ナマクラ!Reviews

04/1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31./06

第5回ファンタジア大賞 準入選:銃と魔法/川崎康宏

銃と魔法 (205x290)

answer.――― 62 点
ファンタジーが好きなら、あるいは、警察小説やテレビの洋モノ警察ドラマが好きなら、いや、それでなくても、本書はオススメです!とは、富士見ファンタジア文庫編集部の解説でのお墨付きだが、本作は老成したエルフとドワーフをコンビに、逃げ続けるストリートギャングの摘発、その顛末を描く。一読しての印象は、ライトノベルらしきもの。なんてその辺のバールで名状しがたく叩いて出来上がったような作品で、とりあえず、ヒロインがいないのは今現在を知るライトノベラーにとっては(苦笑)となるところだろう。そう、本作に出てくるのは、男、男、男―――もといオッサン、オッサン、オッサンである。むさ苦しいことこの上ない配役ながら、上述で編集部が《洋モノ警察ドラマ》と引いてきたのは口笛吹きたくなる気の利いた台詞のやり取りから。「お前もロマンより将来のこと考えたほうがいいぜ。いい年なんだからよ」「俺の場合いい年ってのが何十年も続くんだよ」と一度始まれば、小気味良く続く。中盤半ばで亜人権反対運動などといった作品世界の紹介を唐突に放り込んでくるが、これをストーリーに着地させる辺りも巧みだ。がしかし、「誰に読ませたいのか解らない」ライトノベルらしきもの。のため、著者の手腕に感心する部分はあれど、現在のライトノベラーにはまず《面白い》とは薦められないでしょう。

第5回ファンタジア大賞 準入選:銃と魔法/川崎康宏

category: か行の作家

tag: ファンタジア大賞準入選(金賞) OPEN 60点 川崎康宏

[edit]

page top

« 第6回ファンタジア大賞 佳作:海賊船ガルフストリーム/なつみどり  |  第25回山本周五郎賞 受賞作:楽園のカンヴァス/原田マハ »

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://medeski02.blog95.fc2.com/tb.php/1164-7019989e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
page top