ナマクラ!Reviews

07/1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31./09

第13回日本ファンタジーノベル大賞 大賞:クロニカ 太陽と死者の記録/粕谷知世

クロニカ
1.巡察前日
2.文字の神
3.語り部
4.征服者
5.沈黙
6.巡察使

answer.――― 74 点

日本ファンタジーノベル大賞を受賞したいのならば、不足のない文章がある前提の上で、異国の歴史を取り扱ってみると良い。異国と言ってもイギリスやフランス、アメリカといった目垢耳垢のついた国は当然ダメだ(それでも望むなら大学の歴史など隙間をつくしかない)。狙い目は東南アジア―――それも、ヴェトナムが良いだろう。あるいは中南米、中でもメキシコが良いと思う。この二つの国がどうして挙げられたかはその辺の経済学者を掴まえて訊いてくれれば分かる……なんて余談を交えた前振りを置いたのは、本作が上記の要素を満たす典型的な作品だからだ。インカ帝国の滅亡から数十年、キリスト教が支配するその地では未だひっそりと地元民の信仰が続けられていた。インカ文明を題材にした点、「木乃伊が語る」という視点の工夫、文字と口伝の差異による宗教の優劣論など、選考委員が評価しやすい要素が散見される本作。第13回は『しゃばけ』があったにもかかわらず、それを差し置いて、本作に大賞を授与したのは選考委員の趣味、引いてはプライドに他ならない。我こそインテリゲンチャなり―――この辺のエリート意識がファンタジーの敷居を高くしようと躍起になっている。本作はソレに見事に応えた形だ。実際、あとがきに代わる謝辞にて著者がブ厚そうな参考文献を並べる様は選考委員も自分の判断の正しさにウンウンと悦に入ったことだろう。個人的に評価したいのは、木乃伊の「インカ文明、バッドエンド!」とのほほんと達観した方言(三河弁らしい)語りが終わった後に続く、キリスト教に染まり始めた子孫に伸びるビラコチャ(白人)の鬼畜の手。……あれ、美人のお母さん、明確に描かれてないけどレイプされちまったか!?と勘繰りたくなる、まさか、こっちもバッドエンド!?の怒涛の展開には目を瞠った。一応は少年主人公が全村人に非難を浴びせられつつも、ご先祖様たちを売って事無きを得るが、何にしても怒涛だった。時を飛ばして、この少年主人公も村長として出戻りハッピーエンドへと導かれるので読後感は悪くない。知識欲を満たしたい方にお薦め出来るファンタジーと云える。あ、ちなみにインカ帝国の最後の皇帝はマンコって名前です。真面目な話、マンコって公然と書きたいがために本作を書いたんじゃないか?とさえ私は勘繰っています。

第13回日本ファンタジーノベル大賞 大賞:クロニカ 太陽と死者の記録/粕谷知世

category: か行の作家

tag: 日本ファンタジーノベル大賞大賞 OPEN 70点 粕谷知世

[edit]

page top

第13回日本ファンタジーノベル大賞 優秀賞:しゃばけ/畠中恵

しゃばけ
(あらすじ)
江戸有数の薬種問屋の一粒種・一太郎は、めっぽう体が弱く外出もままならない。ところが目を盗んで出かけた夜に人殺しを目撃。以来、お江戸を騒がす殺人事件が続き、一太郎は家族同様の妖怪と解決に乗り出すことに……。

answer.――― 86 点

小説講座なる<出来たらお陰、出来なかったらせい>な阿漕な商売でも、畠中恵のような作家がまかり間違って巣立つのだから、ますます阿漕に拍車が掛かる―――天下の讀賣新聞が主催するために保たれる格調高き日本ファンタジーノベル大賞、その優秀賞を受賞し、さらに新伝綺ブームからの派生とも云える妖怪ブームの到来、そこから人気シリーズと世間で認知される頃に訪れたゲゲゲ旋風。まさに時機を得に得た本作『しゃばけ』は小説講座の恩恵なのか、元よりの作者の素養からなのか、起承転結が等分に配されたお手本のような構成が魅力。十人が十人、「転」と分かる分岐点からは、次へ次へと頁をめくる作業に没頭してしまうだろう。江戸時代の殺人事件に関わる病弱な若旦那(15)、それを取り巻く愛嬌ある妖怪たちの日常パートは奇妙ながらに気が抜ける。恋愛色は希薄ながら、そこそこに匂わせてくれる設定もあり、隙が無い。唯一の欠点は落とし処でしっかり落とさず、続編へと読者を誘導するラストだろう。爆発力こそ無いが、大人から子どもまで楽しめる、質の高い小説。寄らば大樹の蔭、冒険したくない読者にお薦めのシリーズだ。ちなみに、畠中恵は現在、讀賣新聞の名物「人生案内」を担当。さすが任されるだけあって相談者に的確と思える助言(一緒に頑張っていこう!的書き口で好感を抱ける)を送っている。

第13回日本ファンタジーノベル大賞 優秀賞:しゃばけ/畠中恵

category: は行の作家

tag: 日本ファンタジーノベル大賞優秀賞 OPEN 80点 畠中恵

[edit]

page top

第3回えんため大賞 最優秀賞:赤城山卓球場に歌声は響く/野村美月

赤城山卓球場に歌声は響く
(あらすじ)
突然音信不通になった華代ちゃんに会うため、朝香と仲間である合唱サークル一行は群馬へ向かう。そこに待ち受けていた驚天動地の事実とは……?ロイヤル=ハーモニー=スペシャル=ボイス=オーケストラ(R=H=S=V=O)が奏でる「ドナドナ」が赤城山卓球場に響く!!

answer.――― 7 点

茶化すことなく、真摯に答えてみようと思う。私が本作を読んだときに頭を過ぎったのは、―――編集者と寝やがったな、という考えだった。あるいは、とさらなる想像の羽を広げるならば、この野村何某という作家は上役の愛人か何かで、ケツをつかれながら「作家になりたいのぉ♂」とねだった、というどうにも唾棄すべき低俗極まりないものだった。しかし、そんな邪推を許してしまうほどに本作の出来は、惨憺たるもの。何故にこれが印刷され、値段がついてのいるのか?あまつさえ文庫の最高勲章と云える最優秀賞(大賞)受賞作。そんな馬鹿な!?である。……ところで、貴方がレヴューに求めるものは何であろうか?作品のあらすじ?いいや、ほとんどの場合、それは違うだろう。それならば出版元のHPで事足りる。レヴューサイトに求めることは詰まるところ、第三者の保証、自分の価値観の確認、他者の価値観の獲得と私は思っている。それだから、私のブログでは点数を付けている。数字は誰に対しても平等だから、私の価値観がストレートに反映するからだ。配点に不満をつける方が稀にいらっしゃるが、それなら点数一覧に敷いた【アマチュア】【不満】【普通】【満足】の四段階の評価から捉えれば良い。だが、そんな曖昧な評価の何が面白い?レヴューなんて、文章なんてそもそも読まないものだ。このブログに訪れた人はまず間違いなく画像、そして、点数だけしか見ないだろう。そこから興味を持って目が行くのが強調文だ。レヴューなんて読もうと思わないかぎり読まないのである。では、―――「7」点。このナマクラ!Reviewsでも現在(2012年10月24日)、ぶっちぎりの最低点を記録してしまった本作は逆に目を惹き、うっかりレヴューを「読んでしまう」ことだろう。それが私には何より悔しい。だってコレ、本当、論ずるに値しない@原辰徳なんだもん!卓球魔人って何だよ!何でドナドナ歌い始めるんだよ!真面目に、感動大作の体取るなよ!うわわわわわわわわわわわわっ、あとがきで自画自賛してるよぉぉぉぉぉお!……なんて、取り乱してみた。このあとがきの自画自賛から分かるように著者、まったく自分が視えていない。他人の目を意識することなく書き上げる、それは天才の領分だが、天才でなければ単なるマスターベーションだ。きっと、凄い気持ちの良い作品だったことだろう。気持ち良過ぎて、あと三巻(マジかよ!?)ほど潮を吹き続けるが、ナメクジたる我々はそんなに潮をぶっかけられては溶けてしまう。近づいてさえいけない。しかしこんな牝クジラな著者は自分が視えてないまま、ダーウィンも目を剥く奇跡的進化を起こす。ライトノベルのHip-Hop作品『文学少女』シリーズの上梓である。『文学少女』から本作を知り、後追う形で著者の潮を全身に浴びた被害者も少なくないだろう。だから、これ以上の犠牲者を生まないためにこれだけは言わせてもらう―――絶対に読むな!絶対に読んじゃダメだ!!良いな!?

第3回えんため大賞 最優秀賞:赤城山卓球場に歌声は響く/野村美月

category: な行の作家

tag: えんため大賞最優秀賞(大賞) OPEN 0点 野村美月

[edit]

page top