ナマクラ!Reviews

02/1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31./03

第20回山本周五郎賞 受賞作:中庭の出来事/恩田陸

中庭の出来事
(あらすじ)
瀟洒なホテルの中庭で、気鋭の脚本家が謎の死を遂げた。容疑は、パーティ会場で発表予定だった『告白』の主演女優候補三人に掛かる。警察は女優三人に脚本家の変死をめぐる一人芝居『告白』を演じさせようとする――という設定の戯曲『中庭の出来事』を執筆中の劇作家がいて……。

answer.――― 40 点
ジュブナイル小説の金字塔『六番目の小夜子』での鮮烈なデビュー以来、刊行を絶やすことなく業界を第一線でSURVIVEしている恩田陸。しかしながら、その『六番目の小夜子』を含めた多くの作品は、どれも(……何でこうなるかね?)と眉をひそめたくなる急転直下のファンタジーが演出されることでも知られるが、本作はそんな完成度を求めてはいけない作家、恩田陸の本領を悪い意味で発揮した実験作。概要は脚本家の「死」を提示し、そこから現実と《作中作》の虚実/内裏へ読み手を導いていく、というもの。一読しての印象は、中学生が書いたら「凄いなぁ!驚いたよ!」と笑顔で誉め、高校生が書いても「おっ、良いねえ」と微笑ましく称え、大学生が書いたら「……これで評価を受けたら君は駄目になる」と真顔で忠告し、社会人が提出してきたら「……学生気分が抜けてないな」と渋面でたしなめ、プロが提案or提出してきたら「……これ、他人の作品だったら買いますか?大御所になったつもりですか?」と指導する、結論「……ダメだこりゃ!!」な自慰倒錯本。恩田陸、という作家に求められているのは、こんなSpecial Oneを気取った作品ではない。《何でも書ける》はそれこそファンタジーだ。自費で刷れない作品を世に問うてはいけません。作家が勘違いした典型的な駄作なので書き手ならば反面教師に、読み手ならば読むのも時間の無駄なのでまず手を出さないほうが良いでしょう。

第20回山本周五郎賞 受賞作:中庭の出来事/恩田陸

category: あ行の作家

tag: OPEN 40点 恩田陸 山本周五郎賞

[edit]

page top

« 第20回山本周五郎賞 受賞作:夜は短し歩けよ乙女/森見登美彦  |  第19回山本周五郎賞 受賞作:安徳天皇漂海記/宇月原晴明 »

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://medeski02.blog95.fc2.com/tb.php/1157-ea62b66e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
page top