ナマクラ!Reviews

04/1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31./06

2014年10月のレヴュー更新(まとめ)

今月も今月とて更新が滞っておりましたが、定期的に訪問して頂いている皆さま、いつも有難うございます!途中まで書いてあるレヴューは多いので、場合によっては一気に更新出来るんじゃねえか?と希望的観測は持ち続けているメデスキです。しかし、今年中にはメフィスト賞を全部レヴューするのはいよいよ無理だな……(そもそも、あと10冊くらい未読ってのがデカい)。とりあえずメフィスト関連は第20回までレヴューを済ませたら、いい加減、リクエストされて読んだものの放置していたラノベ作品をレヴューしようと思います。ではでは、すぐ次の日に!

●メフィスト賞●
第18回メフィスト賞 受賞作:日曜日の沈黙/石崎幸二
第17回メフィスト賞 受賞作:火蛾/古泉迦十
第16回メフィスト賞 受賞作:ウェディング・ドレス/黒田研二

ライトノベルの点数一覧は⇒こちらへ!
大衆小説の点数一覧は⇒こちらへ!
アーティストの点数一覧は⇒こちらへ!
☆★ 今月のパワープレイ ☆★

2014年10月

#.7 One Word/Mahavishnu Orchestra 【Birds of Fire (1973)】
ジャズのみならず影響と衝撃を与えたジョン・マクラフリン(G.)がリーダーを務めるMahavishnu Orchestraの楽曲のなかでも、個人的に1、2を争う名曲。リズム隊がとにかく格好良い。私はベースの音をブーストして聴いています。ジャズ/フュージョンというより、プログレ的に捉えている。

#.3 Makin' a Mess/Royal Hunt 【Moving Target (1995)】
自分のセンスが根本的に悪いんだと再自覚させてくれた一曲。……ごめんなさい、こういうの格好良く聴こえちゃうんですよぉ!Never ever settle for less!

#.4 ANALOG QUEERN/ICE 【 ICE TRACKS Vol.01 THE BEST OF ICE IN THE PERIOD OF 1993 TO 1998 (1998)】
故・宮内和之のハードロック然としたギターが光る曲。この曲は歌詞が頭のなかに入ってこないと思うが、洒落てるので是非とも読んでみて欲しい。つーか、こういうファッション(≠流行)な歌詞を継いでるのがいねえのがあの界隈の悪いところだと思うわ。

#.1 とまどい (Jet the Phantom)/GLAY 【DRIVE-GLAY complete BEST[Disc1] (2000)】
リリースされた当時は、リターン・トゥ・「Winter,again」くらいにしか思っていなかったが、あれれ?と懐かしさからなのか、それとはまったく関係なく気に入ってしまったのか、自分でもよく解らないがリピートしちゃってるよね。佐久間正英だと思うが、Key.が本当に良い仕事していると思う。

#.7 STAY AWAY/L'Arc〜en〜Ciel 【REAL (2000)】
tetsu(B.)が主役の曲。L'Arc〜en〜Cielはまさに思春期に(チャート的な意味で)直撃したバンドだったが、この曲以降のシングルはよく知らない。以降でリリースされたシングルで何かお薦めの曲ってあるんでしょうかね?

#.1 pray/佐々木ゆう子 【セラフィムコール音楽全集 [Disc 1] (2000)】
巷で云うところのオタクとは断固として一線を画して頂きたい私ではあるが、―――この曲が好き!名曲だと思う!って時点で若干と云わず、かなり引け目を感じざるを得ないんだが、やっぱり名曲だと思う。……理由?知らねえわ、どうせ思い出補正だよ!と思い出したかのように聴いてみたら、そのままリピートし続け、間違いなく今月一番聴き込んでしまった曲。

#.11 となりのトトロ/井上あずみ 【宮崎アニメ The BEST (2004)】
アニソンと云えば、の流れの始まり。しかし、トトロには特段の思い入れはない。

#.1 Fanfare for the Common Man/Emerson, Lake & Palmer 【SPIRIT OF ELP [Disc 2] (2007)】
今月はアニソンとプログレによく触れていたが、その中でELPのこの曲は特に「ハマった」。カール・パーマー(Dr.)が気持ち良くキープしてくれる中盤がツボでした。

#.4 ピース・アンテナ/アンダーグラフ 【UNDER GRAPH (2010)】
個人的にホーンセクションがある曲に弱い。そして、まさにそのホーンセクションが導入されている曲。アンダーグラフのなかでは異色の曲らしいが、彼らは歌メロが面白いよね。精子な歌詞がエロティック。曲調含めて下品過ぎないのが良いね。

#.12 babylon/MAN WITH A MISSION 【Tales of Purefly (2014)】
FACTとどっちが生き残るのか興味深いMAN WITH A MISSION。物語が作れそうな分、彼らのほうが有利なんじゃねえかと思うが、さてはて。この曲はアルバムを〆にかかる6分30秒となかなかに長尺なプログレッシヴなチューン。3分20秒過ぎからアクセル踏んでいくところ、大好きです。

category: 更新情報

[edit]

page top

« 第19回メフィスト賞 受賞作:煙か土か食い物 Smoke,Soil,or Sacrifices/舞城王太郎  |  第18回メフィスト賞 受賞作:日曜日の沈黙/石崎幸二 »

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://medeski02.blog95.fc2.com/tb.php/1025-aca28286
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
page top