ナマクラ!Reviews

03/1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30./05

ま行の作家一覧

 ま行    

舞城王太郎
前川麻子
万城目学
真代屋秀晃
又吉直樹
松樹剛史
町田康
松下寿治
松時ノ介
松村涼哉
松山剛
まみやかつき
丸戸史明
円山夢久
三浦しをん
水鏡希人
三門鉄狼
三上延
三河ごーすと
三國青葉
三雲岳斗
三崎亜記
水口敬文
水沢夢
水野良
水森サトリ
道尾秀介
美奈川護
水瀬葉月
湊かなえ
峰守ひろかず
宮沢周
宮下奈都
宮部みゆき
三羽省吾
海羽超史郎
六塚光
村上春樹
むらさきゆきや
村山由佳
森絵都
森青花
森田季節
森田陽一
森月朝文
森橋ビンゴ
森博嗣
森見登美彦
森村南
諸星悠

category: ま行の作家

tag: OPEN 作家一覧

[edit]

page top

第13回本屋大賞 10位:火花/又吉直樹

火花 (203x290)
(あらすじ)
お笑い芸人二人。奇想の天才である一方で人間味溢れる神谷、彼を師と慕う後輩徳永。笑いの真髄について議論しながら、それぞれの道を歩んでいる。神谷は徳永に「俺の伝記を書け」と命令した。彼らの人生はどう変転していくのか。

answer.――― 75 点
賛否両論の評判からどんなKAGEROUなのかと思いきや、意外や意外、何とも「まとも」な作品に仕上がっている本作『火花』は、お笑いコンビ「ピース」の先生こと又吉のデビュー作であり、純文学における大天下の芥川龍之介賞をベストセラーの勢いそのまま受賞した話題作。その概要は、売れない芸人が売れない先輩芸人と出会い、その壊れたセンスに惹かれる、というもの。友人に純文学の書き方を訊いたとき、人に読ませようと思って書かないこと、という答えが返ってきて半ば感心したことがあったが、その大前提の上で「読ませる」工夫が出来ていると、その他大勢から抜け出せるのだろう―――とは手前味噌なレヴュー、『恋人といっしょになるでしょう』稿からの引用だが、その観点からすれば、本作は「読ませる」工夫がしっかり施されている。たとえば、それは著者の実体験を想起させる「お笑い芸人」を題材にしていることだったり、芸それ自体には関係のない色恋の要素、そして、何より「結」で提示される先輩芸人の壊れた「笑い」で確認出来る。純文学は《人間》を描くジャンルであり、そこで求められるのは《面白い》というより《興味深い》ことだ。本作では、お笑い芸人という特殊な職業(とそこへ就いた者たちの感性)に焦点を当てつつ、エンターテイメントとして先輩芸人の「壊れ」具合を披露しているのが素晴らしい。飛び抜けた技巧や無二のセンスこそ無いが、本作を純文学へ該当させるだけの《仕事》は為されている。目くじらを立てることはないのではないでそうか。というか、良作じゃん?これが駄目なら今の純文学、ほとんど駄目だろ。個人的には、先輩芸人の恋人が実話っぽくて興味深かったです。

第13回本屋大賞 10位:火花/又吉直樹

category: ま行の作家

tag: OPEN 70点 又吉直樹 本屋大賞

[edit]

page top

第29回山本周五郎賞 受賞作:ユートピア/湊かなえ

ユートピア (201x290)
(あらすじ)
地方の商店街に古くから続く仏具店の嫁・菜々子と、夫の転勤により社宅住まいをしている妻・光稀。そして移住してきた陶芸家・すみれ。美しい海辺の町で、三人の女性が出会う。自分の居場所を求めて、それぞれの理想郷を探すが……。

answer.――― 76 点
「美しい海辺の町」という何の変哲もない地方都市を題材にした本作は、視点を切り替えて複数の真実をあぶり出し、やがて事件の全貌を明かしていく“安心”の湊かなえ印の手法で描かれた作品。デビュー作の『告白』で提示してきたように、湊かなえは《善》であることを許さない。登場人物を徹底的に悪役に仕立て、その人生を嘆かせ、後悔させる―――そこに読み手は暗い安息を得るわけだが、Hateな輩がやはり揃う本作でもっとも口角上げさせてくれたのは、アートな志を持って町へ移住してきた陶芸家すみれ。これぞ凡才!という思考&行動を立ち去るその時まで披露してくれる。湊かなえの凄味はロールモデルが豊富なことだろう。ただ才能が無いだけでは偽者なり得ない。本当の偽者は何より己を知らず、虚栄、そして、虚勢を張るのだ。この辺の機微を登場人物にしっかり施せる故に、デビューよりベストセラー作家として驀進出来たわけである。がしかし、作家としていよいよ頭打ちの印象も。これしか出来ない!これしか書けない!はその実、その通りなわけだが、だからといって派手さに欠けてはいけない。寂れた地方都市の殺人事件とその解決なんて《キャラクター》でもいないかぎり読みたいとも思わない。大衆小説、その担い手であることを忘れてしまうと、後は筆も創造性も落ちていくだけだ。暗く地味な一冊、そうまとめられてしまえば元も子もない。

第29回山本周五郎賞 受賞作:ユートピア/湊かなえ

category: ま行の作家

tag: OPEN 70点 湊かなえ 山本周五郎賞

[edit]

page top

このライトノベルがすごい!(2016年版) 9位:冴えない彼女の育てかた/丸戸史明

冴えない彼女の育てかた (207x290)
アニメのBD購入費用を得るためにアルバイト中の高校生・安芸倫也は、桜の舞う坂道で出会った少女に興味を抱き、彼女をメインヒロインにした同人ゲームの作成を思いつく。筋金入りのオタクだがイラストもシナリオも書けない倫也は、果たしてゲームを作り上げることが出来るのか!?

answer.――― 67 点
私の思春期ど真ん中の最中に投下されたのはゲーム「RPGツクール」によるコンテスト、『アスキーエンタテインメントソフトウェアコンテスト』。1000万円を狙え!というキャッチそのままの、まさに子供騙し!もはや投資詐欺!な販促商法によって、私の周りのオタク予備軍はこぞって購入、例によって作り上げられず、そんな話は無かった!ことになったのは思い出の断片だが、賞金にこそ興味無かったが、何かを創る、ということに珍しく好奇心をくすぐられた私も同ゲームを購入、競馬の血統に基づいてキャラクターを街に配置する、という我ながら何が面白いのか詳細不明のゲームを制作したのは歴然とした黒歴史である。前置きはこれくらいに、イラストもシナリオも描けない主人公が仲間たちと美少女ゲームを制作する、というストーリーラインの本作。一読して、著者の本業がゲームシナリオライターというのも納得の、独特の「間」が目立つ印象。これは個人の趣向なので無視して頂きたいが、シナリオライターは「(文字を)読ませる」技巧よりも「展開(構成)」的技巧に重きを置いているため―――そして、知らず絵(画)がある前提で筆を執っているため、「間」に違和感を覚えてしまう。そのため、作品と呼吸が合わず、読み止めてしまうことが私には間々ある。本作もその類だった。故に一応は読了したものの、感想らしい感想は浮かばず。ただ、上述通り、《イラストもシナリオも描けない》というハンデを持つ主人公が女の子たちと情熱的にゲーム制作するのだから、心の隅でクリエイターに焦がれる読み手はいつぞやの私のように好奇心をきっとくすぐられるだろう。作り手にまだ回っていない人のほうが楽しめるのではないでしょうか。あ、(メインヒロインに)キャラクターがない、と指摘(&改善を要求)するアプローチは実験的に思えて好感を抱きました。ちょっと《文学》的だね。

このライトノベルがすごい!(2016年版) 9位:冴えない彼女の育てかた/丸戸史明

category: ま行の作家

tag: OPEN 60点 丸戸史明 このライトノベルがすごい!

[edit]

page top

第19回小説すばる新人賞 受賞作:でかい月だな/水森サトリ

でかい月だな (198x290)
(あらすじ)
満月の夜、友人に崖から蹴り落とされた「ぼく」。命は助かったが、右足に大怪我を負う。そんな「ぼく」の前に、二人の変人——科学オタク・中川と邪眼を持つオカルト少女・かごめ、そして「やつら」が現れる。

answer.――― 63 点
満月の夜、理由も分からないまま、友人に崖から蹴り落とされた「ぼく」は、日常生活はともかく、大好きなバスケットボールが出来ない身体となって―――と、欠けてしまった故に「得る」、主人公の心の成長を描いていく成長譚なのかと思いきや、まさかのSFへ駆け上がっていく本作『でかい月だな』。一読しての印象は、「雑」の一言。蹴り落とした友人を保留気味に庇いつつ、周囲の無用にも思える憐憫に苛立ちを覚えるティーンな葛藤から、IQ高い変人、邪眼使いの少女とつるんでいく展開は自然と云えば自然だが、読み手自身がその場に居たい(参加したい)と思わせる演出が乏しいのが残念。理科準備室のビーカーで紅茶を淹れるなりは良質なジュブナイルを感じるものの、その手の工夫は施し過ぎるということはない。もっと仕掛けるべきだったろう。「やさしさブーム」からのSF展開は面食らうものの、それが作品に貢献しているか問われれば疑問を呈さざるを得ない。著者の意気込みと作家としての力量が噛み合っていない作品。まあ、デビュー作らしいと云えばデビュー作らしい。

第19回小説すばる新人賞 受賞作:でかい月だな/水森サトリ

category: ま行の作家

tag: OPEN 60点 水森サトリ 小説すばる新人賞

[edit]

page top

第17回小説すばる新人賞 受賞作:となり町戦争/三崎亜記

となり町戦争 (196x290)
(あらすじ)
広報で突然知らされた、『となり町との戦争のお知らせ』。とりあえず私が心配したのは職場までの通勤手段だったが、町は今までどおり平穏な様相を呈していた。戦時中だという意識を強めたのは、広報紙に掲載された戦死者数。やはり戦争は始まっていたのか。

answer.――― 67 点
三崎亜紀のデビュー作であり、「町」シリーズの第一弾作品。その概要は、ある日、隣町との戦争状態であることが通知されるも日常は異常なまでに変わり切らず、しかし戦死者が現れ、そして、主人公はスパイへの転身が命じられ……というもの。ざっくりと云えば、シュールな作品。シュルレアリスムを日本語訳すると「超現実主義」となるらしいが、この作品をシュールとするならば、超現実の意味も分かるというもの。超現実(戦争)の中に放り込まれた主人公を通し、読み手はそこに普段は内に隠れている己のセンチメンタルを見い出す。その意味での本作の個人的ハイライトは、主人公のパートナーである香西さんへの質問、その返答を挙げたい。「弟は、誰かに殺されたわけではなくって、戦争で死んでいったのですから」とする返答は、本作が《キャラクター》要らずの作品であることを象徴する超現実な台詞だ。故に、キャラクター有りき、娯楽性を求める人にはいささか厳しい作品なのは否定し難いところ。「戦争」下とはいえ、実際には何が起こっているわけでもない。本作を愉しむにはセンスが要ります。

第17回小説すばる新人賞 受賞作:となり町戦争/三崎亜記

category: ま行の作家

tag: OPEN 70点 三崎亜記 小説すばる新人賞 「町」シリーズ

[edit]

page top

第14回小説すばる新人賞 受賞作:ジョッキー/松樹剛史

ジョッキー (199x290)
(あらすじ)
栄光に向かって疾走する、若き騎手の青春。女子アナとの淡い恋、横暴な馬主との確執、馬への愛情――様々な思いを抱え、心優しき騎手は天皇賞の大舞台に挑む。魅力的な登場人馬を描く。

answer.――― 86 点
何かと忌避されがちな「競馬」題材の本作について回るのは、《10万部突破》という眩しいまでの金看板な文句。最終的に辿り着いた部数なのか、経過途中での部数なのかは定かではないが、出版不況と叫ばれて幾星霜……皆様も《10万部》突破が示す意味を十二分にご承知のことでしょう。結論から言ってしまえば、本作には「全て」がある。腕はあれども騎乗依頼の少ない中堅のジョッキーを主人公に、成功と挫折、諦観と矜持を交錯させ、ほろ苦い失恋、時にハーレムまで用意する周到なエンターテイメントを展開。注目すべきは主人公に「負け」を徹底して負わせ、且つ、それを貫かせていることだろう。この主人公は《勝っても、負ける》のである。突き詰めれば、負けて前を向く―――己の負けを認めるために物語は進む。「競馬」題材であるにもかかわらず、肝心のレース描写を必要最低限に済ます《プロフェッショナル》な判断、代わりに単巻作品としては異例と云えるヒロイン格の女性を三人投じ、挙げ句に一部屋に集める離れ業には絶句する他ない。作中のハイライトは本作を読了した全ての人が挙げるだろう、終盤の大レース「天皇賞(秋)」―――そのゲートが開く間際につぶやかれる一言「ショウサン」は鳥肌立つ名演出。読み手の時を止めてくれること請け合いだ。節目の第30回も近い小説すばる新人賞、その受賞作において、一、二を争うエンターテイメント作品。【推薦】させて頂きます。余談になるが、上述で、本作には「全て」がある、と言及させてもらったが、これは内容&要素の他に、著者にとっての「全て」という意味も含んでいる。というのも、貴方の読書遍歴でこんな経験はないだろうか?作品は非常に面白かったのに、著者の他の作品に何故か手が伸びない、なんてことが。それはきっと本能で感じ取ったのだ、著者の全身全霊、作家としてのピークを目の当たりにしたことを。明らかに要素詰め込み過ぎなのに、その処理が神懸かり的なんだよね、この作品。

第14回小説すばる新人賞 受賞作:ジョッキー/松樹剛史  【推薦】

category: ま行の作家

tag: OPEN 80点 松樹剛史 小説すばる新人賞 推薦

[edit]

page top

第9回小説すばる新人賞 受賞作:陋巷の狗/森村南

陋巷の狗 (203x290)
(あらすじ)
幕末の京洛を、血に染め上げたアウトローたち。阿刀田高、五木寛之、井上ひさし、田辺聖子の選考委員が一致して評価した、弱冠20歳の、この熱気、このパワー!「人斬り以蔵」の異名で恐れられた土佐浪人・岡田以蔵!坂本竜馬の用人棒・朱楽万次!アウトローたちの凄絶な戦いを、ジャンプ世代の感覚で描ききった強烈弾!!

answer.――― 35 点
第9回小説すばる新人賞の受賞作。岡田以蔵、そして、坂本龍馬のボディーガードとしてオリジナルキャラクターの朱楽萬次をメインキャストに、脇に新選組の面々を採用した幕末モノ。本作の受賞時期を考えれば漫画『るろうに剣心』がちょうど脂が乗ってきた頃と合致するので、そこへ大衆小説らしからぬ装丁、そして、「ジャンプ世代の感覚で描き切った強烈弾」なる文句を合わせれば、普段小説を読まないだろう若年層の取り込みを画策したのが明け透けに分かる。それは大変意欲的で結構なのだが、肝心の中身が何を書いているのか―――何を描きたいのか分からないので、脱力。主人公は誰なんだよ?誰の物語? 以蔵だけで良かったんじゃないの、これ?と鼻白んでしまうこと必至の、著者の力量不足が単純に目立つ作品。

第9回小説すばる新人賞 受賞作:陋巷の狗/森村南

category: ま行の作家

tag: OPEN 30点 森村南 小説すばる新人賞

[edit]

page top

第6回小説すばる新人賞 受賞作:天使の卵 エンジェルス・エッグ/村山由佳

天使の卵 (203x290)

answer.――― 70 点
第6回小説すばる新人賞を受賞した村山由佳、初期の恋愛小説。その概要は、美大志望の予備校生が恋人がいるにもかかわらず、心奪われた相手は恋人の姉だった!というもの。時機を得てミリオンセラーとなった本作だが、いざ目を通してみても、特段の感想は浮かばず―――が、それは私個人だけでなく、多くの人にとっても同じなのかもしれないのは、本作への五木寛之の選考評「よくこれだけ凡庸さに徹することができると感嘆させられるほどだが、ひょっとすると、そこがこの作家の或る才能かもしれないのだ」に象徴されるところ。そう、本作はストーリー、そして、その展開を含め、著者へおよそ才能を感じることの難しい、紛うことなき凡作なのである。そのため、文庫本での選考委員たちの歯切れの悪い解説(選考評)こそがもっとも読み応えのあるものとなっている。というのも、各人が上述のように「凡庸」と舌打ちしているにもかかわらず、受賞させざるを得ないのは村山由佳の《文章力》の高さに他ならない。個性的な書き口で(面白げに)魅せる「巧さ」ではなく、村山由佳は真っ当に「巧い」のである。悪文無き、特徴の無き「巧さ」は罪だ。書き手である以上、自分より「巧い」と貶せない。とどのつまり、村山由佳は選考委員たちよりも「巧かった」のである。

第6回小説すばる新人賞 受賞作:天使の卵 エンジェルス・エッグ/村山由佳

category: ま行の作家

tag: OPEN 70点 村山由佳 小説すばる新人賞

[edit]

page top

第22回電撃小説大賞 大賞:ただ、それだけでよかったんです/松村涼哉

ただ、それだけでよかったんです (204x290)
(あらすじ)
ある中学校で一人の男子生徒Kが自殺した。『菅原拓は悪魔です。誰も彼の言葉を信じてはいけない』という遺書を残して。Kは人気者の天才少年で、菅原拓はスクールカースト最下層の地味な生徒。なぜ、天才少年Kは自殺しなければならなかったのか。

answer.――― 68 点
経済学に「悪貨は良貨を駆逐する」という格言があるように、品質の高低において高い位置にあるものがその《基準》として採用されたとしても、必ずしもソレが絶対の基準として流通し続けるとはかぎらない。概して、均してしまえば低く流れるものだ。悪貨と謗るつもりはないが、ライトノベル界隈の事実上の最高勲章《電撃小説大賞》、その《大賞》受賞作である本作は、果たしてライトノベルなのか?イジメから自殺した天才少年の真相に迫っていくミステリーなストーリーライン。「天才」「悪魔のような中学生」というレッテルこそあれ、キャラクターらしいキャラクター性の薄い登場人物たちが《イジメ》を探っていく様は大衆小説的で、MW文庫ならまだしも電撃文庫の作品としてリリースされたことに違和感を禁じ得ない。巷の評判の通り、ひたひたと近づき、そして、近づけられてきた真相という不穏が輪郭づけられていく後半はまさしく胸くそ悪いもので、逆にそれが本作が決して質の低い作品ではない証明となる。が、本作は果たしてライトノベルなのか?踏み込めば、これがライトノベルとして扱われる必要があるのか?たとえば小説すばる新人賞でも、小学館文庫小説賞でも送り先は良かったと思う―――受賞するかはさて置き、だ。そもそも、ライトノベルとは何か?という話になると、「そんなものは決まっていない」と曖昧にすることを是とする意見を目にする。が、読み手はそれで問題ないかもしれないが、少なくとも書き手は「ライトノベルとは?」という問いへの自分なりの答えを出しておかなければならない。それが《ライトノベル作家》としての矜持になるからだ。本作が大衆小説の公募賞へ投稿されたとき、果たして受賞出来るのか?「悪貨は良貨を駆逐する」、本作は誰が読んでも「ライトノベル」と認められなければならない。

第22回電撃小説大賞 大賞:ただ、それだけでよかったんです/松村涼哉

category: ま行の作家

tag: 電撃小説大賞大賞 OPEN 60点 松村涼哉

[edit]

page top