ナマクラ!Reviews

04/1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31./06

第15回山本周五郎賞 受賞作:パレード/吉田修一

パレード
(あらすじ)
都内の2LDKマンションに暮らは男女四人の若者達。「上辺だけの付き合い?私にはそれくらいが丁度いい」。それぞれが不安や焦燥感を抱えながらも、“本当の自分”を装うことで優しく怠惰に続く共同生活。そこに男娼をするサトルが加わり、徐々に小さな波紋が広がり始め……。

answer.――― 75 点
例によって吉田修一を認知したのは芥川賞受賞作『パーク・ライフ』からだったが、その前に書き下ろした本作がトントン拍子な「流れ」を呼び込んだと見るべきなのだろうから、著者にとって「最初」のブレイク・スルー的作品と云えるだろう。気になるその題材は、今や若者文化の象徴となっている「ルームシェア」。血の繋がりもない「5人」の若者の共同生活に潜む、《暗黙》の歪みを覗く形。先に部屋をシェアしていた「4人」に自称18歳の「5」人目(♂)が紛れ込んでくる序盤、そこから少年の正体を怪しみつつ、部屋に引きこもり続けるニートな美女を中心とした面々の「現在」な中盤は、丁寧に描いているだけに「……まさに」と頁をめくるのも億劫になる惰性な日常。視点切り替えの度、それぞれがそれぞれに対する言葉にしない《思い》を覗くのが醍醐味とはいえ、いささか停滞気味で、そのまま現在を伝える(残す)《純文学》の範疇の作品に終わるかと思えば、―――賛否両論となる終盤の着地は「……まさしく」エンターテイメント。吉田修一が「一」文学作家に終わらないクオリティを目撃することになる。個人的には、「ボルヴィック」という単語を日常で挿してきたところが流行的に映った。これは次作『パーク・ライフ』で「スターバックス」を取り扱った点と同じで、《若者文化》をドキュメントしている。文学作家の一つの「仕事(義務)」よね。

第15回山本周五郎賞 受賞作:パレード/吉田修一

category: や行の作家

tag: OPEN 70点 吉田修一 山本周五郎賞

[edit]

page top

« 第15回山本周五郎賞 受賞作:泳ぐのに、安全でも適切でもありません/江國香織  |  第14回山本周五郎賞 受賞作:白い薔薇の淵まで/中山可穂 »

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://medeski02.blog95.fc2.com/tb.php/1150-529f32b5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
page top