ナマクラ!Reviews

03/1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30./05

第10回小説すばる新人賞 受賞作:ウエンカムイの爪/熊谷達也

ウェンカムイの爪 (200x290)
(あらすじ)
北海道でヒグマに襲われた動物写真家・吉本を救ったのは、クマを自在に操る能力を持つ謎の女だった。野生のヒグマと人間の壮絶な戦いを描く、第10回小説すばる新人賞受賞作。

answer.――― 74 点
週刊少年マガジンで連載され、「キムンカムイ!キムンカムイ!」と、こうちゃん@へなちょこ大作戦Zにネタにされていた漫画『キムンカムイ』は、果たして現在でも読み継がれているのだろうか?「熊」が出てきて、人を襲ってつまらないとか有り得ません。本作は熊谷達也のデビュー作であり、熊谷達也と云えば!な《マタギ三部作》にこそ数えられないが、例によって「熊」が出現、人が食い散らかるアニマル・パニックな一作。各所で言及されているように後続の作品に比べて薄味、序盤の大学生たちの惨劇を除けば平坦な展開なのは否定出来ないところ。もっとも平坦と言っても、「主人公を不可思議に救った大学助教授」「熊対熊」のような仕掛けもあるにはあるが、それらを「ハイライト!」と挙げられないのが著者の伸び代であり、まだまだ作家として拙い部分。とりあえず、上述の大学生たちの恐慌が本作のメインディッシュなのは間違いないので、そこをまず楽しみましょう。「ウエンカムイ」「キムンカムイ」と善悪の熊の存在、アイヌのその“知識”有り。それが作品のちょっとした箔付けになっている。

第10回小説すばる新人賞 受賞作:ウエンカムイの爪/熊谷達也

category: か行の作家

tag: OPEN 70点 熊谷達也 小説すばる新人賞

[edit]

page top

« 第11回小説すばる新人賞 受賞作:走るジイサン/池永陽  |  第10回小説すばる新人賞 受賞作:オロロ畑でつかまえて/荻原浩 »

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://medeski02.blog95.fc2.com/tb.php/1256-b8d91224
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
page top