ナマクラ!Reviews

04/1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31./06

第9回本屋大賞 4位:くちびるに歌を/中田永一

くちびるに歌を (199x290)
(あらすじ)
長崎県・五島列島のとある島の中学校。合唱部顧問の松山ハルコは産休に入るため、代わって松山の中学時代の同級生、「元神童で自称ニート」の臨時教員・柏木ユリに、1年間の期限付きで合唱部の指導を依頼する。

answer.――― 70 点
00年代前半の主役の一人、ライトノベル界の三大犯罪者「この名前は捨てたんだ……」乙一による、中田永一名義の青春小説。離島を舞台に、いざ征かん!NHK全国学校音楽コンクール!!というライトノベル畑で生まれ育った著者らしい隙間を突いてくる題材だが、いざ読んでみれば「合唱コンクール」自体はあくまで添え物な青春小説らしい惚れた腫れたが中心のストーリー。あらすじや内容紹介で謳われる、新たに赴任してくる「元神童で自称ニート」の臨時教員・柏木ユリの存在感は希薄で、本作の事実上の主人公は例によって内向的な性格で、これまた例によって自閉症の兄を持つという世間にひた隠す《ハンデ》持ちの桑原サトル。彼のコミカルで、時にセンチメンタルな心持ち、塞翁が馬なアクシデントを「外」から眺めるのが本作のエンターテイメントとなっている。正味な話、世に溢れ返る作品のなかで本作をあえて薦めたくなる突き抜けた面白味は皆無だが、それでも、作中のハイライトに挙げられるだろう合唱コンクール直前の抜け出し、名誉の負傷の件は序盤&中盤の平坦な展開を盛り返しにかかるベテラン作家としての手腕。兄への《合唱》を含め読後感は悪くない。ただ、期待し過ぎれば肩透かし、新人作家の作品ならばお先が知れる平均的な作品には違いない。

第9回本屋大賞 4位:くちびるに歌を/中田永一

category: あ行の作家

tag: OPEN 70点 三大犯罪者 乙一 本屋大賞

[edit]

page top

« 第6回本屋大賞 7位:出星前夜/飯嶋和一  |  第9回本屋大賞 3位:ピエタ/大島真寿美 »

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://medeski02.blog95.fc2.com/tb.php/1100-a61ee5fe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
page top