ナマクラ!Reviews

08/1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30./07

第6回電撃小説大賞 大賞:リングテイル 勝ち君の戦/円山夢久

ブギーポップ
1.王きたる
2.宴
3.受難
4.対立
5.襲来
6.モノス
7.忌み人
8.護符
etc…

answer.――― 72 点

電撃文庫らしからぬ、正統派ファンタジー巨編!と銘打たれた本作「リングテイル 勝ち戦の君」。魔道師見習いのマーニが現代最高の魔道師にその素質を見い出され、存亡の危機に瀕する国を……と、あらすじだけで剣と魔法、魔獣が跋扈すること必至な物語は読んで早々、頭の中で比較対象に挙がったのが、「ハリー・ポッター」シリーズだったというサプライズ。そして結論から言わせてもらうと、正統派ファンタジーとして十分に楽しめる作品だった。終盤の戦争場面こそ派手さに欠けたきらいはあるが、酒宴の最中、歌われる意味深なバラッド、魔法の練習、軍議での王と魔道師の対立など、まさに王道な展開がアンティークの如き輝きを見せて、作者のセンスの良さをアピールしてくれる。それだけに勿体無いのは、電撃文庫から出版されたこと。「色」が違う、としか言いようがない。正統派ファンタジーの需要が少ない現代とはいえ、他の文庫ならまた違った展開(売り上げ等)になったんじゃないだろうか?ただ、正統派なだけにヒロインを含めた登場人物たちのキャラクターが「弱い」のも事実。何よりもまず濃いキャラクターが求められる今、この質素な味付けのキャラクターたちだと、……同じ文庫の同じファンタジー、例えば『七姫物語』と比べて、どっちの続刊を読みたいかと訊かれれば、やっぱりキャラクターの差で『七姫物語』になる。時代に嫌われた、なんて使い古されたフレーズを使いたくなる正統派ファンタジー巨編。著者は現在、文章塾を主宰している模様。

第6回電撃小説大賞 大賞:リングテイル 勝ち君の戦/円山夢久

category: ま行の作家

tag: 電撃小説大賞大賞 OPEN 70点 円山夢久

[edit]

page top

第6回電撃小説大賞 金賞:ダブルブリッド/中村恵里加

ダブルブリッド
1.白髪頭と手榴弾
2.後悔しない男
3.退屈は人を殺すか
4.赤い右目に映るもの
5.渋谷周辺非常事態
6.銀は目覚める

answer.――― 68 点

ライトノベルと純文学、天秤に掛けるようなことをしてみると、純文学のほうに何かと価値を見い出す人が大勢を占めると思うが、私の中でライトノベルに軍配を上げる絶対項目がある。≪動き≫の描写だ。亜人の孤独をテーマにした本作のストーリーはまさにライトノベルの王道。構成もある種のテンプレ通りで、偏見、そこからの変化、その喜び、ソレを失う恐れ、云々と想像通りに流れる安心の一作。面白く読めるのは作者の書き手としての力量。先に挙げた動きの描写が巧みだ。時折り、地の文の視点がブレるのはマイナスだったけど、デビュー作だからまだ書き慣れてなかったんだろうね。ついでに、出だしのコテコテ感と扉絵/挿し絵で損している気がする。楽しめました。

第6回電撃小説大賞 金賞:ダブルブリッド/中村恵里加

category: な行の作家

tag: 電撃小説大賞金賞 OPEN 60点 中村恵里加

[edit]

page top

第6回電撃小説大賞 銀賞:若草野球部狂想曲 サブマリンガール/一色銀河


1.弱小!若草野球部
2.対決!左投げ対下手投げ
3.特訓!所により、ラブコメ?
4.激突!主役不在の大決戦
5.風雲!風、雨を呼び……
6.栄冠!輝ける君に

answer.――― 63 点

確か、悪童ダルビッシュが涼しげな顔で甲子園で準優勝を飾った大会だった……黒ぶちの眼鏡を掛けた友人が急に高校野球に興味を示したのは。4人の女子部員を含め9人ちょうどしかいない若草野球部は校長の陰謀で、甲子園の優勝校・神戸学園に勝たなければ、廃部の危機に!しかし、若草野球部に救世主となる転校生が……というお話。高校野球、プロ野球の時事ネタを交えて物語を展開していく。出版が10年前なので時事ネタの鮮度は完全に切れているが、冒頭の友人が野球に興味を持ったように、野球初心者に楽しく読める作品。5年に一度改訂して、ライトノベラーに球児の夏、プロ野球を身近にしてくれ。作者も楽しげに書いているのが好感。

第6回電撃小説大賞 銀賞:若草野球部狂想曲 サブマリンガール/一色銀河

category: あ行の作家

tag: 電撃小説大賞銀賞 OPEN 60点 一色銀河

[edit]

page top