ナマクラ!Reviews

05/1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30./07

第15回メフィスト賞 受賞作:真っ暗な夜明け/氷川透

真っ暗な夜明け
(あらすじ)
推理小説家志望の氷川透は久々にバンド仲間と再会した。が、散会後に外で別れたはずのリーダーが地下鉄の駅構内で撲殺された。現場/人の出入りなしの閉鎖空間。容疑者/メンバー全員。新展開/仲間の自殺!?非情の論理が唸りをあげ華麗な捻り技が立て続けに炸裂する。

answer.――― 65 点
当たり前だが、このブログでレヴューしている作品だけが私の読書歴ではない。いずれレヴューする予定の作品もあるし、諸々の事情であえてレヴューしない作品もある。その前者に属する作品には私のなかで乙一の上位互換作家・道尾“乙一さん、ちぃーす!”秀介が著した『ラットマン』なるミステリ小説があるのだが、同作と本作を読んで確信したことがある―――何をどうやっても、《売れないバンド》の殺人事件は「つまらない」。瞬間、瞬間を《面白げ》にすることは出来るかもしれないが、読み終わってしまえば、いつの間にか「つまらない」というか、「どうでも良かった」印象に落ち着いてしまう。《売れないバンド》という設定は読み損に陥る類の題材なのだと思う。《売れないバンド》ではなく、《売れない作曲家》ならば、おそらく「話」が違ってくる。可能性を残せるからだ。だが、《売れないバンド》―――個人に事実上帰結出来ないこの登場人物たちには未来が、「先」が無い。殺人事件が終われば逃れ切れない凡庸な日常に沈む。それだから「つまらない」、読後、すぐさまどうでも良くなってしまう。《売れないバンド》とは、殺人と絡んでしまえば「つまらない」と直結してしまう構造的な欠陥を内包している設定題材なのだ。なんてある種の真理を確認出来る意味では個人的に興味深く楽しめたが、そんな楽しみ方はゲスの極み乙女。である。とりあえず、ボリューム過多な頁数ではあるものの、本作のそこそこに起伏に富んだ展開、何よりそこそこに歪げな人間関係に興味が湧くと思われるので、読み詰まったら大胆に飛ばせば読み損にならない程度には楽しめる。時間を食わずに読む、というのが楽しむためのキーワードになる作品。

第15回メフィスト賞 受賞作:真っ暗な夜明け/氷川透

category: メフィスト賞

tag: OPEN 60点 氷川透

[edit]

page top

« 2014年09月のレヴュー更新(まとめ)  |  第14回メフィスト賞 受賞作:UNKNOWN/古処誠二 »

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://medeski02.blog95.fc2.com/tb.php/1019-971c8280
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
page top