ナマクラ!Reviews

03/1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30./05

第11回本屋大賞 7位:ランチのアッコちゃん/柚木麻子

ランチのアッコちゃん (206x290)
1.ランチのアッコちゃん
2.夜食のアッコちゃん
3.夜の大捜査先生
4.ゆとりのビアガーデン

answer.――― 79 点
いざプレイヤーの側に回れば才能の多寡なんてものはさして重要なものでもないが、自覚する意味では己の才能の多寡は「正確に」把握していなければいけないと思う。こと文章においては、作品を重ねていくと―――致し方のない妥協から、あるいは勝手に掲げた大義名分から、最悪の場合、単なる勘違いに因る油断から鍍金が剥がれていく。剥がれ始めた時期は、速筆な剥き出しの文章(力)を楽しめる風情もあるが、そこから先は転落しかない。一度、落ちた文章力はまず戻らない……多くの作家がその時々、現時点での自分の基準で「巧拙」を決めているからだ。「巧拙」は、何も知らなかった、過去の自分に量らせるのが一番正しい。なお、以上はあくまで《職業》として成り立っている作家に当てはめた話です。さて、本作は目下、日の出の勢いで駆け上がっている柚木麻子の本屋大賞「初」ランクイン作。四編の連作短編で、始まりの表題作は、冴えない派遣社員の智子がキャリアウーマンな上司・黒川敦子の「私と、ランチを取り替えっこしましょう」という提案から、彼女が界隈で「アッコちゃん」と呼ばれる顔を知り、……というギャップ解明もの。そんな智子視点の前半二編は「アッコちゃん」が主要登場人物となっているが、後半の二編では「アッコちゃん」はモブ的出演となっている。柚木麻子というと“イタい”作風のイメージがあったが、本作ではそんなスパイスも垣間見えるものの、基本的には「らしくない」ハートフルなエンディングを迎える。それらを綴る筆もどこか肩の力の抜けたリラックスしたもので、効率重視の「連載」使用なのが伺えるが、それ故に読みやすくもある。作中のハイライトは、性善説を大々的に持ち込んだ4章「ゆとりのビアガーデン」を挙げたい。筆に矜持持つ作家は、概して「効率」重視で仕上げた作品に対して後ろめたさを感じ、必ず己への「贖罪」な場面、物語を用意する。足らずのヒロイン「佐々木玲実」の逆転に次ぐ逆転な発想によるハッピーエンドは、“斜陽”な視点人物・豊田雅之の対比を含め、練り込まれた上等な一編。世の中、そんな上手く廻る世界ではないが、しかし、そうであって欲しいと信じたくなるこの短編は、“アッコちゃん”を差し置く著者の矜持を感じる。何にせよ、期待しないで読むと、お得!な良質な連作短編でした。

第11回本屋大賞 7位:ランチのアッコちゃん/柚木麻子

category: や行の作家

tag: OPEN 70点 柚木麻子 本屋大賞

[edit]

page top

« 第11回本屋大賞 2位:昨夜のカレー、明日のパン/木皿泉  |  第11回本屋大賞 8位:想像ラジオ/いとうせいこう »

コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

# |  | 2016/05/06 04:11 | edit

Re: 諸事情で名前は伏せておきます(大した理由でもないんだが、気になるならDMでも頂戴な。

コメント、有難うございます!返信遅くなって申し訳ございません!

> 鍍金が剥がれる、凄い表現ですね……。パフォーマーが毎回入らなければいけないモードを見失うという感じでしょうか。

ニュアンスとしてそんなところですね。これの恐いところは、サボっていることを本人が自覚出来ていないことです。理由は様ざまですが、共通項として「成功(そのレベルは人それぞれ)」したと勘違いしてるのが根本にあるように思えますね。で、取り巻きが去ると若干「反省」するのですが、サボった故に無駄についたエゴという贅肉により、筆力が落ちたことを認めないのですね。てか、鍍金が何を隠していたのかってーと、根本的に(著者の考える話が)「つまらない」ということなんですけどね。この世に「面白い」物語を用意出来る人なんてほぼいません。そもそも「つまらない」んだから、普通は「面白い」鍍金しなきゃいかんのですよ。日常では口にすることのない語彙やら、意表を突く構成やら色んな技巧施してね。

> ところで4月のまとめを見まして、レビューのリクエストがあります! 最近読んだのですが、渡航の『あやかしがたり』。

承りましたー!というか、例によって積んだまま放置してましたね。読むキッカケ、あざっす!今月中に仕上げられるように頑張りたいと思います!

Medeski #- | URL | 2016/05/08 06:23 | edit
page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://medeski02.blog95.fc2.com/tb.php/1208-29d3c311
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
page top