ナマクラ!Reviews

04/1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31./06

第6回スニーカー大賞 金賞:戦略拠点32098 楽園/長谷敏司

戦略拠点32098 楽園
Ⅰ.楽園
Ⅱ.合金


answer.――― 71 点
先ごろ、『My Humanity』で第35回日本SF大賞を受賞した長谷敏司のデビュー作。その概要は、一千年にも及ぶ星間戦争のなか、とある惑星は戦火を何故か免れ、少女と一人のロボットが暮らしていたが、一人の兵士が調査に現れて―――というもの。本作がこのスニーカー大賞《金賞》を受賞した故に長谷敏司はライトノベル作家と認知されているわけだが、以降の作品でノミネートを重ね、そして、ついに日本SF大賞なんて肩書きを手にした事実が示すように、SF作家とカテゴライズしても語弊の生じない《世界観を提示出来る》(作中世界を作品のエンターテイメントの核に出来る)作家性があり、それはデビュー作でもある本作にもしっかりと刻まれている。1章「楽園」における牧歌的な描写につきまとう《違和感》はその証左に挙げられるだろう。もっとも、「命令に従うのは、兵士として正しい。だが、結局、機械と同じ答えを出すなら、回答をためらわせる感情は、『誤差』ではないか?」とは少女に付き従うロボットの台詞だが、ここに象徴されるように、戦火を免れる惑星の事情を除けば、「戦争」「ロボット」「感情」……という要素から察せられるストーリーがオーソドックスに展開。そうして、HappyともBadともつかない、Bitterな着地に手堅さを感じつつ……と不満を匂わせたものの、ライトノベルはTeenが読むものなので「動」的イベントの少なさに難こそあれ、“ここではない、どこか……”な終末を感じさせるに必要十分。埋もれているならば、掘り起こしても損のない良作です。

第6回スニーカー大賞 金賞:戦略拠点32098 楽園/長谷敏司

category: は行の作家

tag: スニーカー大賞優秀賞 OPEN 70点 長谷敏司

[edit]

page top

« 2015年3月のレヴュー更新(まとめ)  |  2015年2月のレヴュー更新(まとめ) »

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://medeski02.blog95.fc2.com/tb.php/1071-c96d6c45
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
page top