ナマクラ!Reviews

04/1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31./06

2015年2月のレヴュー更新(まとめ)

これは完全にブログを止めるな……と思っていたが、よくぞ更新した、俺!と己を称えたくなった2月。記事数こそ4つだが、よくよく考えてみれば、先月の2倍!3月は法則を信じれば8つくらい更新するんじゃねえか!?と安易に思っていると、危ないので慎もうと思う。個人的にはライトノベルのレヴューを消化したいんだが、メフィスト賞も再開したいところ。レヴューのパターンが同じなのがつまんなかったのよね。余談ですが、山本周五郎賞の受賞作を全部読破出来ました。次は、吉川英治文学新人賞と星雲賞に狙いを定めているところ。

●GA文庫大賞●
第4回GA文庫大賞 大賞:ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか/大森藤ノ

●ラノベ好き書店員大賞●
第3回ラノベ好き書店員大賞 2位:ナイツ&マジック 1/天酒之瓢
第3回ラノベ好き書店員大賞 4位:灰と幻想のグリムガル level.1 ささやき、詠唱、祈り、目覚めよ /十文字青
第3回ラノベ好き書店員大賞 3位:グランクレスト戦記 1 虹の魔女シルーカ/水野良

ライトノベルの点数一覧は⇒こちらへ!
大衆小説の点数一覧は⇒こちらへ!
アーティストの点数一覧は⇒こちらへ!
☆★ 今月のパワープレイ ☆★

2015年2月

#.1 FAKE STAR/黒夢 【1997.10.31 LIVE AT 新宿LOFT (1998)】
ライヴアルバムを「結局」、よく聴くようになって幾星霜。今月は懐かしの黒夢を手に取ってみたが、―――本当にライヴか?と疑いたくなるような清春(Vo.)のパフォーマンスが良いんだか、悪いんだか分からないが、とりあえず声がよく出ている。人時のベース目当てにリピートしました。

#.2 君、微笑んだ夜/elika 【「快傑蒸気探偵団」 ヴォーカルアルバム White (1998)】
疲れているのか知らんが、そういう虚脱な日々が続くとアニメとかノスタルジーに浸れる曲を聴くようになるよね。アニメ「快傑蒸気探偵団」にはさして興味が無かったが、OPだった「君、微笑んだ夜」は好きだった。汽車を意識してるだろうギターワークがツボでした。

#.12  ロタティオン(LOTUS-2)/平沢進 【千年女優 オリジナルサウンドトラック (2002)】
平沢進にハマったのはアニメ映画『千年女優』のこのテーマ曲からだった。《パラレルに行く星の今を隠喩のように映す》って歌詞、素敵だよね。隠喩のように映す、とか意味が通りそうで通らない感じに奥ゆかしさを感じるわ。定期的に聴く平沢進史上(個人的に)屈指の名曲。

#.7 未来への咆哮/JAM Project  【Olympia 〜JAM Project BEST COLLECTION IV〜 (2006)】
完全に『ドラゴンボールZ たったひとりの最終決戦〜フリーザに挑んだZ戦士 孫悟空の父〜』 と『ドラゴンボールZ 絶望への反抗!!残された超戦士・悟飯とトランクス』を合わせた例の動画サイトのMADから好きになった曲です。オーケストラル・ヒットからの《立ち上がれ 気高く舞え 天命を受けた戦士よ》の歌詞とともに、悟飯が片腕で人造人間たちを一瞬押し込むところがフラッシュバックしてにいつも感動してます。

#.12 千本桜/和楽器バンド 【ボカロ三昧 (2014)】
今月は《三千世界》がキーワードの月だった。正直、「千本桜」にはさして何も思い入れはなかったんだが(というよりも、ボカロに対して否定的。作曲「手段」としては素晴らしいと思うが、音楽の一度でも常道になったら戻れなくなると思う)、繰り返し聴いているうちに《面白い》と思えた。これ、敗北敗者の歌なんだな、と。それを勝利勝者の歌と捉えている人が多いのが日本人的で、成る程、素敵でした。

category: 更新情報

[edit]

page top

« 第6回スニーカー大賞 金賞:戦略拠点32098 楽園/長谷敏司  |  LAST DANCE/BLANKEY JET CITY (2000) »

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://medeski02.blog95.fc2.com/tb.php/1063-6918bbe5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
page top