ナマクラ!Reviews

02/1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31./04

電撃文庫:アリソン/時雨沢恵一

アリソン
1.アリソンとヴィル
2.誘拐と放火と窃盗
3.残った者達
4.朝食のち出撃
5.ロクシェとスパイ
6.ワルターの戦い
7.これはこれで
8.二人のいる世界

answer.――― 64 点

今や電撃文庫の重鎮として電撃小説大賞の選考委員を務めている時雨沢恵一、その代表作『キノの旅』以外のシリーズ作品―――通称<アリソン>シリーズ。表題のヒロインが空軍のパイロットであったり、主人公(?)が射撃大会で入賞する腕前だったり、東西冷戦を思わせる二国が対立する世界観など、本作においても著者のガンマニア、軍事マニアから派生している設定が散見される。この辺の一本通った創作スタイルは<好きだから書いている>という作家の原点に思えて好感を抱く。しかし、肝心の作品の評価としては、可もなく不可もなく……と言ったところ。ファンならば之といった破綻もないために有難がれるかもしれないが、それこそ時雨沢恵一が書いた……というオプションを外して読んでしまえば、単にそつなくまとめられた地味な作品としか思えない。遡れば芥川龍之介に見られるように、短編では幾つもの快作を出せても、中・長編になると途端、その才能の底を見せつけてくれる作家がいるが、時雨沢恵一も本作を読むかぎりその一人と数えて良いようだ。読んで損というわけではないが、ファン向けのシリーズには違いない。ピックアップするなら前半戦の山場、空戦での“死んだふり"などは流石の演出かな。

電撃文庫:アリソン/時雨沢恵一 (2002)

category: さ行の作家

tag: OPEN 60点 時雨沢恵一

[edit]

page top