ナマクラ!Reviews

04/1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31./06

Definitely Maybe/Oasis (1994)

Definitely Maybe
1. Rock 'n' Roll Star
2. Shakermaker
3. Live Forever
4. Up In The Sky
5. Columbia
6. Supersonic
7. Bring It On Down
8. Cigarettes & Alcohol
9. Digsy's Diner
10. Slide Away
11. Married With Children

Price Check.――― ¥ 650

大英帝国の至宝Oasisの衝撃の1stアルバム。本作(に限らず、Oasis)に関しての言及は諸所で語り尽されているだろうから、ごく個人的なことを述べさせて貰えば、メイン・ソングライターであるノエル・ギャラガ-(G.&Vo.)の、バンドのクラシック①「Rock 'n' Roll Star」(そして、⑧「Cigarettes & Alcohol」)に対しての言及―――「俺が書きたいことは全て、この曲に書いた」は、今でも曲そのものよりも面白く響く。続く彼の言葉は「誰か歌詞を書いてくれ」なわけだが、ここから抱く疑問は《人間》に繋がっていくように思えて、一つのキッカケとしてアーティストのインタヴューを読む習慣が身に着いた。自意識過剰なロックスターたちのインタヴューは実に興味深く、読んでみれば誰も彼もが自分が(そして、自分が手掛けた曲が)如何に特別なのかをアピールするが故に、「逆に」、彼らがよくいる者であり、彼らの曲はよくある曲であることを証明してしまう不可思議なリアリティを目の当たりに。何が本物で、何が偽物なのかを見分けることは難しいことではあるが、謙遜とは違う、己を唾棄する言葉にもある種の真実を見い出せることが解った。Maybe……!と第一声でエバーグリーンに輝かせる代表曲③、ドラムのイントロが病みつきになる⑥、「ご先祖」ポール・マッカートニーもお気に入りらしい⑩など、1stにして完成されたイギリスの90年代を代表する名盤。ところで邦題が『オアシス』のために、原題『Definitely Maybe』が目に耳に馴染むまで時間が掛かったのはきっと俺だけではないと思う。

Definitely Maybe/Oasis (1994)

category: O-U

tag: MUSIC 750円 代表作

[edit]

page top

« (What's the Story) Morning Glory?/Oasis (1995)  |  第10回本屋大賞 8位:世界から猫が消えたなら/川村元気 »

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://medeski02.blog95.fc2.com/tb.php/1078-bc63944e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
page top