ナマクラ!Reviews

03/1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30./05

このライトノベルがすごい!(2014年版) 7位:東京レイヴンズ 1 SHAMAN*CLAN/あざの耕平

東京レイヴンズ (205x290)
(あらすじ)
東京を中心に霊的災害“霊災"が多発するようになった現代。名門・土御門家の血を引きながらも霊的才能に見放された春虎の前に土御門家次代当主であり幼なじみの夏目がやってきて!?

answer.――― 68 点
凋落していった富士見ファンタジア文庫を支えた『BLACK BLOOD BROTHERS』に幕を下ろし、斜陽のレーベルの新たな屋台骨となるべく「学園陰×陽ファンタジー」というテーマの下、あざの耕平が着工した長期シリーズの第1作目。さて、個人的に《陰陽師》という目垢/手垢のついた題材をどうアレンジしてくるのか気になるところだったが、「学園」「警察」「陰陽師」「東京」といった外殻、そこに「幼馴染」「約束」「凡才」「天才」といったパーソナルな要素を絡めて展開する―――有り体に云えば、(……どこかで見たことあるような?)という「王道」そのものな作品で、特に言及するほどのアレンジが無かったのは残念と言えば残念。もっとも、実は一途に想っています、堂々と嫉妬しています!の主人公周り、バトル&バトルの派手なア(トラ)クション、頁をめくれば判明してくる宿命的な陰謀……!という何のてらいのない「王道」は、持ち前の語彙&構成力で手堅く飾られている。「王道」は、小説ならば《文章力》がその質に差をつける。その意味で、本作は「王道」作品として十分に及第点を与えられるだろう。ただ、やはり欲を言えば、作中でたとえば裁判を起こすような《陰陽師》とはかけ離れたサプライズを起こして欲しかった。作品としての出来はともかく、他の作品を差し置いて推したくなる作品ではない。

このライトノベルがすごい!(2014年版) 7位:東京レイヴンズ 1 SHAMAN*CLAN/あざの耕平

category: あ行の作家

tag: OPEN 70点 あざの耕平 このライトノベルがすごい!

[edit]

page top

« このライトノベルがすごい!(2014年版) 2位:ねじ巻き精霊戦記 天鏡のアルデラミン/宇野朴人  |  2016年1月のレヴュー更新(まとめ) »

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://medeski02.blog95.fc2.com/tb.php/1195-14730082
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
page top