ナマクラ!Reviews

05/1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30./07

第4回GA文庫大賞 大賞:ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか/大森藤ノ

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか
プロローグ 「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか」
1.世界と現実と憧憬
2.だから僕は走る
3.覚醒前夜
4.だからボクは力になりたい
5.女神のイタズラ
6.バンプ・オブ・チキン!
エピローグ 「ファミリア・ミィス」

answer.――― 77 点
GA文庫大賞《大賞》受賞のみならず、目下、『このライトノベルがすごい(2014年版)』で3位、第3回ラノベ好き書店員大賞で1位と支持を受け、15年の春には(……ここが攻め時!)とばかりにアニメ化!と、GA文庫自前の《エース》として台頭してきた本作『ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか』。その概要は、迷宮都市オラリオで駆け出しの少年冒険者ベルが高名な女性冒険者アイズに一目惚れし、彼女に釣り合う冒険者になるべく迷宮攻略に勤しむ、というもの。昨今の俺TUEEEE!に辟易している人にとっては舌打ちする他ない、捻りの効いた俺TUEEEE!作品で、それというのもこの主人公、……「挫折する」のである。そう、本シリーズを追っている読み手の心を一手に掴んだのは、まず間違いなく嘲笑浴びせられ、言い返すことも出来ずにダンジョンへと向こう見ずに飛び込む「挫折」場面だろう。「喜」「怒」「哀」「楽」―――感情表現の中核と言えるこれらは、どれも作中の登場人物たちが発露してみれば関心を引く場面となるが、「哀」からの「怒」は兎角、《鉄板》である。そこには《変身》があり、《爆発》がある。そこに《間違いは無い》のだ。逆に言えば、書き手のある種の「底」が量れる感情移行なのだが、大森藤ノは「怒り」とそれに端を発する(意識の)「フェードアウト」、この妙を心得て実にしたたかに演出。感情移行の成功例として一読の価値があるだろう。もっともそんなピークな場面を経て、牛歩な紆余を消化すると結局、俺TUEEEE!(予約済み)となる設定が貼りつけられるのだが、……それの何が悪い?という話。ライトノベル(笑)と安易に見下げられない文章力、大きなオッパイ揺らすロリ女神様と同棲中など、実務と接待に抜かりはない。成熟された俺TUEEEE!ライトノベル。「稼ぎ」終わったら、著者の単刊作品を読んでみたいね。どんな作品を書くのか興味があるわ。

第4回GA文庫大賞 大賞:ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか/大森藤ノ

category: あ行の作家

tag: GA文庫大賞大賞 OPEN 70点 大森藤ノ ラノベ好き書店員大賞

[edit]

page top

« 2012年10月のレヴュー更新(まとめ)  |  2012年09月のレヴュー更新(まとめ) »

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://medeski02.blog95.fc2.com/tb.php/1059-34235f3b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
page top