ナマクラ!Reviews

06/1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31./08

第9回ファンタジア大賞 準入選:ドラゴンズ・ウィル/榊一郎

ドラゴンズ・ウィル
1.英雄の条件
2.見えざる束縛
3.魔獣王達の憂鬱
4.最後の英雄
5.終章

answer.――― 72 点

ライトノベルは不当な評価を受けている、という風潮があるが、実際はその逆で、ライトノベルは過大に評価されつつある、というのが私見だ。その正否は求められるものではないが、例えば本作のような作品が異端に映る間は、少なくともライトノベルはあくまでティーンのためのジャンルなのだと思う。小説からアニメの脚本、そして、専修学校の講師まで務めるライトノベル界のドラゴン桜・榊一郎。本作は、そんな氏のインテリジェンス薫るデビュー作。一読して気づくのは実質、場面が一対一で構成されている点。この珍しい構成の意図は「問答」で、読み手は知らず著者の問い掛けを清聴していることになる。しかし、一対一……物語そっちのけにもなりかねない「問答」は読み手がいつ気づいて、いつ冷めてもおかしくないギャンブルな造りでありながら、今を以って思い出の名作に挙げられる本作の凄味は、それと気づかず読み終わらせてしまうことにある。榊一郎が施した工夫、それはドラゴンを物語の中核に配したことに尽きる。ドラゴンの語り(思考)、ただそれだけで人は面白く感じられる―――自分の投影先が無いことを我慢出来る。本作は、著者しか存在しない未だライトノベルにおいて稀な逸品。ドラゴンを菜食主義にしたこと、それを倒しに来た少女をヘッポコにしたこと、真逆の性格の竜(♀)を挟んでくること、適宜挿し込まれる戦闘、国家的陰謀……もちろん、これらはスパイスではある。しかしながら読み手の感情移入先が無い、ある種、欠陥品とも云える本作を成立させているのは、語り手が「絶対者」ドラゴンだからに他ならない。思慮深いドラゴン(その正体は、……榊一郎!)を前にしているからこそ、読み手@いつもは無敵の主人公!は黙っていられるのだ。安易なハッピーエンドにせず、伏して終わるのも「問答」作品として相応しいエンディングだ。本作出版当時よりライトノベルが「個」を描くことに傾倒してきた現在、名も無き兵隊が操る戦車が町を焼く戦闘描写はスケールこそ大きいものの、大雑把で陳腐にも映る。この辺は、時代の流れを感じるね。軽妙な、それでいて安過ぎない文章を含め、「問答」作品のお手本な良作です。

第9回ファンタジア大賞 準入選:ドラゴンズ・ウィル/榊一郎

category: さ行の作家

tag: ファンタジア大賞準入選(金賞) OPEN 70点 榊一郎

[edit]

page top

第9回ファンタジア大賞 佳作:カレイドスコープの少女/内藤渉

カレイドスコープの少女
1.雪の別れ
2.リュジュー
3.レティーナ
4.アンリエット
5.マーセル
6.星を見上げる

answer.――― 60 点

本作は第9回ファンタジア(長編小説)大賞《佳作》受賞作であり、当時の主流と云える「かつて」を引いて、機械×機械した文明の存在を仄めかすファンタジー。キャラクター性を抑え、機械文明が滅びた云々のファンタジックな世界観を披露しつつのお堅い冒頭の突入劇からして、思わず、……古っ!と口に出してしまったのは、98年でのリリースを考えれば致し方ないところか。ストーリー、設定、ともに旧時代的で、現代っ子が遡って「読む」意味はまず無いだろう。しかしながら終盤の戦闘描写は上々で、例えば本作は章タイトルにあるように、一人のヒロインが「リュジュー」「レティーナ」「アンリエット」、そして、自身「マーセル」と複数役を担うのだが、展開をたたみ掛けた上で、この4人のヒロインの台詞をフラッシュバックさせて、主人公が決意する様は《お約束》とはいえ、説得力が出来上がる図で、《現代に通じる》テクニックはしっかりと刻まれている。そのフラッシュバックの際に、それぞれのヒロインへ「脳裏に浮かび」「顔を蘇らせ」「表情を思い出し」「瞳が心に突き刺さった」と品を変えた表現を与えているところもオツだ。個人的に、目を引いたのが『猛牛』レドガー。多勢に無勢場面での「その他」に括られる単なるヤラレ役ながら存在感(笑)があり、他作品ではあまり見られないチョイ役の機微を見た。立ち読みするなら、終盤の戦闘描写とこの『猛牛』レドガーの奮戦をチラ読みしてみよう!

第9回ファンタジア大賞 佳作:カレイドスコープの少女/内藤渉

category: な行の作家

tag: ファンタジア大賞佳作 OPEN 60点 内藤渉

[edit]

page top