ナマクラ!Reviews

05/1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30./07

Standing on the Shoulder of Giants/Oasis (2000)

Standing on the Shoulder of Giants
1. Fuckin' in the Bushes
2. Go Let It Out
3. Who Feels Love?
4. Put Yer Money Where Yer Mouth Is
5. Little James
6. Gas Panic!
7. Where Did It All Go Wrong?
8. Sunday Morning Call
9. I Can See a Liar
10. Roll It Over

Price Check.――― ¥ 150

高校時代、洋楽にかぶれ、ヘッドバンギングに勤しんでいた私だが、メタルが《ダサい音楽》だと言うことは周囲の反応から若干察していたものの、まだまだ現実を受け入れず、超Coolだぜ!hail!!と日々を過ごしていた。が、無意識下で防衛本能が働いたのか、メタル以外の音楽にも精通しておこうと、―――メタルは買うモノ、それ以外は借りるモノ!という方針を定め、友人/知人/TUTAYAのお世話になっていった。そんな私にとって、初めてのOasisが本作。リリース当時流行していたエレクトロニカを推し出した作風で、ややと言わず、Oasisのディスコグラフィでも異彩を放つ実験的なアルバムなのだが、初めて聴く身からしてみればそんなことは解るはずもない。ふわふわと浮遊感を得るロック(要するに、サイケデリック・ロック)に、……趣味じゃねえな!と切って捨てた記憶が残っている。それでも、ドラムループ、サンプリング、メロトロンなどエレクトロニカな本作を象徴するリードシングル②は新機軸にもかかわらず、OasisらしいOasisと言える一曲で耳を惹いた。インド色豊かなジョージ・ハリスンな③、これぞサイケデリック!な⑥も面白い。1st&2ndに憑りつかれていた当時のファンは前作に引き続き「……コレじゃない」と首を振ったが、改めて聴いてみると新しい発見があってスルメなアルバムだと解る。個人的に、改めて聴き直してみるとインストゥルメンタル①が意外なまでに攻撃的(ドラムがOasisとは思えない抜けの良さ)で気に入りました。「弟」リアム(Vo.)が初めて作詞作曲を手掛けた⑤も特記事項と云えば特記事項。

Standing on the Shoulder of Giants/Oasis (2000)

category: O-U

tag: MUSIC 250円

[edit]

page top

« 第8回本屋大賞 1位:謎解きはディナーのあとで/東川篤哉  |  Be Here Now/Oasis (1997) »

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://medeski02.blog95.fc2.com/tb.php/1062-4fc58ce5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
page top