ナマクラ!Reviews

02/1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31./03

第10回小説すばる新人賞 受賞作:オロロ畑でつかまえて/荻原浩

オロロ畑 (200x290)
(あらすじ)
超過疎化にあえぐ日本の秘境・牛穴村が、村おこしのため、倒産寸前の広告代理店と手を組んだ。彼らが計画した「作戦」とは!?

answer.――― 74 点
先頃、4回のノミネート&落選の末、ついに『海の見える理髪店』で直木三十五賞を受賞した荻原浩のデビュー作が本作『オロロ畑でつかまえて』。その概要は、過疎/高齢化に悩む村人が広告代理店に勤める旧友(と思っている同級生)に村興しを頼み、UMA発見というイカサマなニュースを流す、というもの。広告代理店に就職していた自身の経歴を生かした題材で、序盤のコンドームのキャッチコピーへのプレゼン―――《我々の業界には『ラ』の音と濁音の入ったフレーズはヒットするという定説があります》は眉唾ながらに検証、そして、(……マジかよ)とのめり込ませる魅惑のリードとなっている。そこからいよいよ到着する過疎村、そのらしいカッペ演出は上々ながら、社の事情で渋々嫌々ながら村興しの依頼を受け、UMA発見!?とマスコミを巻き込む展開はあらすじに起こせばダイナミックに映るものの、実際は目を剥くような細かなアイディアは施されず、大味なのが残念なところ。本作は村興しではなく、中盤より投入される人生逆転賭けるアナウンサー(♀)の心境の変化が実質のメインと云える。結論としては「良」ではあるものの、他人に推すほどには弱い「優」ならずのデビュー作。それでもラスト、オロロ畑の真相はそれこそダイナミック(食うんかいっ!)で、著者のセンスを存分に感じられます。なお本作の後も、「ユニバーサル広告社」シリーズとして続編が刊行している模様。

第10回小説すばる新人賞 受賞作:オロロ畑でつかまえて/荻原浩

category: あ行の作家

tag: OPEN 70点 荻原浩 小説すばる新人賞

[edit]

page top

« 第10回小説すばる新人賞 受賞作:ウエンカムイの爪/熊谷達也  |  第9回小説すばる新人賞 受賞作:陋巷の狗/森村南 »

コメント

こんばんは。

私は、実家に帰るとき新幹線を利用します。その新幹線の座席に必ず『トランヴェール』というフリー情報誌があります。そこに荻原浩さんがエッセイを投稿されているので、お名前は何度も拝見していました。ただ、どういった小説を書いているのか、デビュー作が何なのか知らずにいました。

題名からあの有名作品をオマージュしているのかなと思いましたが、そういうことはなさそうですね。ユーモア小説でしょうか。おもしろそうですね。

three #UdjG8aXE | URL | 2016/10/28 23:54 | edit

Re: three

コメント、有難うございます!

> 私は、実家に帰るとき新幹線を利用します。その新幹線の座席に必ず『トランヴェール』というフリー情報誌があります。

置いてあると、読んじゃいますよね(笑)

>そこに荻原浩さんがエッセイを投稿されているので、お名前は何度も拝見していました。ただ、どういった小説を書いているのか、デビュー作が何なのか知らずにいました。

一番有名なところだと、アルツハイマーを扱った『明日の記憶』になると思います。直木賞を受賞した『海の見える理髪店』よりもそちらのほうが読み応えあるかと。もっとも、ちゃんと刊行している多作の職業作家さんなので、私もこの他に二冊くらいしか読んでませんので比較してお薦め出来ないんですが。


> 題名からあの有名作品をオマージュしているのかなと思いましたが、そういうことはなさそうですね。ユーモア小説でしょうか。おもしろそうですね。

ユーモア小説には間違いありません。が、ピークはレヴューでも書いたコンドームのプレゼンですね。そこさえ押さえておけば良い印象です。なので、肝の部分貼っちゃいますね。

「我々の業界には『ラ』の音と濁音の入ったフレーズはヒットするという定説があります。これはジンクスでもなんでもありません。舌の先で口蓋を撫でるように叩く『ラ』も、上下の唇をそっと触れて合わせて出す『ブ』も、口と唇の触角を刺激する生理的快感を伴う音なのです……口ずさんでみてください。とても心地よいはずです。さぁ、ご一緒に……ラブ」

Medeski #- | URL | 2016/10/29 09:31 | edit
page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://medeski02.blog95.fc2.com/tb.php/1255-7d52141f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
page top