ナマクラ!Reviews

04/1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31./06

第3回ラノベ好き書店員大賞 5位:氷の国のアマリリス/松山剛

氷の国のアマリリス
(あらすじ)
氷河期が訪れ、全ては氷の下に閉ざされた世界。人類は『白雪姫』という冷凍睡眠施設で眠り続け、そして、それを守るロボットたちが小さな村を形成し、細々と地下での生活を続けていた。副村長の少女ロボット・アマリリスは崩落事故による『白雪姫』の損傷や、年々パーツが劣化する村人たちのケアに心を砕く日々を送っていた。全ては―再び“人間”と共に歩む未来のために。

answer.――― 74 点
氷河期が訪れ、人類すべてがコールドスリープ!その終わりを待つ世界で動くは、再びご主人様へ仕えることを願うロボットたちのみ!という、いわゆる《終末》もの。物珍しいのは、ロボットたちすら長年のマイナス環境下で劣化、そして、人類の生命維持装置のために己のパーツを提供&欠損し、「終わり」を迎えていく酷薄な状況に追い込まれていること。その上で、眠る人類たちの素性を知り、……と、本作はこのライトノベルがすごい!(2012年版)にランクインして話題を呼んだデビュー作『雨の日のアイリス』と同様、ロボットを通して性悪説を主張するような展開は実に堂に入ったもので、著者の「面白い」、その方程式にも映る。確立した構成は《遊び》を入れる余裕も生まれ、たとえば本作の序盤を任されるギャーピー&デイジーの悔恨のエピソードは、本編それ自体よりも個人的に魅せられた。頁をめくるほどに切迫していく状況も説得力あり、中弛みも少ない良質な一作だ。しかし、……どうにも推したくないのは何故なのか?と我ながら不思議に思ったが、読み返してみると、下ネタの下品さにある模様。ロボットにヴァギナが装着されているのは構わんが、これ、この作品で披露する必要ある設定か?メルヘンな世界観でヒロインにブチ込みたいと常に主張し続けるアイスバーンはギャップを狙っているのかもしれないが、AV男優じゃないんだから台詞にはもっと機微が欲しい。もしかすると著者は下ネタが得意だと思い込んでいるのかもしれないが、これは独り善がりだ。下ネタ投下するなら、しっかり「笑い」(読み手自身によるツッコミ)を起こしてください。

第3回ラノベ好き書店員大賞 5位:氷の国のアマリリス/松山剛

category: ま行の作家

tag: OPEN 70点 松山剛 ラノベ好き書店員大賞

[edit]

page top

« 第13回本屋大賞 8位:流/東山彰良  |  第3回ラノベ好き書店員大賞 6位:クロックワーク・プラネット/榎宮祐&暇奈椿 »

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://medeski02.blog95.fc2.com/tb.php/1220-f1c36e56
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
page top