ナマクラ!Reviews

04/1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31./06

第17回小説すばる新人賞 受賞作:となり町戦争/三崎亜記

となり町戦争 (196x290)
(あらすじ)
広報で突然知らされた、『となり町との戦争のお知らせ』。とりあえず私が心配したのは職場までの通勤手段だったが、町は今までどおり平穏な様相を呈していた。戦時中だという意識を強めたのは、広報紙に掲載された戦死者数。やはり戦争は始まっていたのか。

answer.――― 67 点
三崎亜紀のデビュー作であり、「町」シリーズの第一弾作品。その概要は、ある日、隣町との戦争状態であることが通知されるも日常は異常なまでに変わり切らず、しかし戦死者が現れ、そして、主人公はスパイへの転身が命じられ……というもの。ざっくりと云えば、シュールな作品。シュルレアリスムを日本語訳すると「超現実主義」となるらしいが、この作品をシュールとするならば、超現実の意味も分かるというもの。超現実(戦争)の中に放り込まれた主人公を通し、読み手はそこに普段は内に隠れている己のセンチメンタルを見い出す。その意味での本作の個人的ハイライトは、主人公のパートナーである香西さんへの質問、その返答を挙げたい。「弟は、誰かに殺されたわけではなくって、戦争で死んでいったのですから」とする返答は、本作が《キャラクター》要らずの作品であることを象徴する超現実な台詞だ。故に、キャラクター有りき、娯楽性を求める人にはいささか厳しい作品なのは否定し難いところ。「戦争」下とはいえ、実際には何が起こっているわけでもない。本作を愉しむにはセンスが要ります。

第17回小説すばる新人賞 受賞作:となり町戦争/三崎亜記

category: ま行の作家

tag: OPEN 70点 三崎亜記 小説すばる新人賞 「町」シリーズ

[edit]

page top

« 第18回小説すばる新人賞 受賞作:はるがいったら/飛鳥井千砂  |  第16回小説すばる新人賞 受賞作:笑う招き猫/山本幸久 »

コメント

高校生の時に読みました(内容うろ覚えですが……)。

貼紙か何かで戦争の開始を知り、主人公にスパイ任務が命じられ、香西さんと共に共同生活し、途中二人に危険が迫り、彼らを逃がすために近所に住むおばさん(仲間のスパイ)が犠牲になり、そして戦争終結。その条件として香西さんが……というお話でしたか。
主人公の目には映らないけれど、確かに戦争が行われているという不気味さを感じました。登場人物それぞれに役割が与えられ、まさしく戦争をしている軍隊のようだと思いました、
「戦争」という単語から兵器を用いる戦争を想像していましたが、戦争終結条件でアレッとなっりました。

後に市役所職員として働きながら本作を執筆し受賞したことを知り、町シリーズという形で(コンセプトだけとはいえ)続いていることを本日知りました。『となり町戦争』の他には短編集『バスジャック』を読みましたが、そちらもシュールで不条理な作品が多かったです。

three #UdjG8aXE | URL | 2016/11/26 17:05 | edit

Re: three

コメント、あざっす!threeさん、この過疎ブログを定期訪問して頂いているようで、何か自分、申し訳ないッス!これからも宜しくお願い致します!

> 高校生の時に読みました(内容うろ覚えですが……)。

内容めっちゃ覚えてるぅー!ちょっと笑ってしまいました。かく云う私もなかなか前に読んだ作品なのでわずかなメモを参考にレヴューしたい次第です。これ、シュールに理解ある人にはなかなかたまらない作品がしますね。個人的には苦手な作品ですが、高校生あたりで読んだら、俺は解る的に言ってしまいそうですわ自分。今ならはっきりと苦手。と言ってしまいますね。

Medeski #- | URL | 2016/11/27 01:36 | edit
page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://medeski02.blog95.fc2.com/tb.php/1265-b0209d03
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
page top