ナマクラ!Reviews

02/1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31./03

第6回山本周五郎賞 受賞作:火車/宮部みゆき

火車
(あらすじ)
休職中の刑事、本間俊介は遠縁の男性に頼まれて彼の婚約者、関根彰子の行方を捜すことになった。自らの意思で失踪、しかも徹底的に足取りを消して―なぜ彰子はそこまでして自分の存在を消さねばならなかったのか?いったい彼女は何者なのか?謎を解く鍵は、カード会社の犠牲ともいうべき自己破産者の凄惨な人生に隠されていた。

answer.――― 85 点
東野圭吾と宮部みゆき……大衆小説と言えば、一時、この二人が担っていたと思うが、より(早く)「幅」広い支持を受けたのは後者、宮部みゆきだったと思う。その「幅」とはF1やM1といった年齢を区切りにした層の広さではなく、お茶の間からいわゆるインテリゲンチャ、知識層までの偏差値の垣根が取り払われた「幅」だ。クレジットカードの作成から露見した「自己破産の過去」、婚約者の謎の失踪から暴かれていくミステリー。出版当時の時勢を掴み、消費者金融のあり方を問うた本作『火車』大衆小説でありながら文学の専売特許、《人間》に迫った一作!と謳うにはいささか大げさながら、「最後の一行に犯人が出てくる小説」なんて着想からその完遂故に必然的に生じる、他者たちが語る様々な角度からの一人の人物像には、進行していく物語とともに暗い井戸の底を覗き込むように引かれていく。そうして、何者なのか?と探るうちに辿り着いた不動産屋・倉田康二が語る離婚の理由は、誰しも納得の作中の裏ハイライト。宮部みゆきがインテリゲンチャたちに「昨今の文学作品よりも……」と以降、評価されていく手腕が伺える。そんなお茶の間受けに留まらない部分もあり、賞創設20周年を記念して催された「このミステリーがすごい!」ベスト・オブ・ベストでは見事に第1位に輝き、時代を跨いだ娯楽の傑作として認定。多作の氏のなかでも代表作に挙げられる一作となっているので、未読の方は読んで損ということはないでしょう。個人的にも冗長な場面が散見される『模倣犯』よりもコンパクトで、よほど質の高さを感じられました。

第6回山本周五郎賞 受賞作:火車/宮部みゆき

category: ま行の作家

tag: OPEN 80点 宮部みゆき 山本周五郎賞

[edit]

page top

« 第7回山本周五郎賞 受賞作:一九三四年冬 - 乱歩/久世光彦  |  小説新潮長編小説新人賞受賞作一覧 »

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://medeski02.blog95.fc2.com/tb.php/1139-24f1a160
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
page top