ナマクラ!Reviews

05/1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30./07

第2回ラノベ好き書店員大賞 1位:マグダラで眠れ/支倉凍砂

マグダラで眠れ (204x290)
(あらすじ)
錬金術師クースラは、昔なじみの錬金術師ウェランドと共に戦争の前線の町グルベッティの工房に送られることになる。グルベッティの町で、クースラたちは前任の錬金術師が謎の死を遂げたことを知る。そして辿り着いた工房では、白い修道女フェネシスが二人を待ち受けていた。

answer.――― 67 点
作家という生き物は本来的に傲慢であり、ある程度のセールスを伴うキャリアを積むと、―――己は何でも書ける!と万能ぶる。とは、森見登美彦の意欲作『ペンギンハイウェイ』のレヴューでの一文だが、その一文をそっくりそのまま貼りつけたくなる本作は、電撃文庫の00年代のドル箱『狼と香辛料』の著者・支倉凍砂が手掛けた下卑た野心丸出しの新シリーズ。そのストーリーラインは、社会不適合な錬金術師が己の夢を追う、というもの。主人公の倫理外れる思考/行動の抑制として、敬虔な修道女をヒロインに配しているのが今後のファンタジーを招く主だった仕掛け。前作で《経済》を題材にライトノベルに新風を吹かせた著者だが、本作では《錬金術》という一種の魔法に時に化学な裏付けをしつつ、中世当時の常識を披露するなど、変わらずライトノベルらしからぬ作風を貫いている。が、「……で、これ、誰に読ませたいの?」と首を傾げたくなるのが、正味な感想。性悪な錬金術師が修道少女を小馬鹿にし、心内では冷笑気味に世間&世界を説き、危機が起これば淡々と処理していく。そもそも、ほぼ何も起こらないまま(物語が見えないまま)、中盤へと進んでいくのは眉をひそめたくなる構成難。《錬金術》に対して頁の消費量が明らかに多過ぎる。しかし、だからこそダイレクトに伝わるのが「俺を見ろ!」という著者の自己主張だろう。「いいか、錬金術ってのはなー!」という御高説である。著者は見誤っている。『狼と香辛料』が多くの支持を集めたのは、《ホロが可愛かった》ことに尽きる。それが大前提にあってこそ、《経済》を題材にした物珍しさがクローズアップされたのであって、その逆ではない。本作のどこにそんな大前提を見い出せばいいのか。修道女に耳生やすなら出会ってすぐに生やせや!『狼と香辛料』が何で売れたのか、著者本人も実は解かっていなかった事実を露呈してしまった一作。人は成功すると化けの皮が剥がれる、……全ては慢心からだ。何でも書けるなんて幻想なのである。書けてしまう場合は、そこまで売れるものは作れない。

第2回ラノベ好き書店員大賞 1位:マグダラで眠れ/支倉凍砂

category: は行の作家

tag: OPEN 60点 支倉凍砂 ラノベ好き書店員大賞

[edit]

page top

« 2016年2月のレヴュー更新(まとめ)  |  このライトノベルがすごい!(2014年版) 2位:ねじ巻き精霊戦記 天鏡のアルデラミン/宇野朴人 »

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://medeski02.blog95.fc2.com/tb.php/1196-706069bd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
page top