に必要だったのは、エンターテイメントへの謙虚さだろう。06~07年というと、奈須きのこ&moreの影響を受けた新伝綺な作風が蔓延し、本作のような凄惨な描写もない、真っ当過ぎる作品はもはや論外に追いやられていたと思う。己の断筆を賭けて《面白さ》を突き詰めれば、このような仕上がりにならなかったはずだ。それでも、作品としての仕上がりは「買える」ところ。次作があるなら断筆を賭けた、渾身のエンターテイメント作品を創ってくださいな。

第16回ファンタジア大賞 準入選:トウヤのホムラ/小泉八束

category: か行の作家

tag: ファンタジア大賞準入選(金賞) OPEN 60点 小泉八束

[edit]

page top