ナマクラ!Reviews

03/1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30./05

第8回スニーカー大賞 大賞:涼宮ハルヒの憂鬱/谷川流

涼宮
1.プロローグ
2.第一章
3.第二章
4.第三章
5.第四章
6.第五章
7.第六章
etc...

answer.――― 68 点

5年ぶりのスニーカー大賞受賞作!優秀賞、奨励賞、他は該当作無し!著者は本作と電撃文庫『学校を出よう!Escape from The School』を合わせた同時文庫デビュー!と、ここまでお膳立てされると、完全な出来レースとしか思えないが、―――売れた。売れに売れてしまった。紐解けば、電撃文庫の物量作戦による一人勝ちが目立ち始め、スニーカー文庫お得意の本格ファンタジー路線に限界が訪れた頃。連日、……欲しいよ、「萌え」作品!と上層部の金の亡者な声こそ上がるが、やはり願いは天に届かず、「萌え」と呼ばれる作品はすべて電撃文庫へ。そうして、いつまで待っても現れない神の見えざる手に痺れを切らし、とうとう社運を賭けてロットアップ(←アダルト用語)されたのがこの人工ライト萌えル『涼宮ハルヒの憂鬱』である。その表紙、イラストを手掛けるのは、今や大御所いとうのいぢ。剣道三倍段になぞらえて、のいぢ千倍段(=のいぢが描くと千倍売れる)が唱えられていると知ったときには、鼻から牛乳を零さんばかりに吹いた覚えがある。のいぢ千倍段、のいぢが描いたら千倍売れる、言い得て妙とはこの事だ。本作ほどメディアミックスが成功したライトノベルは無いだろう。出版社が本気で売ろうとすれば必ず売れる、それを理解する上で貴重な資料と云える。昨今、ライトノベルなどサブ・カルチャーの研究に注目が集まっているが、本作もまず間違いなくその研究対象に数えられているので学術的にも読んでおいて損は無い。その際、気をつけて頂きたいのは、おそらく冒頭からしばらく生理的に受けつけられないだろう文章。そして、著者も好き好んでそんな主人公キョンになり切っている訳ではないということである。あ、点数ですが、学術的価値を評価しての配点です。

第8回スニーカー大賞 大賞:涼宮ハルヒの憂鬱/谷川流

category: た行の作家

tag: スニーカー大賞大賞 OPEN 60点 谷川流 いとうのいぢ

[edit]

page top

« 第9回スニーカー大賞 奨励賞:憐 Ren 刻のナイフと空色のミライ/水口敬文  |  第7回スニーカー大賞 奨励賞:されど罪人は竜と踊る/浅井ラボ »

コメント

こんばんは。
きましたねハルヒ。

「のいぢ千倍段」ですか(笑)
初耳ですが、あるんですね~やっぱり。
ラノベはそれだけジャケ買い購入者が多いということでしょうか。

毎回それなりに楽しませてくれますが
やはり1作目に一番勢いがあったな
と言うのが正直な感想。

ザ・スニーカーが休刊し
それでも発売予定の新刊は1位を獲得

このままの勢いで走り続ける事ができるのかどうか
気になるところです。

まぁ
「のいぢ千倍段」という援護があるのならば
しばらくは安泰なのかもしれませんが(爆)

一刻 #- | URL | 2011/02/27 20:04 | edit

Re:

>「のいぢ千倍段」
実際、流行っていないとは思うんですが、適格過ぎて僕の周りで取り上げられていました。小説なんだから挿し絵なんて関係ないと言いたいところですが、まあ、そんなワケもなく……特にライトノベルはすべてを「決める」気がしてなりません。

>やはり1作目に一番勢いがあったな
終始、ハルヒとキョンに拒否反応が出てしまい、僕はダメでした。が、終盤のあたりにはその拒否反応にも慣れてしまうのが、自分でも恐ろしかったですね。

Medeski #- | URL | 2011/02/28 03:13 | edit

Medeskiさん

お疲れ様です☆

何と言う・・・、大人で辛口で業界をも見据える書評記事( ゚Д゚)ポカーン
ほんと人の嗜好って面白いですね(笑

私のもっとも好きなラノベの一つを、
スマート理論派な感じで切りつけてくれましたね!
ΣΣ┏(_□_:)┓!!!

Medeskiさんは、ハルヒやキョンのことを生理的に受け付けないかもしれませんが、
彼女達は、Medeskiさんのこと嫌いじゃないと思いますよ。(^_-)-☆

評価参考になりました。

失礼します(*- -)(*_ _)ペコ

nagisa #- | URL | 2011/04/10 22:56 | edit

Re: nagisa

本当にこの小説は人を選びますよね。自分は無理でしたが、OKという人(ほとんどアニメを観てからの人でしたが)ももちろんいました。アニメに関して言えば、私も良く出来ているなーとは思っているんですが、小説のほうは内容的にもダメでした。

私の好きなレヴューサイトさんたちはほとんど好意的なので、私の読み方が少し斜に構え過ぎなンだろうとも思います。

ちなみに、この記事は個人的に「人工ライト萌えル」という単語を出せたことが気に入っています。

Medeski #- | URL | 2011/04/11 01:06 | edit

こんにちは。偶然見つけたこのサイト、書評が適確&面白いため、文字が小さくてもいくらでも読む事が出来ます。で、後学にハルヒを買ったんですが、よくこんな物が売れたなあと驚き呆れました。どこのサイトでも好評価の嵐だったので、68点という評価を見てほっとした次第です。やはり「ハルヒ」が流行ったのは原作が面白いからではなく、アニメの影響が大きかったんでしょう(そのアニメも自分は全然面白くなかった訳ですが)。

カゲフミ #/5QaiToM | URL | 2015/08/31 13:09 | edit

Re: カゲフミ

コメント、有難うございます!

> こんにちは。偶然見つけたこのサイト、書評が適確&面白いため、文字が小さくてもいくらでも読む事が出来ます。

ウヒョー!久しぶりにコメントでワッショイされました(笑)地球がまた少し居心地良くなりました、お褒めにあずかり光栄です!

>で、後学にハルヒを買ったんですが、よくこんな物が売れたなあと驚き呆れました。どこのサイトでも好評価の嵐だったので、68点という評価を見てほっとした次第です。やはり「ハルヒ」が流行ったのは原作が面白いからではなく、アニメの影響が大きかったんでしょう(そのアニメも自分は全然面白くなかった訳ですが)。

その昔(それこそ出版間もなく)、あまりに理解出来なかったので複数人の知人友人に読ませた結果、「マジでキモい」の一言で拒まれて(―――ですよね)と放置していたら、アニメ放映、バカ売れ―――おいおい、マジかよ?と改めていつの間にか(深夜)アニメ見るようになった同じ人物たちに読ませたら「……別に面白くはないけど、普通のラノベじゃね?」と意見翻されたのは最悪の思い出のひとつです。お前ら、キモがってたの忘れてんじゃねえよ!

個人的に世紀の凡作だと思いますが、文章に関していえば、最近のライトノベル「やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。」のプロトタイプ(著者がイメージしていたのはおそらく俺ガイル的な文体だったが、筆力足らなくてただのペラ書きになっている。延々とセンスなく行を繋げる)として捉えています。もっとも、一巻を一度(あるいは、二度)しか読んでいないので、……超絶技巧!と称えるたくさんの「俺は文章解ってる!」輩の存在を考えて、当時の私では想像出来なかった《超絶技巧》的文章(すべての文章/場面が古今のSF作品のオマージュに満ち溢れ、繋がっていく)を想定出来たので、SFをちゃんと消化してもう一度読もうと思ってる次第です。実際、読書量が足りないと面白味を理解出来ない小説ってありますからね(インテリじゃないのでそんな楽しみ方は全くしたくありませんが)。

Medeski #- | URL | 2015/09/02 05:29 | edit
page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://medeski02.blog95.fc2.com/tb.php/114-56741e04
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
page top