ナマクラ!Reviews

11/1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31./01

作家一覧(ただ今、編集中)

(更新:2016/1/31)
 あ行    

逢空万太
葵せきな
青葉優一
青田八葉
蒼山サグ
赤月黎
茜屋まつり
赤松中学
亜紀坂圭春
秋田禎信
秋月煌
秋月涼介
秋穂有輝
秋山鉄
秋山瑞人
日日日
浅井ラボ
アサウラ
朝倉勲
浅暮三文
朝田雅康
あさのあつこ
あざの耕平
足尾毛布
飛鳥井千砂
東佐紀
東亮太
阿智太郎
雨木シュウスケ
天酒之瓢
天埜冬景
天野純希
尼野ゆたか
雨宮諒
綾崎隼
新井円侍
有川浩
有沢まみず
淡路帆希
庵田定夏
飯嶋和一
五十嵐雄策
池上永一
池永陽
伊坂幸太郎
石崎幸二
石田衣良
和泉ひろみ
石野晶
石原宙
市川拓司
一乃勢まや
壱月龍一
一色銀河
いとうせいこう
絲山秋子
稲見一良
乾くるみ
犬村小六
井上堅二
井上悠宇
井村恭一
入江君人
入間人間
岩井志麻子
岩井恭平
岩城けい
岩佐まもる
いわなぎ一葉
岩本隆雄
うえお久光
上野歩
宇佐美游
内堀優一
宇月原晴明
兎月山羊
兎月竜之介
宇野朴人
冲方丁
浦賀和宏
虚淵玄
江國香織
榎木津無代
遠藤浅蜊
大澤誠
大島真寿美
大森藤ノ
岡崎弘明
岡崎裕信
おかゆまさき
小川博史
小河正岳
小川洋子
沖田雅
荻原規子
荻原浩
奥泉光
奥田英朗
小田雅久仁
乙一
乙川優三郎
乙野四方字
小野不由美
小山歩
恩田陸

 か行    

海堂尊
海冬レイジ
櫂末高彰
海原零
鏡貴也
蝸牛くも
影名浅海
笠原曠野
風見周
春日部タケル
上総朋大
粕谷知世
角田光代
片山憲太郎
勝山海百合
桂望実
賀東招二
上遠野浩平
金城一紀
壁井ユカコ
鎌池和馬
神秋昌史
神坂一
神代明
カミツキレイニー
榎宮祐
垣根涼介
神高槍矢
神野淳一
川上未映子
川上稔
川口士
川崎康宏
河原千恵子
川原礫
川村元気
玩具堂
神崎リン
菊池秀行
木皿泉
貴志祐介
北川拓磨
北野勇作
樹戸英斗
城戸光子
聴猫芝居
木村心一
京極夏彦
清野かほり
霧舎巧
銀林みのる
九岡望
草薙渉
久世光彦
久保寺健彦
窪美澄
熊谷達也
栗府二郎
黒史郎
黒田研二
慶野由志
劇団ひとり
古泉迦十
小岩井蓮二
紅玉いづき
甲田学人
河野裕
小木君人
午後12時の男
九重一木
越谷オサム
午前三時五分
虎走かける
古谷田奈月
護矢真
近藤史恵
今野敏

 さ行    

雑賀礼史
西條奈加
斉藤直子
佐浦文香
冴木忍
三枝零一
冴崎伸
早乙女朋子
坂入慎一
榊一郎
酒見賢一
坂本和也
桜井美奈
桜坂洋
桜庭一樹
佐々木譲
細音啓
佐々之青々
佐藤亜紀
佐藤ケイ
佐藤賢一
佐藤茂
佐藤多佳子
佐藤哲也
里見蘭
狭山京輔
更伊俊介
沢村凛
椎田十三
椎葉周
時雨沢恵一
重松清
梓崎優
静月遠火
雫井脩介
紫野貴李
しなな泰之
篠田節子
志瑞祐
柴村仁
嶋本達嗣
島本理生
志村一矢
下村智恵理
十文字青
殊能将之
白石一文
白石かおる
白井信隆
白川敏行
白鳥士郎
白星敦士
真藤順丈
新堂冬樹
新保静波
真保裕一
杉井光
鈴木光司
鈴木鈴
鈴木大輔
涼元悠一
須藤靖貴
住野よる
清野静
清涼院流水
関口和敏
関口尚
関俊介
瀬那和章
蝉川タカマル
蘇部健一

 た行    

大楽絢太
多宇部貞人
高里椎奈
貴子潤一郎
高田崇史
高遠豹介
高野和
高野和明
高橋弥七郎
高畑京一郎
鷹見一幸
滝川羊
滝川廉治
たくきよしみつ
田口仙年堂
竹内真
武谷牧子
武葉コウ
竹宮ゆゆこ
橘恭介
橘柑子
橘公司
竜ノ湖太郎
谷川流
田村登正
田名部宗司
月村了衛
土屋つかさ
積木鏡介
筒井康隆
手島史詞
天童荒太
堂場瞬一
遠田潤子
時無ゆたか
年見悟
土橋真二郎
富谷千夏
土門弘幸

 な行    

内藤渉
長岡弘樹
長岡マキ子
中里融司
中川圭士
中島望
永島裕士
中村恵里加
中村弦
中村文則
長物守
長森浩平
永森悠哉
中山可穂
中脇初枝
梨木香歩
奈須きのこ
夏川草介
夏海公司
夏緑
七尾あきら
七飯宏隆
成田良悟
縄手秀幸
南條竹則
仁木健
仁木英之
西尾維新
西加奈子
西川美和
西崎憲
耳目口司
貫井徳郎
沼田まほかる
野崎まど
野中ともそ
野村美月

 は行    

橋本和也
橋本紡
ハセガワケイスケ
長谷川潤二
支倉凍砂
長谷敏司
長谷川昌史
畠中恵
八針来夏
葉月堅
葉月双
初美陽一
鳩島すた
花村萬月
羽根川牧人
帚木蓬生
浜崎達也
葉巡明治
原岳人
原田マハ
張間ミカ
東川篤哉
東野圭吾
東山彰良
氷川透
菱田愛日
ひびき遊
日野俊太郎
日昌晶
百田尚樹
平坂読
平山瑞穂
広沢サカキ
弘也英明
深緑野分
福井晴敏
福田政雄
藤谷治
藤田雅矢
籘真千歳
藤まる
伏見つかさ
藤水名子
藤本圭
冨士本由紀
船戸与一
古川日出男
古処誠二
古橋秀之
星野亮
窪美澄
穂邑正裕
堀川アサコ
誉田哲也
本田誠

 ま行    

舞城王太郎
前川麻子
万城目学
真代屋秀晃
松樹剛史
町田康
松下寿治
松時ノ介
松村涼哉
松山剛
まみやかつき
丸戸史明
円山夢久
三浦しをん
水鏡希人
三門鉄狼
三上延
三河ごーすと
三國青葉
三雲岳斗
三崎亜記
水口敬文
水沢夢
水野良
水森サトリ
道尾秀介
美奈川護
水瀬葉月
湊かなえ
峰守ひろかず
宮沢周
宮下奈都
宮部みゆき
三羽省吾
海羽超史郎
六塚光
村上春樹
むらさきゆきや
村山由佳
森絵都
森青花
森田季節
森田陽一
森月朝文
森橋ビンゴ
森博嗣
森見登美彦
森村南
諸星悠

 や行    

安井健太郎
安田依央
柳広司
八薙玉造
柳実冬貴
柳田狐狗狸
矢野隆
矢作俊彦
山形石雄
山口泉
山口幸三郎
山門敬弘
山田宗樹
山田太一
山之口洋
山原ユキ
山本修一
山本幸久
弥生翔太
梁石日
結城充考
遊歩新夢
行田尚希
雪野静
柚木麻子
弓弦イズル
横山忠
横山秀夫
吉田修一
吉田直
吉富有
吉村夜
よしもとばなな
米澤穂信
米村圭伍

 ら行    

来田志郎
来楽零
藍上陸
リリー・フランキー

 わ行&数字    

和ヶ原聡司
渡瀬草一郎
渡辺球
渡辺由佳里
和田竜
渡航

 海外作家 (アルファベット順)    

Dan Brown
Paul Auster

category: 作家一覧(まとめ)

tag: OPEN 作家一覧

[edit]

page top

ま行の作家一覧

 ま行    

舞城王太郎
前川麻子
万城目学
真代屋秀晃
松樹剛史
町田康
松下寿治
松時ノ介
松村涼哉
松山剛
まみやかつき
丸戸史明
円山夢久
三浦しをん
水鏡希人
三門鉄狼
三上延
三河ごーすと
三國青葉
三雲岳斗
三崎亜記
水口敬文
水沢夢
水野良
水森サトリ
道尾秀介
美奈川護
水瀬葉月
湊かなえ
峰守ひろかず
宮沢周
宮下奈都
宮部みゆき
三羽省吾
海羽超史郎
六塚光
村上春樹
むらさきゆきや
村山由佳
森絵都
森青花
森田季節
森田陽一
森月朝文
森橋ビンゴ
森博嗣
森見登美彦
森村南
諸星悠

category: ま行の作家

tag: OPEN 作家一覧

[edit]

page top

は行の作家一覧

 は行    

橋本和也
橋本紡
ハセガワケイスケ
長谷川潤二
支倉凍砂
長谷敏司
長谷川昌史
畠中恵
八針来夏
葉月堅
葉月双
初美陽一
鳩島すた
花村萬月
羽根川牧人
帚木蓬生
浜崎達也
葉巡明治
原岳人
原田マハ
張間ミカ
東川篤哉
東野圭吾
東山彰良
氷川透
菱田愛日
ひびき遊
日野俊太郎
日昌晶
百田尚樹
平坂読
平山瑞穂
広沢サカキ
弘也英明
深緑野分
福井晴敏
福田政雄
藤谷治
藤田雅矢
籘真千歳
藤まる
伏見つかさ
藤水名子
藤本圭
冨士本由紀
船戸与一
古川日出男
古処誠二
古橋秀之
星野亮
窪美澄
穂邑正裕
堀川アサコ
誉田哲也
本田誠

category: は行の作家

tag: OPEN 作家一覧

[edit]

page top

さ行の作家一覧

 さ行    

雑賀礼史
西條奈加
斉藤直子
佐浦文香
冴木忍
三枝零一
冴崎伸
早乙女朋子
坂入慎一
榊一郎
酒見賢一
坂本和也
桜井美奈
桜坂洋
桜庭一樹
佐々木譲
細音啓
佐々之青々
佐藤亜紀
佐藤ケイ
佐藤賢一
佐藤茂
佐藤多佳子
佐藤哲也
里見蘭
狭山京輔
更伊俊介
沢村凛
椎田十三
椎葉周
時雨沢恵一
重松清
梓崎優
静月遠火
雫井脩介
紫野貴李
しなな泰之
篠田節子
志瑞祐
柴村仁
嶋本達嗣
島本理生
志村一矢
下村智恵理
十文字青
殊能将之
白石一文
白石かおる
白井信隆
白川敏行
白鳥士郎
白星敦士
真藤順丈
新堂冬樹
新保静波
真保裕一
杉井光
鈴木光司
鈴木鈴
鈴木大輔
涼元悠一
須藤靖貴
住野よる
清野静
清涼院流水
関口和敏
関口尚
関俊介
瀬那和章
蝉川タカマル
蘇部健一

category: さ行の作家

tag: OPEN 作家一覧

[edit]

page top

か行の作家一覧

 か行    

海堂尊
海冬レイジ
櫂末高彰
海原零
鏡貴也
蝸牛くも
影名浅海
笠原曠野
風見周
春日部タケル
上総朋大
粕谷知世
角田光代
片山憲太郎
勝山海百合
桂望実
賀東招二
上遠野浩平
金城一紀
壁井ユカコ
鎌池和馬
神秋昌史
神坂一
神代明
カミツキレイニー
榎宮祐
垣根涼介
神高槍矢
神野淳一
川上未映子
川上稔
川口士
川崎康宏
河原千恵子
川原礫
川村元気
玩具堂
神崎リン
菊池秀行
木皿泉
貴志祐介
北川拓磨
北野勇作
樹戸英斗
城戸光子
聴猫芝居
木村心一
京極夏彦
清野かほり
霧舎巧
銀林みのる
九岡望
草薙渉
久世光彦
久保寺健彦
窪美澄
熊谷達也
栗府二郎
黒史郎
黒田研二
慶野由志
劇団ひとり
古泉迦十
小岩井蓮二
紅玉いづき
甲田学人
河野裕
小木君人
午後12時の男
九重一木
越谷オサム
午前三時五分
虎走かける
古谷田奈月
護矢真
近藤史恵
今野敏

category: か行の作家

tag: OPEN 作家一覧

[edit]

page top

第22回小説すばる新人賞 受賞作:白い花と鳥たちの祈り/河原千恵子

白い花と鳥たちの祈り
(あらすじ)
中学一年生のあさぎは、母の再婚と私立中学への入学を機に新しい町に越してきた。新しい家族にも新しい学校にも馴染めない彼女の心の拠り所は、近所の郵便局に勤める青年、中村だった――居場所のない中学生と仕事の出来ない郵便局員。二人の前に拡がる新しい世界。

answer.――― 75 点
視点人物は二人。家庭事情と思春期を迎えて変化する周りから塞ぎ込む中学生「あさぎ」と発達障害に苦しむ郵便局員「中村」。二人の直接に交わりはせずとも遠くから眺め(支え)合ういわゆる《ハートフル》な作風で、ストーリーそれ自体は実質、「無い」と云える。「明日から、あかりたちとお弁当食べてくれる?」「ただの仕事のできない郵便局員だ」―――視点人物がともに明確な《弱者》故に序盤の陰鬱な展開、吐露は読み手を遠ざけること必至で、実際、その陰は終盤の終盤まで変わることはない。しかし、である。弱者を徹底的に貫く故に《響く》共感がここに描かれている。中盤、どちらにも起こる「アクシデント」を経過し、迎える終盤、二人の怒濤の「吐露」は迫真そのもので、ここまでの陰鬱な現実に耐えていた読み手は感動をせざるを得ない。個人的ハイライトは、たとえば「同僚」遠藤、そして、母など諸所に挿される「中村」への《同情》も捨て難いが、中村自身がセラピストへ感情を爆発させる場面を挙げたい。これは単純に(おいおい、これ、解決出来るのか!?)という、中村の吐露が正論過ぎる正論としてぶつけられるからなのだが。その着地は成る程、セラピストといった感じで十二分(が、ある意味、残念)。中盤の「アクシデント」―――「継父による性的虐待(虚偽)」「小包爆弾」は、現実に根ざした本作の設定からすると破格の演出と言え、著者の思い切りの良さに素直に驚かされた。私は「中村」の発達障害に対して共感してしまったが、「あさぎ」の環境適合のほうに共感される方もいると思う。その場合は、ラストの実父の救済の過去&継父への吐露は感涙確定だろう。《ハートフル》という意味では満額回答にもなり得る好作。が、買って読むよりも借りて読むのをお薦め致します。途中で読み止める人もきっと多いだろう。

第22回小説すばる新人賞 受賞作:白い花と鳥たちの祈り/河原千恵子

category: か行の作家

tag: OPEN 70点 河原千恵子 小説すばる新人賞

[edit]

page top

このライトノベルがすごい!(2017年版) 5位:ゴブリンスレイヤー/蝸牛くも

ゴブリンスレイヤー (203x290)
(あらすじ)
「俺は世界を救わない。ゴブリンを殺すだけだ」―――その辺境のギルドには、ゴブリン討伐だけで銀等級にまで上り詰めた稀有な存在がいるという。冒険者になって、初めて組んだパーティがピンチとなった女神官。彼女を助けた者こそ《ゴブリンスレイヤー》と呼ばれる男だった。

answer.――― 78 点
一定の売り上げが見込めるからか、Web小説として地固めされた作品の書籍化がライトノベル作家のデビューへの道、その王道にも思えてくる昨今―――やる夫スレの人気作品がついに書籍化!と新手の方角から現れた本作『ゴブリンスレイヤー』。その概要は、「俺は世界を救わない。ゴブリンを殺すだけだ」と辺境のギルドでゴブリンのみを狩って銀等級にまで上り詰めた孤高の冒険者、通称ゴブリンスレイヤーが『仲間』を得て……といったもの。さて、ご存知の通り、ライトノベルは隙間を突くジャンルである。著者は主人公を勇者ではなく、《ゴブリン》というゴキブリの如きザコモンスター専門の狩人に配して隙間を突いてきたわけだが、ザコ相手に俺YOEEEE!とせず、あくまで俺TUEEEE!(でも、ゴブリンもTUEEEE!)としてきたところが著者のセンス溢れる設定演出。如何にゴブリンを強敵に描けるか。その回答に著者は、ライトノベルでは禁じ手とも言える《レイプ》で応えた。作中、ゴブリンたちは(描写こそ省かれているが)女たちを蹂躙する。犯し、妊娠さえさせる。その背徳、ファンタジーでありながらも圧倒的「現実」を読み手に突きつける。本作を読めば《子供程度の知恵、力、体格しかない》ゴブリンが《子供と同じ程度には知恵が回り、力があり、すばしこい》という認識に変わり、その悪夢のような事実に恐れ慄くこと必至だ。ゴブリンスレイヤーの幼馴染、巨乳の牛飼娘は果たして処女(無事)なのか?ゴブリンにのみ執着し、憎悪するゴブリンスレイヤーの背負う過去とは?頁をめくるたびに明かされていく醜悪な生態をスパイスに、ゴブリンは人類の強敵へと変わっていく。《レイプ》の持つおぞましいエンターテイメント性をゴブリンという矮小な器へ注ぎ込んだ異形の一作。「無名」のゴブリンスレイヤーが一筋の光となって(ボクたちの)ヒロインを救います。レイプ、ダメ、ゼッタイ!

このライトノベルがすごい!(2017年版) 5位:ゴブリンスレイヤー/蝸牛くも

category: か行の作家

tag: OPEN 70点 蝸牛くも このライトノベルがすごい!

[edit]

page top

このライトノベルがすごい!(2016年版) 9位:冴えない彼女の育てかた/丸戸史明

冴えない彼女の育てかた (207x290)
アニメのBD購入費用を得るためにアルバイト中の高校生・安芸倫也は、桜の舞う坂道で出会った少女に興味を抱き、彼女をメインヒロインにした同人ゲームの作成を思いつく。筋金入りのオタクだがイラストもシナリオも書けない倫也は、果たしてゲームを作り上げることが出来るのか!?

answer.――― 67 点
私の思春期ど真ん中の最中に投下されたのはゲーム「RPGツクール」によるコンテスト、『アスキーエンタテインメントソフトウェアコンテスト』。1000万円を狙え!というキャッチそのままの、まさに子供騙し!もはや投資詐欺!な販促商法によって、私の周りのオタク予備軍はこぞって購入、例によって作り上げられず、そんな話は無かった!ことになったのは思い出の断片だが、賞金にこそ興味無かったが、何かを創る、ということに珍しく好奇心をくすぐられた私も同ゲームを購入、競馬の血統に基づいてキャラクターを街に配置する、という我ながら何が面白いのか詳細不明のゲームを制作したのは歴然とした黒歴史である。前置きはこれくらいに、イラストもシナリオも描けない主人公が仲間たちと美少女ゲームを制作する、というストーリーラインの本作。一読して、著者の本業がゲームシナリオライターというのも納得の、独特の「間」が目立つ印象。これは個人の趣向なので無視して頂きたいが、シナリオライターは「(文字を)読ませる」技巧よりも「展開(構成)」的技巧に重きを置いているため―――そして、知らず絵(画)がある前提で筆を執っているため、「間」に違和感を覚えてしまう。そのため、作品と呼吸が合わず、読み止めてしまうことが私には間々ある。本作もその類だった。故に一応は読了したものの、感想らしい感想は浮かばず。ただ、上述通り、《イラストもシナリオも描けない》というハンデを持つ主人公が女の子たちと情熱的にゲーム制作するのだから、心の隅でクリエイターに焦がれる読み手はいつぞやの私のように好奇心をきっとくすぐられるだろう。作り手にまだ回っていない人のほうが楽しめるのではないでしょうか。あ、(メインヒロインに)キャラクターがない、と指摘(&改善を要求)するアプローチは実験的に思えて好感を抱きました。ちょっと《文学》的だね。

このライトノベルがすごい!(2016年版) 9位:冴えない彼女の育てかた/丸戸史明

category: ま行の作家

tag: OPEN 60点 丸戸史明 このライトノベルがすごい!

[edit]

page top

第21回小説すばる新人賞 受賞作:蛇衆/矢野隆

蛇衆  (200x290)
(あらすじ)
戦国の気運高まる室町末期、自らの力だけを頼りに各地を転戦する傭兵集団がいた。その名は「蛇衆」。頭目の朽縄をはじめ、6人は宗衛門老人の手引きで雇い主を替え、銭を稼いでいた。

answer.――― 40 点
第21回小説すばる新人賞受賞作。室町時代末期を舞台に、傭兵集団「蛇衆」が運命の悪戯から反駁し合い、雇われ先の家督争いへと巻き込まれるストーリーライン。諸所で言及されているように、まず目につくのが改行多い文章スタイル。余白多い小説はリーダビリティを持つものの、ともすれば「稚拙」と捉えられ、無駄に評価を落としてしまうジレンマに陥る。本作は、まさにそれに該当してしまった形。もっとも、正味なところ、「稚拙」である。改行多い文体から《ライトノベル》と揶揄されているが、金棒使い、弓使い、槍使い、etc…と「蛇衆」、7人の解かり易いキャラクター設定は実際にライトノベル的……が、描き切れていないのが残念&無念。挿し絵でもあればともかく、読み手には登場人物たちが「見えない」のだ。これでは楽しめようもない。この文章スタイルを採るなら、描写を増やすのではなく、もっと登場人物の(過去を交えた)「吐露」がなければならないだろう。血肉を通わせないといかんってことだね。設定は楽しませようという意図を感じるものの、個人的にあまり作家(小説家)に向いていない印象を抱きました。ゲームやらアニメやらのシナリオライターのほうが向いているのでは?

第21回小説すばる新人賞 受賞作:蛇衆/矢野隆

category: や行の作家

tag: OPEN 40点 矢野隆 小説すばる新人賞

[edit]

page top

第20回小説すばる新人賞 受賞作:桃山ビート・トライブ/天野純希

桃山ビート・トライブ (202x290)
(あらすじ)
時代は安土桃山。偶然三味線を手に入れた悪童の藤次郎、笛役者になるため家を飛び出した小平太、太鼓叩きを趣味とする元奴隷の弥介、天性の踊り子ちほの4人が、型破りな演奏で、権力や身分によって押さえつけられた世の人々を惹きつけていく戦国ストーリー。

answer.――― 83 点
サムライ・ギタリストと紹介されるMIYAVIをご存知だろうか?ヴィジュアル系らしい女形の容貌にパーカシッヴなギター奏法が特徴のギタリストで、『SAMURAI SESSIONS』と銘打った他アーティストとのコラボレーション・シリーズをあざとくリリースするなど、なかなかの歌舞伎者である。さて、安土桃山時代を舞台にした本作『桃山ビート・トライブ』―――三味線速弾く中心人物の藤次郎は、そのMIYAVI本人も「ビックリするくらい似てました(笑)」と認める、読み手の耳目惹く跳ね返りっぷり。作品の概要としては、戦国時代、傾奇者たちでRock 'n' Roll!石田三成がナンボのもんじゃない!といったところなのだが、兎にも角にも、藤次郎をはじめキャラクターかぶらない傾奇者を揃えてくるのが素晴らしい。個人的に膝を打ったのが、「黒人」弥介の採用。彼が太鼓を叩くわけだが、その説得力たるや理詰めに圧巻。黒人見慣れぬ時代にアフリカンビート、そこに三味線の速弾きが重なると、作中の聴衆同様、読み手もその音をまともに想像出来ず混乱来たすのは必然である。まさしく傾奇者たちの演奏を「読める」わけだ。男臭くならないように「踊り手」ちほ、本作の起伏の実は全てを担っているメンバー唯一の常識人なヘタレ「笛吹き」小平太と、配役に抜かりない。小説すばる新人賞随一と断言出来る「痛快」な一作。どうせ、こんなもんだろ?という予想をしっかり超えてくる三味線Rock 'n' Rollを体験出来ます。意外や意外、読書家さんたちのなかでも知名度低いようなので、ここは【推薦】させて頂きます。

第20回小説すばる新人賞 受賞作:桃山ビート・トライブ/天野純希  【推薦】

category: あ行の作家

tag: OPEN 80点 天野純希 小説すばる新人賞 推薦

[edit]

page top