ナマクラ!Reviews

04/1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31./06

このライトノベルがすごい!(2011年版) 9位:デュラララ!!/成田良悟

デュラララ
1.『影』
2.首無しライダー 客観
3.首無しライダー 主観
4.街の日常 昼
5.街の日常 夜
6.矢霧製薬 上層部
etc…

answer.――― 67 点

池袋ウエストゲートパークのライトノベル版。あとがきで作者も言及してるしね。明確な差異は、デュラハンが主要登場人物として関わってくること。さて、この小説は物語が無い。もっと踏み込むと、この作家、物語を作るのがかなり下手だ。これは彼のデビュー作を読んだときにも思ったことだから間違いないと思われる。終盤、「……ん?え?そういう話?」となる。こうなるのも雑多にキャラクターが登場して、その度に視点を切り替えていくからだろう。物語が無いのは普通なら致命的だが、彼は人気作家に座している。その理由はキャラクター作りの上手さにある。特に、バッド・ボーイ(Bad Boy)。ライトノベル特有のCoolをまとうのに成功している。ある種、漫画的だ。手放しで「面白かった!」とは言えないが、出てくるキャラクターはライトノベルならどれも明らかな亜種で、その辺に面白さを求めて良いと思う。しかしデュラハン出てくる度、つまらないと感じさせるのは勘弁して欲しい。メインだべ?平和島‘何だ、バカヤロー!’静雄くらいの楽しみをくれ。

このライトノベルがすごい!(2011年版) 9位:デュラララ!!/成田良悟

category: な行の作家

tag: このライトノベルがすごい! OPEN 60点 成田良悟

[edit]

page top

« このライトノベルがすごい!(2011年版) 8位:俺の妹がこんなに可愛いわけがない/伏見つかさ  |  このライトノベルがすごい!(2011年版) 10位:神様のメモ帳/杉井光 »

コメント

こんばんは。
記事更新お疲れ様です。

なんか記事ごとに
Medeskiさんの色がはっきりしてくる感じですね。

もともと色がしっかり出ていて
私がここにいたって気づいたのか
それとも
Medeskiさんが色をはっきり出す方針に変えたのか
その辺は分かりませんが
勢いを感じます。

いいですねぇ~。

何気に全作品について点数が辛口?
って印象も受けますが
逆に満点がいつ出てくるかとの楽しみもあります。
o(^o^)o ワクワク

ってか
Medeskiさんはもう満点作品は見つけられているのでしょうか?
出し惜しみ?
それとも、これから出会う予定?

その作品名は何になるんでしょうね~(笑)

一刻 #- | URL | 2011/03/04 01:52 | edit

Re:

やっぱり、少し辛いですかね?
実際、大衆小説なんかを読み出すと、ライトノベルの隙やらが目につくんですよね。この成田良悟なんかは私のなかでその典型です。せっかくキャラクター作りが巧いのに、……まあ、だからって、大衆小説=最高ってことにはならないんですけどね。ソツの無い作品が個人的に合います。数日前にレヴューで取り上げた【家守綺譚】なんかが例に挙げられますね。あと、このblogを始めて分かったことは、点数が高い=(自分の)お薦め、ではないってことですね。隙が嫌いとか言いながら、隙は隙で受け入れている部分もあるみたいです。支離滅裂ですが、そのうち、また【推薦】を取り扱うので見守っていてください(笑)

Medeski #- | URL | 2011/03/04 09:34 | edit

こんばんは。

>点数が高い=(自分の)お薦め、ではないってことですね。
>隙が嫌いとか言いながら、隙は隙で受け入れている部分もあるみたいです。

(。・ω・)(。-ω-)ぅんぅん
分かります。
矛盾しているなんてとんでもない。

あくまで私見ですが
点数付けは客観的目線で
お勧めは自分の感性で
ってことなんでしょうか。

ソツのない作品よりも
作者の癖がある方が面白い事は多々あります。
それが自分の感性にマッチするか否かでしょうが
そういう作品は大切にしたいですね。


正直なところ
ラノベって欠点を探そうと思ったらありすぎですが
逆に良い面を探そうと思ってもたくさん
って感じなんですよ。

だからこそ私も途中から
ラノベ紹介ブログに切り替えたわけで。(爆)

いつの日か
Medeskiさんのお勧めが紹介される日を待っています。

一刻 #- | URL | 2011/03/05 01:27 | edit

Re:

> 点数付けは客観的目線で
> お勧めは自分の感性で
> ってことなんでしょうか。
客観視点と断言してしまうほど自信が無いんですが、巷の評価を駄々無視してはいないですね確かに。ああ、でも、85点を超えたらいわゆる自分の客観視でお薦めな気がします。お勧めは自分の感性、これは確実ですね(笑) 

>作者の癖がある方が面白い事は多々あります。
まさに。と同時に、途中からその作家の作品は手癖のような文章/内容になって、僕は彼らの親衛隊からまさかのクーデターするパターンが多い気がします……。

コメントを書いていて気づきましたが、何かしら成長している作家さん、好きですね。音楽もそうですけど、予想を上回ってくれるのが楽しみです。

いつもコメント、有難うございます!

Medeski #- | URL | 2011/03/05 04:41 | edit
page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://medeski02.blog95.fc2.com/tb.php/126-9d211c10
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
page top