ナマクラ!Reviews

11/1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31./01

電撃文庫 :〔映〕アムリタ/野崎まど


1.絵コンテ
2.撮影
3.編集
4.試写
5.試写‐Ⅱ
6.スタッフロール

answer.――― 70 点

自主製作映画に参加することになった芸大生の主人公―――この設定だけで本作を手に取ってしまった、というのは別に可笑しな話ではないだろう。どんなに斜に構えたところで、主人公=自分がオフレコの二次元ワールド。皆で創る自主製作映画、一芸に秀でた【芸大生】に自分が配されて不満があるはずはない。本作は大人になったライトノベラーを繋ぎ止めるべく新設されたメディアワークス文庫賞、最初の受賞作。事実上、大衆小説の向きがあり、それを象徴するように挿し絵は省かれている。それでも頁を開いてみれば、源流はきっちりライトノベル。ボーイ・ミーツ・ガールに始まり、オーソドックスながらもテンポの良いやり取り。芸大生らしい、どこか突飛ながら地に足ついた世間話が期待に応えてくれる。まさに大人なライトノベルが展開されるが、本作、二章あたりからひたひたと不穏な足音が聴こえてくる。自主製作映画に参加、と聞くと「映画を作ること」が物語の中心だと思っていたが、残念ながら(?)その方向には進まず、何を撮っているのか?という当初からは予想だにしなかったホラールートに突っ込んで行く。それに気づくと、目次の章タイトルが不気味なこと。次章へ移る度、【撮影】【編集】【試写】と続いていく見出しが死刑台への階段のように思えてくる。これが面白かった。読んでいて先の読めない、というと大袈裟だが、「死」と対峙するような落ち着かない感覚が得られる。話の落とし方には賛否両論あるようだが、個人的に不満無し。乙一がライトノベルを意識して書いたような印象も残る。

電撃文庫 :〔映〕アムリタ/野崎まど  (2009)

category: な行の作家

tag: メディアワークス文庫賞 OPEN 70点 野崎まど

[edit]

page top

このライトノベルがすごい!(2010年版) 1位:バカとテストと召喚獣/井上堅二

バカとテストと
1.第一問
2.第二問
3.第三問
4.第四問
5.第五問
etc…

answer.――― 78 点

デビュー以来、「このライトノベルがすごい!」にランクインし続ける人気シリーズであり、その総売り上げは500万部突破というファミ通文庫の誇る超級エース『バカとテストと召喚獣』。その概要は教室の設備がランク付けされる実験校を舞台に、卓袱台、座布団、腐った畳というFクラス(最下層)の待遇に不満を覚えた生徒たちが巻き起こす下剋上劇。テストの点数に応じた強さを持つ召喚獣を駆使してのクラスの入れ替え戦が物語の中核を担うわけだが、本作が支持されるのは、―――これぞライトノベル!その醍醐味!と喧伝したくなる登場人物たちのリズミカルなやり取りだろう。1ページに3ギャグという見事なデンプシー・ロールを放ちながら、「このライトノベルがすごい!」の男性キャラクター部門で2年連続トップ(且つ、女性キャラクター部門でも連続ベスト10入り)を飾る木下秀吉を筆頭に、キャラクター群は誰もが常夏陽性。序盤から終盤まで終始一貫して良質のコメディを提供してくれる。本作はいわゆる<ギャグ小説>に分類されるわけだが、その同系統の作品に挙げられる『生徒会の一存』と異なるのはストーリーがあることだろう。ギャグ小説は概してストーリーの工夫に乏しいが、本作は都合三度の入れ替え戦に戦術らしい戦術を用意したり、惚れた腫れたを整えたりと、創作物の主要要素全部入りしているのも魅力だ。ただ、ギャグ小説だけあって振り返ってみると、何にも残らないのが玉に瑕。瞬間的な楽しみを得るために読むのがベストだろう。一人称で読みやすく、随所にギャグが盛られているが、描写が苦手なのか校内構造が最後まで把握出来なかったのはマイナス項目。しかし、いきなりボコボコ容姿になる漫画的ギャグと台詞を盾矛にした小説的ギャグのハイブリットは、売上から考えてもギャグ小説の完成形に近い。大いに楽しめました。個人的には、ムッツリーニの活躍に胸が踊ったわ。

このライトノベルがすごい!(2010年版) 1位:バカとテストと召喚獣/井上堅二

category: あ行の作家

tag: このライトノベルがすごい! OPEN 70点 井上堅二

[edit]

page top

このライトノベルがすごい!(2010年版) 2位:化物語/西尾維新

化物語
(上巻)
1.ひたぎクラブ
2.まよいマイマイ
3.するがモンキー
(下巻)
4.なでこスネイク
5.つばさキャット

answer.――― 80 点

西尾‘エキセントリック’維新の代表作―――というと、真正の維新志士(西尾維新のファン)たちから罵声を浴びかねないので断言するのは控えるが、西尾維新の作品のなかでも高い知名度を誇る作品のひとつ。その内容は、主人公・阿良々木暦と彼に出会った、化物(怪異)と関わりを持つ少女たちが不思議な事件を解決していくストーリー。実質の短篇形式で、やはり西尾式と言おうか、どの話もオチに一服盛ってある。アニメ化などメディア映えしたのはやはりホッチキスを凶器としたり、の気性を含めた女の子のデザインにあるだろう。「完全に趣味で書いた」という発言の通り、台詞回しもいつも以上の西尾節だ。この流れの雑感で申し訳ないが、西尾維新の文体にはアマチュア臭が漂う。別に、下手と言いたい訳では間違ってもない。物語に関係のない文章のお遊び、実験が多過ぎると思う。文章の工夫はファンこそ諸手を挙げて大歓迎するものだが、それ以外の人たちには時に集中力を削ぐ要素になる。ただ、この戯れがないと西尾維新<らしく>ない。個人的な話になるが、本作に配した<点数>ほど私は楽しんでいない。この点数は、プロ<らしく>ない文章の実験を貫く作家としての姿勢に敬意を払った意味合いが強い。プロになった皆(特に大御所)、忘れるものだからねその部分。西尾維新ファンは本当に誇りに思ったほうが良い。西尾維新は森見登美彦と同列か、それ以上の文章家だと思う。文章について長く言及してしまったが、単純に物語としても十分に面白い。メインヒロインが上質なツンデレです―――W La 西尾維新!

このライトノベルがすごい!(2010年版) 2位:化物語/西尾維新

category: な行の作家

tag: このライトノベルがすごい! OPEN 80点 西尾維新 三大犯罪者

[edit]

page top

このライトノベルがすごい!(2010年版) 3位:"文学少女"と死にたがりの道化/野村美月

文学
1.プロローグ 自己紹介代わりの回想 ―元・天才美少女作家です―
2.遠子先輩は、美食家です
3.この世で一番美味しい物語
4.第一の手記~片岡愁二の告白
5.五月の晴れた日、彼は……
6.“文学少女”の推理
7.“文学少女”の主張
8.エピローグ 新しい物語

answer.――― 74 点

―――This Is Hip-Hop!とでも言おうか。太宰治の代表作『人間失格』を文章から登場人物まで大胆にサンプリングするという、Hip-Hop的手法が見られる本作。冒頭、さっそくの名文サンプリング後、著者のくだけた地の文に暗雲立ち込めるものの、続く“文学少女”天野遠子の登場から(ところどころ少女チックながら)文章が締まってくる。見事に嵌められたのはラブレターの代筆から始まるミステリーな展開。ストーリーの方向性が見えないだけに、……どうなるんだ?と様子見でいると、まんまと挿まれる『人間失格』の不可思議に捉われてしまう。本作の妙は、意味があるとは思えなかったサンプリングが登場人物、ストーリーそのものを形成していたこと。OBの登場の仕方などご都合も目立つが、『人間失格』の―――文学のHip-Hopはなかなかに斬新だ。“文学少女”による文学ソムリエールもあり、ライトノベラーには馴染みないだろうギャリコ他、オールドスクールな面々(作家)に読者の目を向けるキッカケにもなりそう。そういう意味でも、生産的な作風と云える。あの卓球場を突き抜けて天にも響いた超駄作『赤城山卓球場に歌声は響く』の著者だけに、読むのを渋りに渋っていたが、確かに興味深い作品だった。作家は成長するね、……とまとめようとしたら、友人から「絶対、ブレーンがいる」と身も蓋もない発言。あとがきを読むかぎり、編集さんが有能なのかしら?追記として、オチが昨今の少女漫画風に衝撃的。この罪やら罰やらを絡めたごった煮感は男では書けないだろう。ミステリーを思わせながらやや勢いでまとめた感があるのが、マイナス査定。本作の時点では緻密さに欠け、まだ才能で書いている印象が強い。それだから、竹田千愛の存在感は主人公格のソレがあって良いね。

このライトノベルがすごい!(2010年版) 3位:"文学少女"と死にたがりの道化/野村美月

category: な行の作家

tag: このライトノベルがすごい! OPEN 70点 野村美月

[edit]

page top

このライトノベルがすごい!(2010年版) 4位:とらドラ! /竹宮ゆゆこ

とらドラ
(あらすじ)
目つきは悪いが普通の子、高須竜児は、“手乗りタイガー”逢坂大河と出会う。そして彼女の知ってはいけない秘密を知ってしまい……それが竜虎相食む、恋と戦いの幕開けだった!元気印のはつらつ娘・櫛枝実乃梨、文武両道、勤勉実直、だけどちょっとズレてるメガネ委員長・北村祐作も絡み、どこか変なメンツによる恋はすんなりいくはずもなく……!?

answer.――― 67 点

ライトノベルを原作としたアニメというと、「分かり易さ」がキーワードになってくると思う。ある切り取られた場面を見るだけで話の概要が分かる、何を楽しめばいいのか分かる、それがライトノベルをアニメ化した際の独自の共通項だ。だからか、深夜に何気なく点けていたTVで放映されていたアニメにはミステリアスなものを感じた。おそらく原作はライトノベルだと推測されるのに、「分かり易い」要素―――言ってしまえば、子どもでも取っつきやすいストーリー展開が無かったのだ。かといって別につまらないわけでもなく、ドタバタとした日常は見ていて和むものがある。それからも幾度か見る機会があったが、やはり突飛な設定があるわけでもなく、―――それでいてつまらないと感じるわけでもなく、物語をついつい追ってしまっていた。この感覚は何なんだろう?と考えていると、<ドラマ>という言葉がしっくりきた。本作はその<ドラマ>の一話目。読了して分かることは、物語が続くこと。そして、一巻だけで楽しむ作品ではないということだ。一応のオチはつけているが、やはりスッキリとしない。読むなら全巻揃えてから読み始めるのが良いだろう。読む時間が勿体無いなら、アニメの出来も良かったのでそちらで済ますのも有りだと思う。

このライトノベルがすごい!(2010年版) 4位:とらドラ! /竹宮ゆゆこ

category: た行の作家

tag: このライトノベルがすごい! OPEN 60点 竹宮ゆゆこ

[edit]

page top

このライトノベルがすごい!(2010年版) 5位:生徒会の一存 碧陽学園生徒会議事録1/葵せきな

生徒会の一存
1.駄弁る生徒会
2.怪談する生徒会
3.放送する生徒会
4.更生する生徒会
5.恋する生徒会
6.遊ぶ生徒会
6.振り返る生徒会
etc...

answer.――― 65 点

美少女の生徒会長の「」―――台詞提示から始まる連作短篇。著者自身「4コマ小説」として評しているように、PON!PON!PON!と地続く台詞の軽妙さが魅力の本作は、一読して分かるコストパフォーマンスの大変優秀な作品。一言で言うなら、著者、<適当>に書いている。他文庫の作品/アニメなどに触れてくるなど、ゴシップ的なアプローチで読者の関心を引く生徒会一同の会話に中身は無く、まさに<時間の無駄>が体現されているが、それこそが‘バブルの生き残り’の異名を誇るタレント・中山秀征的魅力の源泉―――読者が望む、作品への身近さに繋がる。本作は読者もまた物言わぬ肩書きの無い生徒会役員となり、その<時間の無駄>に参加している格好。そんな時間の無駄に積極的に付き合ってしまう作品としての工夫は、登場人物が全員「美少女」or「美女」ということ。ナンダカンダで、男一人のハーレム状態は華やかだ。如何せん、ストーリーがないために<小説>としての体裁は整っていないが、4コマだと思えば(……免罪符みたいな言葉だな)、ライトノベラーなら問題ないでしょう。

このライトノベルがすごい!(2010年版) 5位:生徒会の一存 碧陽学園生徒会議事録1/葵せきな

category: あ行の作家

tag: このライトノベルがすごい! 60点 OPEN 葵せきな

[edit]

page top

このライトノベルがすごい!(2010年版) 7位:嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん 幸せの背景は不幸/入間人間

嘘つき
1.再開と快哉
2.両親と診療
3.嘘と嘘
4.崩壊
5.四章、後始末「解放」

answer.――― 74 点

これからのライトノベル作家は西尾維新乙一奈須きのこ……この辺の影響を意識的にも、無意識的にも避けては通れない気がする。これは作家だけの話ではなく読者自身にも言えることで、西尾維新の影響下にある―――と著者自ら申告した本作において、何の脈絡もなく<オチ>が途中で読めてしまう事実からも分かるだろう。蔓延る<大逆転>、第三の男ならぬ第三の<答え>、総じてスピードライターなオリジネイター、そして、そのフォロワーたちの作品の氾濫によって<オチ>が<オチ>として機能しなくなっている悪循環。そんな新伝綺な逆風のなか、本作が人気シリーズとなっているのは、著者に確かな「筆力」があるからに他ならない。設定こそ新伝奇に名を連ねる作品としては実のところ十人前ながら、ベッタリ血糊のように張りついてくる主人公の一人称は、適格な奇人変人といった感じで、読者自らトレースしたくなるような整合性がある。<オチ>を先読み出来てしまったために、クライマックスの「果たし合い」は右から左に流せてしまうのが勿体無いかぎりだったが、そこはフォロワーの試練ということで。良質なフォロワーは、時にオリジネイターを超える。入間先生には是非、カリ梅食いながら「アンタ、嘘つきだね」と今後の作品で屋形越えを果たして欲しい。

このライトノベルがすごい!(2010年版) 7位:嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん 幸せの背景は不幸/入間人間

category: あ行の作家

tag: このライトノベルがすごい! OPEN 70点 入間人間

[edit]

page top

このライトノベルがすごい!(2010年版) 8位:ベン・トー サバの味噌煮290円/アサウラ

ベントー
1.氷結の魔女
2.魔導士
3.ダンドーと猟犬群

answer.――― 70 点

B級映画に始まり、B級スポット、B級グルメ……世間一般のB級が意味するところはいわゆる<一流に届かない>という有難迷惑なレーティングながら、そもそもにして、B級とは元よりB級を意図して創られたモノ(ex.映画『キル・ビル』)を指す―――といつぞや誰彼から耳にして以来、B級に対する認識が改まったものだが、さて、出版界の「超」大手である集英社が持つスーパーダッシュ文庫(以下、SD文庫)。本作はそこで現在のところ、事実上のエースを張る『ベン・トー』シリーズの第一弾。ストーリーは、スーパーで売り出される半額弁当を奪い合う、というシュール極まりないモノ。この時点ではっきりと予感出来ると思うが、ストーリー自体はまず面白いものではない。ただ、……とここから注釈がつくのが正統派B級ライトノベルたる本作の魅力。一読して分かることは、つまらないものを面白いものにさえ昇華させる高い文章力。作中、半額弁当奪取競争の暗黙のルールを破る輩を<豚>、ルールに順じて闘う者を<犬>、あるいは<狼>と読者を置いてけぼりにさも当然のように要所で叫ばせるが、アサウラ氏の手に掛かれば、知らぬ間にこのスーパーマーケット・ファンタジーへ引き摺りこまれ、ルールを破る輩が現れようものなら「……(コイツら、豚だ!)」と読者にそのルールを植え込ませるまでに到る。また、B級の冠に相応しい性を絡めたネタが絶妙で、何度となく吹くこと必至なので食事中は読書厳禁だ。キャラクターには漫画では出せない躍動感があり、この辺も見逃せない。如何せん、B級であるためにある種の限界こそ感じるが、かの醜悪祭を催してしまったSD文庫にあって、この光明は大事にしたいところ。今秋にはアニメ化も決定しており、このエースで弱小文庫からひとつと言わず、どこまで<格>を上げられるか見物です。

このライトノベルがすごい!(2010年版) 8位:ベン・トー サバの味噌煮290円/アサウラ

category: あ行の作家

tag: このライトノベルがすごい! OPEN 70点 アサウラ

[edit]

page top

このライトノベルがすごい!(2010年版) 9位:とある魔術の禁書目録/鎌池和馬

とある
1.幻想殺しの少年のお話
2.魔術師は塔より降り立つ
3.奇術師は終焉を与える
4.魔道書は静かに微笑む
5.退魔師は終わりを選ぶ
6.禁書目録の少女の結末

answer.――― 77 点

自分の部屋に、純白のシスターがいきなり空から降ってきた―――ボーイ・ミーツ・ガール、物語の始まりこそありきたりだが、シリーズ累計10,000,000部を超える発行部数は伊達ではない。よくある場面によくある台詞。しかし、主人公・上条当麻が提示していく「よくある」台詞はその右手に備えた《幻想殺し》と同様に、ことごとく読者の既視感を打ち破っていく。気張らずスカさず、それでも、キメるところはキメる読者本位本望な主人公像に対するのは、映画《ダイ・ハード》を思わせる息つく暇もないピンチの連続、我が身に降りかかった不幸なアドベンチャー。常時満タンの燃料タンクにガソリンを注ぎ続けるような文章が熱い。前のめりなその文章は「……ん?六万回?」と時に勢いを殺しかねない無茶も散見出来るが、地の文で《上条当麻》とフルネームで物語られる度、「おっ、また《ダイ・ハード》?」と期待してしまう。魔術VS超能力、評判高い異能バトルもありそうで少ない題材。怒涛という言葉がよく似合う一巻の押し寄せる内容だが、そのエンディングには疑問が残る。主人公が「欠ける」、その必然性を感じなかったからだ。「記憶」、あるいは「女の子を守る」がテーマだったとしても、物語をテーマで縛るのと、作者がテーマに縛られるのはまったく違う。主人公が「欠ける」なら、そうならざるを得ない意味が欲しかった……まあ印象に残るし、劇的で良いかもしれないけど。売れて当然、対ライトノベラーのために編まれた一作。

このライトノベルがすごい!(2010年版) 9位:とある魔術の禁書目録/鎌池和馬

category: か行の作家

tag: このライトノベルがすごい! OPEN 70点 鎌池和馬

[edit]

page top