ナマクラ!Reviews

04/1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31./06

第9回本屋大賞 1位:舟を編む/三浦しをん

舟を編む
(あらすじ)
玄武書房に勤める馬締光也は営業部では変人として持て余されていたが、新しい辞書『大渡海』編纂メンバーとして辞書編集部に迎えられる。個性的な面々の中で、馬締は辞書の世界に没頭する。言葉という絆を得て、彼らの人生が優しく編み上げられていく。しかし、問題が山積みの辞書編集部。果たして『大渡海』は完成するのか──。言葉への敬意、不完全な人間たちへの愛おしさを謳いあげる三浦しをんの最新長編小説。

answer.――― 74 点
この通り、本屋大賞の第1位に輝いたこともあり、三浦しをんの作品のなかでおそらく一、二の知名度を持つだろう本作は、揺りかごから学校、会社、棺桶に入るまでの大多数の人生で、まずおいそれと関わることのない「辞書」作りに焦点を当てた作品。著者の作風のひとつとして、箱根駅伝を扱った『風が強く吹いている』や林業を扱った『神去なあなあ日常』のように、比較的取り上げられない、マイナーな題材をセールスポイントとして押し出してくることがあるが、その観点から云えば、『図書館戦争』や『県庁おもてなし課』といった隙間を突いてくる有川浩も同系統の作家と云えると思う。が、―――三浦しをんはモノ(文章力)が違う。辞書、という「言葉」が主役となる題材においても、三浦しをんの筆は「格」負けすることなく、辞書の「ルール」、辞書編集者の「職業癖」を小難しくも堅苦しくもせず、ユーモアに調理して紹介。そうして、天然な主人公を操り、気の遠くなる辞書編集の労苦を見事に描いている!と絶賛したいところだが、残念ながら本作、構成の粗が目立つ出来となっている。序盤に主人公の童貞を早々に喪失させ、意中の女性とカップリングを成立させてしまった下策を始め、「脇役」西岡をささっと退場させる中盤、(意図は理解出来るとはいえ)時間を十数年と飛ばす終盤の演出は「下手」と見做されても仕方がないだろう。「退職間際の編集者が自分の後継者を見つける」という物語の始まり、「辞書の制作に人生を費やした学者の穏やかな最期」という物語の着地は自然に思えるので、これは主人公の造形ミスだと思う。もっと童貞として長く活躍すべきだった。三浦しをんの《代表作》として読むにはいさかか勿体無い「欠陥」作品。三浦しをんを未読の方は、本作は後回しにして良い。

第9回本屋大賞 1位:舟を編む/三浦しをん

category: ま行の作家

tag: OPEN 70点 三浦しをん

[edit]

page top

« 第9回本屋大賞 6位:ユリゴコロ/沼田まほかる  |  第9回本屋大賞 5位:人質の朗読会/小川洋子 »

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://medeski02.blog95.fc2.com/tb.php/1091-8c335282
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
page top