ナマクラ!Reviews

08/1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31./07

Girlfriend/Matthew Sweet (1991)


1. Divine Intervention
2. I've Been Waiting
3. Girlfriend
4. Looking At The Sun
5. Winona
6. Evangeline
7. Day For Night
8. Thought I Knew You
9. You Don't Love Me
10. I Wanted To Tell You
11. Don't Go
12. Your Sweet Voice
etc...

Price Check.――― ¥ 350

1960年代にセックス・シンボルとして人気を博したチューズデイ・ウェルド―――そんな予備知識も必要とせず、思わず手が伸びしてしまうジャケットを含め、楽曲の質からサウンドプロダクションまで評論家/リスナーを感嘆させたUSギターポップの名盤。PVに日本アニメ「うる星やつら」、「コブラ」を使用し話題を呼んだ②、③など60~70年代の薫りを持つアップテンポな曲に焦点が集まりがちだが、本作の魅力は中盤から後半にかけて展開される、⑧や⑪のようなもの哀しい曲さえポップに響くところにある。また、悲喜こもごもの起伏ある曲順にもかかわらず、聴後の印象はバラけず、<ポップ>の一言でまとめられるのはまさに職人芸。本作が名盤たる所以だ。ギターには元Televisionのリチャード・ロイド、Lou Reedなど多数のアーティストとのコラボレーションで知られるロバート・クインがゲスト参加。ざらざらとしたガレージ・トーンが背伸びしていた頃の思い出(有ろうが無かろうが……)を格好良くフラッシュバックさせてくれる。ポップなのに一人のときに聴きたくなる、マシュー・スウィート一世一代の傑作。余談だが、マシューの腕には前述の「うる星やつら」のヒロイン、ラムちゃんのタトゥーが入っている。……ヲタク万歳\(^o^)/!!

Girlfriend/Matthew Sweet (1991)

category: H-N

tag: MUSIC 500円 代表作

[edit]

page top